タグ:国道7号線 ( 3 ) タグの人気記事

2012年 09月 27日
東北ツーリング 3日目・9月27日(木)
d0067378_20384549.jpg

大曲のホテルでもしっかり6時半には目が覚めた。
7時までに荷物をまとめて、チェックアウトして朝食。
d0067378_20384720.png

7時半に出発。今日は秋田市を経由して能代までの110kmほど。
8時前に出ると特にアクシデントがなければ
陽が落ちる前にはその日の宿に着く。
これはとても大事な事で、山を縦走する時もそうだけど
陽がある内に1日の行動を終えるというのが鉄則だ。

大曲を出てしばらくすると13号線は山の中に入る。
それほど昇らされるわけではないけど
頻繁にアップダウンを繰り返す。
汗を流しながら真面目に昇る。
d0067378_20393488.jpg

今日は昨日にも増していい天気だ。朝方は気温16℃ぐらい。
見上げる空の雲は、もう秋のもので空の広さを感じる。
お昼前に秋田市街に入る。ここで昼食。
ここで大学を出てからずっと走ってきた国道13号から7号へ。
d0067378_20402180.jpg

秋田港が見えてきた。
空にそびえているのはポートタワーセリオン。
d0067378_20404344.jpg

ここから30分も走ると潟上市に入り八郎潟調整池に着く。
八郎潟の周りに残った調整池と水路は
八郎潟そのものではないのにすでに相当なスケールだ。
d0067378_20411244.jpg

まっすぐな道を走ると、多分、途中で厭きてしまうにちがいない。
水路に沿って走る。車はほとんど通らない。
西日に光る水路を眺めながらひたすら走るうちに三種町に入る。
ここから今日の宿、能代の民宿までは1時間ほどでついた。
d0067378_20415389.jpg

民宿の若旦那が話し好きで夕食の間、ずっと話しかけてくる。
昨日も一昨日も一人で夕食を摂ったので
久しぶりの会話は愉しいのだけれど
若旦那の秋田弁が良く聞き取れない。
適当に相づちを打つが、飯を味わうどころか
かなり緊張したリスニングだった。

卵をかかえたハタハタの煮付けが出たが、秋田だなぁと思う。
冬、海沿いを走った時は砂浜にこぶし大の卵がごろごろ転がっていた。

ビールも飲んで気持ち良く横になったら、そのまま寝てしまった。
明日は能代からいよいよ青森県、深浦までの65km。
[PR]

by goldenmaple | 2012-09-27 23:37 | サイクリング
2009年 11月 14日
鮭の町村上ツーリング | その1
木曜日、夕方ツーリングの準備を終えて
6時過ぎに車のキャリアにクロスバイクを乗せ
一路鶴岡目指して出発!です。

天気予報は「曇り一時雨」から「曇り」に昇格。
ちょっと期待が持てそうな気配です。
当初のスタートは鶴岡市郊外の
月山道路情報ターミナル」と考えていましたが、
土曜日が1日雨降りの予報ということもあって
距離を少し短くすることに決定。
軟弱者だもの。

帰路、エスケープに羽越本線を利用することも考えて
温海温泉手前の五十川(いらかわ)駅の駐車場まで
車で行くことにします。
d0067378_1852592.jpg
五十川から目的地の村上までは片道65kmほど。
最初の計画よりは40kmほど短くなりますが
初めてのツーリングにはちょうどいいかなと、言い訳。
d0067378_18553376.jpg

途中、藤沢周平でおなじみの「湯田川温泉」に寄ります。
この温泉街の中程にある公衆温泉「正面の湯」で
一風呂浴びて行こうというわけです。
大人200円。隣の旅館のおばさんにお金を払ってドアをあけてもらいます。
湯温は40℃ちょっと。のんびり浸かるにはちょうどいい温度です。
すっかり暖まって、五十川駅に22時前に到着。

晩ご飯にラーメンを作って、コーヒー飲んで
明日のために早目に就寝。
空には満天の星。
d0067378_18555410.jpg

[PR]

by goldenmaple | 2009-11-14 18:56 | サイクリング
2008年 10月 12日
日本海べったり旅 | 遊佐〜西目
11日のAO入試2次選考も無事終わり、体育の日で祝日になる13日の月曜日までオフになるので、東京へは戻らず、おじさんは一人旅に出かけたですよ。
目的地は「取りあえず、秋田へ」です。
去年の9月に藤沢周平の小説の舞台になった温海温泉から酒田まで、日本海沿いを走ったので、今回はその先へ…と、それだけの理由です。とにかく、日本海に沿って北へ向かって走ろうと。
車の屋根にクロスバイクのR1を載せて、大学を出たのが9時前。途中、コインランドリーによって、ちょいと洗濯。その間に銭湯ですばやく風呂にも入って、準備万端整えて、結局11時頃の出発になってしまった。この日は月山ダムのパーキングで車中泊したです。月も出ていますが、かなり風が強く寒い、寒い。プリムスのガスコンロで鍋焼きうどん作って食べたら、暖まって良く眠れたです。

翌朝、寝坊して9時に出発。鶴岡、酒田と走って遊佐町の先、吹浦に11時着。
d0067378_1815947.jpg

目の前には「どうですか!」という具合に日本海がど〜んと広がってます。もう、これだけでなんか体に力が漲ってくる感じすよ。パーキングに車を止めて自転車を降ろし、さぁ、出発。
d0067378_1825639.jpg

▲こんな感じでバイクを積んでいます。キャリアはTHULE。

d0067378_014567.jpg

デジカメのバッテリーがほとんど無くなっていて、一枚撮るたびに電源を切って休ませないと次が撮れない。はたして何枚撮れるすかねぇ。今回はできるだけ海沿いを走ることにしたので、国道7号線からはずれて裏道を走る。ところどころで7号線に出るけど、集落を繋げるように走ると、ほとんど海沿いに走ることができたです。西目の先まで43kmほど走って2時を過ぎたので、この辺で折り返すことにしたっす。
d0067378_1853772.jpg

▲金浦の先。海沿いを車もめったに走らない道が続く。

車に自転車を積んで来ると行動範囲が広がるけど、どこかで折り返して車を停めた場所まで戻らないといけないのが、なんとも難点す。帰りは時間をかせぐために7号線をひた走る。途中で日が落ちて、夕焼け。水平線際に雲があって、途中までしか見えなかったすね。5時過ぎに車を停めた吹浦着。一休みして、再び自転車を屋根に積むと、北へ向って出発す。次の目的地は、じゃ〜ん「男鹿半島」。(じゃ〜んってほどでもないすかね)自転車で走ってきたばかりの7号線を北上したです。
途中、西目で温泉に入る。その日の疲れはその日の内に取っておかないと、50代は後に残ってしまうからね。23時に男鹿半島の「鵜の崎海岸」にあるパーキングに到着です。途中、コンビニで買ったワインを月の光に照らされながら飲んだすよ。広い駐車場には他に車が1台のみ。目の前は静かに波が寄せる渚。「鵜の崎海岸」は「日本の渚百景」にも選ばれているすよ。体が暖まったところでシュラフに潜り込んで、いつもの車中泊です。車の中は満月の光でほの明るい。これを贅沢と言わずして何が贅沢か!おじさん、興奮しすぎっすよ。
●本日の走行距離 87.2km
[PR]

by goldenmaple | 2008-10-12 23:16 | サイクリング