2007年 05月 21日
寄り道もいいね。
午前中、メイプルの散歩の後、金曜日時間切れで断念した運転免許再交付のために自転車で府中免許センターへ向かう。
前回は甲州街道をひた走ったが、車が多く恐怖の路肩走行になってしまうので、精神衛生上良くない。で、稲城大橋まで多摩川CRを走って行った。
府中免許センターの隣には「都立 野川公園」と「都立 武蔵野公園」がある。どちらも広くて緑豊かな、とても感じのいい公園だ。公園があるのは知っていたが、行ったことはなかった。免許センターへ行く途中、コンビニで買った昼食を食べに「武蔵野公園」へ寄ってみた。
日差しは強いけど吹く風は爽やかな5月らしい陽気のお昼過ぎ、ベンチで食べる飯はうまい。
d0067378_21162279.jpg

▲木漏れ日の道を挟んで両側に雑木林が続いている武蔵野公園。しみじみといいね。
1時に免許センターへ行き、受付と申請を済ます。免許交付まで1時間少しかかるらしい。どう時間を潰そうかと思っていると、構内に献血車が停まっている。自慢じゃないけど、献血って生まれてこの方やったことがなかった。どうせ待っている間退屈だからと、献血体験をすることにした。
受付するといきなりスポーツドリンクを飲まされた。血を抜くと体内の水分が減ってしまうから、事前、事後に水分を摂取する必要があるらしい。
受付が終わって献血バスへ。中で医者の検診と血液チェックをしてもうらう。
免許が出来てくるまでに時間を持て余す人が多いのか、献血しようという人は思いの外多かった。特に生きのいい血を抜けそうな若い人が多い。うまい処に目を付けたと感心した。血液チェックの結果は問題なし。隣りに停まっている「採血車」へ移動する。
採血車の内部には散髪屋で髭を剃ってもらう時のような台が4台誂えてあった。
寝転がったまま採血できるようになっている。寝転がって天井を見上げたところに15インチほどのテレビがついている。採血中、退屈しないようにの配慮だろうな。
400ccの血を抜かれて、心なしか体が軽くなったような気もする。
採血が終わると再び受付へ行き、献血カードと飲み物をもらった。混んでいたせいもあるだろが、ここまでの所要時間はおよそ1時間。
免許のできあがり予定時間もすっかり過ぎていたので、急いで交付所へ行く。
若者が大勢待っていたが、会場へ入るやいなや、窓口のおじさんが「○○さん」と、僕の名前を呼んでくれた。受け取りに行くとにこやかな顔で、
「ご苦労様」。
暗証番号のチェック機横にいたおじさんも
「献血したんですか?お疲れ様でした」とにっこり笑って言った。
う〜ん、なんかいいことしたような気分になった。
帰りに「都立 野川公園」へ寄って行く。

d0067378_21323577.jpg

▲野川公園は林が開けると芝生の広場がある。昼寝が気持ちいいだろうな。
野川公園は雑木林が中心の武蔵野公園に比べ、もう少し手入れされた感じがする。
遊歩道を歩いているとちょっと外国の公園のような気もしてくる。
やっぱり東京はとても緑が多い。今度はメイプルを連れて来てやろう。
帰りも多摩川CRまで出て、強い横風に吹かれながらのんびり走って来た。
1日仕事になってしまったけど、気持ちのいい寄り道だった。

●本日の走行距離 48.83km ●およその消費kcal 976kcal
[PR]

by goldenmaple | 2007-05-21 21:38 | 日々の生活


<< もう5月も終わりだ。      暗黒のお誕生日。 >>