タグ:ハーフマラソン ( 4 ) タグの人気記事

2013年 05月 12日
道の真ん中を走ると気持ちいい。
d0067378_19102724.jpg

昨日、雨の中受付を済ませゼッケンを貰って来た
2013仙台国際ハーフマラソン。
今朝、6時過ぎに起きたホテルの部屋には朝日が差し込んでいた。
8時過ぎに仙台陸上競技場に到着する。
着替えを済ませて荷物を預けたら
もうすることが無くなってしまった。

今年のハーフマラソンエントリー数は1万1800人だそうな。
回を重ねる毎に増えていき、今年は最多参加数という。
10時5分のスタートに合わせて
三々五々集まってきたランナー。
スタート20分前にはもう人、人、人。
スタートの号砲が鳴っても
スタートラインを越えるまでには4分ほどかかる。

去年は暑かったが、今年はやや寒いくらいでスタート時は13℃。
ほどよい感じで5kmほど走った頃から汗が流れてきた。
東北新幹線を越えてコースは常禅寺通で折り返し。
ここでおよそ8km。
次に青葉通りを抜ける。
ここが一番好きなコースだ。
いろいろなグループがそれぞれの趣向で励ましてくれる。

コースは再び競技場へ戻ってくるけれど
ここで14km。まだ7km以上残っている。
ここからが辛い。
今年はタイムよりも完走を目指そうということで
とにかく辛くても歩かず、ゆっくりと走っていくことにする。
2時間と少しでスタジアムが見えてきた。
d0067378_19103260.jpg

競技場に入って1周すると待望のゴール。
途中、Qちゃんが一人一人のランナーとハイタッチをしてくれる。
Qちゃん、スタジアムで見ると不思議に可愛い。
一昨年のさくらんぼマラソンでも思った。
d0067378_19103552.jpg


無事、完走できて何よりだ。
招待選手の埼玉県庁職員の川内選手が、一人一人に握手していた。
半分のタイムで走りきって、その後こうして仕事が残っている。
d0067378_19104385.jpg

大変だなぁと思う。画像仙台国際ハーフマラソンの完走賞はバスタオル。
毎年、デザインは同じで年号だけ変わるぐらいだが
ゴールして競技場から出てくると、お疲れ様!って
バスタオルをかけてくれるのだ。
これはなかなかの演出で、いい気持ちにさせてくれる。
かけてくれるのはボランティアのおばさんだけど。
d0067378_19104943.jpg

還りは山形へ戻る途中にある作並温泉で疲れを癒す。
仙台国際ハーフマラソンは1万1800人の参加者の内、
半数以上が県外からのエントリーらしい。
受付は前日なので、この県外組のほとんどは
市内に宿泊するのだろう。
駅周辺の店で使える500円の商品券や、クーポンがつく。
参加者もいい思いをして、地元も潤う。
参加者は年々増えて、マラソンレースとしては成功していると思う。
[PR]

by goldenmaple | 2013-05-12 23:13 | エキササイズ
2012年 10月 07日
松島ハーフマラソン。
d0067378_9471532.jpg

10月7日(日)は松島ハーフマラソン。
前日、車で大学をお昼頃出てのんびりと多賀城市まで。
途中、アウトレットなんて寄ったりして、3連休気分だ。
d0067378_948256.jpg

16時に多賀城市のビジネスホテルへチェックイン。
ホテル周りの緩衝緑地帯をぐるくると周り
8kmほど走って体を温めた。

明けて7日。
朝、7時に起床。
ハーフのスタートは10時50分と遅めなので
8時半にホテルを出て、松島方面へ向かう。
松島海浜公園が見えてきた辺りから渋滞。
公園の駐車場に車を停め、仙石線で隣の高城町駅まで。

今年は7千名ぐらいか?
大きなグラウンドがある分けでもないので
スタート場所は人で溢れている。

コースは27号線(奥松島パークライン)を走って行き
鳴瀬川手前で折り返す。
平坦な部分よりもアップダウンの方が多い。
海沿いを走るのだけれど、海が見える景色は半分ほどか。

前半は調子良く10km1時間で折り返す。
後半から次第に両足のふくらはぎに溜まった疲労が出てきた。
左右のふくらはぎが交互に攣り始めた。
ピクピクと来ると、1分ほど歩く。
また走り始めると5分ぐらいでピクピク…。

残り5kmほどになって、この繰り返し。
つらいなぁと思いながらどうにかゴール。
まぁ、完走はできたけれど記録は最低のライン。
d0067378_9472582.jpg

完走証と参加賞のTシャツをもらう。
おまけの「かき汁」を受け取って食べる。
かきの滋養が体中に染み渡るようだ。

13時過ぎにレースが終わって、14時には車に戻って
渋滞を避けて早々に出発する。
それでも途中、何度か渋滞に遭って山形まで3時間。
途中、左右のケツが攣りそうで怖かった。

今年のハーフマラソンはこれで終了。
仙台、サクランボと続いて金沢で挫折して、松島でどうにか。
3勝1敗という成績だった。
[PR]

by goldenmaple | 2012-10-07 09:45 | エキササイズ
2011年 11月 16日
あれあれと言う間も無く、11月も半ば過ぎ
8月に入ってからこのブログの更新も滞っている。
山形は今日、初雪が降りました。
蔵王のお山はずっと前から粉砂糖を振ったようになっているけれど
今日は麓の山にも雪が降ったようです。

