2009年 02月 03日
図書館へ。
先週は月曜日から土曜日まで山形でした。
卒展までの最後の追い込みをする学生たちに付き合ったり、
一般入試前期試験があったりで、毎日ばたばたとした日が続きました。
土曜日の午後遅く山形を出て東京へ向かったのですが、
朝方から降り続いた雪はますます勢いを増して、
山形市内でも15cm以上積もっていたようです。

いつものように七ヶ宿街道の道を走って行き、
国見へ抜ける小坂峠へ辿る道に入ったとたん、
その道はまだ除雪されてないようで、
深々とした雪道に「わだち」だけがあるような状態。
ついつい今の車に変わる前に乗っていた四駆のイメージで
突っ込んでしまったのですが、
峠を越すちょっと前で前駆のタイヤが空回り。
もう前に進むことは不可能な状態。
どうにかバックして(バックすると結構な勾配に下り坂になり、
どうにか動くようになります)、
そのまま転回できる場所まで延々と500mほどを30分以上かけて下りました。

普通の1.5Lカーなのでクリアランスが低く、
15cmぐらいの雪で車の底をすってしまい、
タイヤが空回りしてしまうようで、
四駆の時のように20cm以上の積雪を平気で走っていたのとは
えらく違うということを痛感しました。

今日は午前中、図書館へ。

「美術モデルのころ」 長島はちまき バジリコ株式会社刊

「テレビ消灯時間6 天地無用」 ナンシー関 文藝春秋刊

「愛と資本主義」 中村うさぎ 新潮社刊

と、いつものようになんの脈絡もなく本を借りて来る。
[PR]

by goldenmaple | 2009-02-03 14:52 | 日々の生活


<< お弁当持って雪原へ。      父、にわかファンになって汗を流す。 >>