2007年 08月 18日
ワーキング・ガール
 腰痛のおかげでやらなくちゃいけない仕事も長続きせず、クーラーの効いた寝室に逃げ込んでいる。で、やはりやることはDVDで映画。昨日の夜観たのは「ワーキング・ガール」。
d0067378_1474890.jpgしがないOLが上司の女性重役が休暇先で骨折し入院中に、その上司に成り代わり重要な契約も恋人もいただいてしまうというサクセスストリー的コメディ。バリバリのキャリアウーマン上司役にシガニー・ウィーバー、その恋人役にハリソン・フォードと脇役は豪華です。
 主人公の向上心溢れるかわいい女性テス役には、メラニー・グリフィン。ちょっと話し方が間延びして、おつむが弱そうな印象もあるけど、偽キャリアウーマンになりきり始めるとそれなりに俊敏な感じに変化していくのがいい。悪役のシガニーが適役で、熱演。

「ワーキング・ガール」(Working Girl) 1988年/アメリカ 114min.
監督:マイク・ニコルス キャスト:ハリソン・フォード、シガニー・ウィーバー、メラニー・グリフィン、アレック・ボールドウィン
[PR]

by goldenmaple | 2007-08-18 14:16 | 今日の映画


<< さぁ、ちょっと遅めの帰省です。      椎名 誠「地球の裏のマヨネーズ」 >>