11月12日の夜から13日の朝にかけては
世田谷地区のベンチャースカウト達が参加する
「50kmオーバーナイト・ハイク」がありました。
今年のテーマは「極める 江戸」。
東京をぐるりと一周して「新旧」を尋ね歩く旅です。
10時間の制限時間でチェックポイントを通過しながら50kmを歩き通します。
今年は風もなく、比較的暖かな夜でなによりでした。

我が22団からも2人のスカウトが参加しました。
内一人は女子スカウトなので、ローバーのO君が伴走者として歩いてくれました。
22団はCP3(チェックポイント)の担当。
21時過ぎに開設して、撤収できたのは真夜中の3時半。
明けて日曜日は世田谷246ハーフマラソンにエントリーしていたので
ゴールの成城学園には行かず、4時過ぎに帰宅して1時間ほど仮眠。

6時過ぎに起きてバナナを1本食べて、駒沢公園まで。
6時45分〜7時45分までが受け付け時間。
駒沢公園の陸上競技場前にはぞくぞくと参加者が集まっていました。
なんとも寝不足で重い体を、軽くアップして暖めますが、どうなるやら。

8時半。スタート。
全部で4つの関門があり、ゴールの制限時間は130分。
前回の「東根さくらんぼマラソン」ではネットタイムで2時間8分だったので
今回は普通に走っても制限時間ギリギリです。
睡眠1時間で走るっていうのは、ちょっと無謀なプランです。

最初は調子よくほぼ1km5分50秒ぐらいで走っていました。
徐々に気温が上がってきて、多摩川を走ってコースも後半になってくると
だんだんへばってきました。
最後の第4関門が15.7km地点で95分です。
ちょうど等々力不動の坂を登り切ったところですが、
この坂を登るのに2分ほどの貯金を使い果たし、
サン、ニイ、イチと制限時間アップを告げる声が聞こえる中、必死に走りましたが
ゼロ、イチ!という声が聞こえたと同時に、タイムアップ。
15.7km地点で95分と1秒。
2011年の世田谷246ハーフマラソンは終わりました。

その後はバスに乗せられ駒沢公園まで強制送還。
荷物を受け取り、うなだれて帰ってきました。
完走証が欲しかったですが、もう少しおよばずでした。
[PR]

by goldenmaple | 2011-11-16 17:23 | 山形便り
2011年 06月 13日
東根さくらんぼマラソン大会
いやー、とても間があいてしまった。
ほぼ一ヶ月ぶりの更新です。

日曜日に山形県の東根市で催された
「第10回果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会」
ハーフマラソン(40〜59歳部門)に参加してきました。
生まれて初めての「マラソン大会」です。

今年2月頃からジョギングを真面目に始めて4ヶ月。
近頃は2日に1回は5km平均で走っていたけれど
ハーフの距離を走った経験は
駒沢公園のジョギングコースを1回こっきり。
とにかく完走だけを目指して走ろうという気持ちで臨んだ。

当日、駐車場が混むので7時に現地の神町自衛隊駐屯地へ。
ハーフのスタートは9時半。
9時前にのんびりと集合場所へ。
もう気温は25℃近くに達して暑い。
すでに5kmレースは始まって、会場は人で溢れていた。

エントリーした40〜59歳部門男子は1,850人の参加。
ハーフだけで男女併せて5千名のエントリーで、
5・10km、ウォーキングと合わせると7千名近くなる。

ハーフのスタート地点へ向かうと300mぐらいの人の群れが続く。
ゲストに高橋尚子と千葉真子、瀬古利彦が来ていた。

いよいよスタート。
1時間50分の列に並んでいたので、まわりものんびりと走り出す。
スタートから5kmぐらいは固まりのまま走っていくので
まわりのペースに合わせて、ウォーミングアップのつもりで走る。

コースは町中を抜け、次第にさくらんぼ果樹園の間を走るようになる。
沿道には応援の人々がいっぱい。
その中を走るのはかなり気持ちいい。

ほぼ6分/kmのペースで走る。
普段のジョギングよりもやや遅いペースだ。
折り返して15kmぐらいまでは気持ち良くて、
ペースも次第に上がってきたけれど
のこり3kmぐらいでだんだん足が重くなってきた。
駐屯地に入ると残り2kmぐらいでコースは迂回していく。
ちょっとここで気持ちが萎える。
ガス欠ぽくなって、のこり1kmを散歩ペースで走ってゴール。

ゴール前にはQちゃんがいて、ハイタッチしてくれる。
ブスだブスだと思っていたのに、実物は案外かわいい。
ごめんね。訂正するよ。

ネットタイムで2時間8分37秒。
普段のジョギングタイムとほぼ同じくらいか。
とにかく暑く、途中何度も水をかぶっては走った。
思ったほどダメージはなく、膝が少し痛むぐらいか。

完走証と記念Tシャツ、さくらんぼとおにぎりをもらい
帰りが混みそうなので急いで車を出す。

一番最初のレースとしてはこんなものか。
フルマラソンの前に後何回かハーフを走っとかないと。
とにかく、がんばりました自分。ってとこです。
[PR]

by goldenmaple | 2011-06-13 10:29 | 山形便り