タグ:サイクリング ( 54 ) タグの人気記事

2009年 05月 30日
昼飯を食いに赤湯へ
明日日曜日にオープンキャンパスがあるため、
今回は火曜日から来週の金曜日まで山形生活。

昨日までの天気予報だと、今日土曜日は雨模様とのことだったのに、
今朝は雲の切れ間に太陽も見えて、
予報では「曇り」となっていた。
朝、研究室でメールを確認して
11時半にクロスバイクで大学を出る。

あてがあるわけでもなく、なんとなく13号線を
米沢方面へ向けて走る。
13号を走って、飽きてしまったら横道にそれて…。
のんびり田圃を見ながら走っていく。
d0067378_1871659.jpg

▲「スカイタワー41」。山形に通い始めて5・6年したらできた。
上山市郊外にいきなり41階建のマンションが現れる。山形県で一番高い建物。
あんまり売れなかったようで、ネットで調べたところ、
高層階でも中古で1000万ぐらいで買えるとか。
まわりは川があったり、田圃があったりと不思議な光景。
d0067378_1813436.jpg

▲途中、「前川」のほとりで休憩。
なんでもない田舎の風景だけど、ほっとできる。
橋の上から川面をのぞきこんだら、
うぐいなのか、ヤマメなのか、小魚が群れていた。
d0067378_18152550.jpg

▲最初「ガマの穂」なのかと思ったけど、よく分らなかった。
d0067378_18162369.jpg

▲上山のサクランボ農家の果樹園で。サクランボにうっすらと赤味がついてきた。
d0067378_18171851.jpg

▲上山中学前の河川敷で「キジ」を発見。
すぐ近くにいたのに、カメラを取り出して構えたら
キジはすたこら逃げ出した。
ゆっくり追いかけて、写真を撮ったけど
まるまる太ったキジだった。
間近で撮るには「きび団子」が必要か。

30kmほど走って赤湯に着いたのはいいけど、
結局、昼飯を食いに入ったのは
全国チェーンのファミレス。

食い終わってそのまま引き返す。
大学前の坂道が辛い。

●本日の走行距離:60.5km ●本日の走行時間:3h35min.
[PR]

by goldenmaple | 2009-05-30 18:22 | サイクリング
2009年 05月 08日
2,000km UP!
ひさしぶりに多摩川CRへでかけた。
朝7時前に山形から帰宅して、午前中は犬の散歩。
お昼を食べて13時半に多摩川へ。

時間が遅いので、
今日は府中四谷のセブンイレブンで引き返すことにした。
それにしても今日はいい天気。
セブンイレブンでお茶とグリコのアイス「パピコ」を買う。
d0067378_17225752.jpg

ローダーが土手に座り込んで、気持ちよさそうに日向ぼっこだ。
d0067378_1724456.jpg

今日のお供はグリコ「パピコ」のマンゴー&バニラ。
多摩川を渡ってくる風に吹かれながら、パピコをちゅうちゅうやると
かなり幸せを感じてしまう。

帰りはいつものように強いアゲインストの風。
d0067378_17254617.jpg

「多摩川ウインドサーファー」が練習中。
3時間ほどで帰宅。

GAIANTのロードバイクを去年、山形で衝動買いしたのは
ちょうど1年前の誕生日3日前だった。
1年の走行距離は2,040km。

●本日の走行距離:84.9km  ●走行時間:2h18min.
[PR]

by goldenmaple | 2009-05-08 17:19 | サイクリング
2009年 02月 14日
図書館、駒沢公園、南烏山。
今日は初夏のように暖かいつうか、むしろ汗ばむようなお天気だった。
お昼頃、目黒図書館へ自転車で向かう。
ハーフパンツに半袖ポロシャツ。
フルフィンガーの冬用グローブで出てきたしまったけど、
そこだけ浮いている。
片道5kmほどで少し汗ばんでしまった。
ラジオでは、今日は25度近くまで上がるだろうと言っていた。

「ナマコのからえばり」 椎名 誠 毎日新聞社
「性の誤解 -性転換-男の体を持った女」 河添恵子 恒友出版
「死闘!日本海海戦」 大石英司 徳間書店
「大学生の常識」 鈴木雄雅 新潮選書
「北朝鮮 特殊部隊白頭山3号作戦」 高永吉 講談社
と、脈絡もなく書架を回りながら手に取った本を借りてきた。

帰り道、駒沢公園によって1時間ほど
お茶を飲みながら「ナマコのからえばり」で日光浴。
今が2月中旬とは思えないくらいのぽかぽか陽気で、眠くなって来る。

家を通り過ぎて南烏山まで昼飯を食べに行く。
駅前にある広島お好み焼きの「あじこや」に入った。
広島お好み焼きだから、中身に中華麺がはいるんだけど、
ここのは3種類あって、
(A)広島直送生中華麺
(B)ソース焼きそば 
(C)もちもちうどんソース味
で、BとCは何玉頼んでも無料なのだ。
近頃はあまり量は食べられないので、700円の「豚玉でBの2玉」を注文した。
つまり、豚肉、卵入りで中の麺はソース焼きそばを2玉分ね!というわけだ。
「飲み物は?」と、若い兄ちゃんに聞かれて、
条件反射的に、
「ウーロン茶」と答えてしまった。
車じゃなくて、自転車なんだからキンキンに冷えたビールでも、まぁ良かったんだ。
自転車でも「飲酒運転」には違いないけど。
冷えて霜が浮いた中ジョッキのウーロン茶をぐびぐびやりながら食う、
お好み焼きはうまかった。2玉をかるくクリア。今度は3玉だな。

「広島流お好み焼 あじこや」
 東京都世田谷区南烏山5-18-19
 03-5314-5345
 営業時間/17:00〜翌2:00(月〜金) ※土・日・祝は11:30〜
 定休日/無休

●本日の走行距離 21km
[PR]

by goldenmaple | 2009-02-14 22:58 | 今日の読書
2009年 01月 11日
あけましておめでとうございます。
長い冬休みだと思っていたけど、始まってみるとあっという間で、
先週から仕事も始まりいつもの毎日になっています。
年末年始は田舎へ帰省。と、いっても元日のお昼過ぎにはカミさんの実家がある群馬へ。
大晦日の夕方から北陸地方に降り始めた雪は、元旦には10cm以上積もっていました。
荒れ狂う日本海を左手に見ながら北陸道から信越道へ。
d0067378_1257499.jpg

▲北陸道「徳光SA」から日本海を見る。海水温の方が高いのか、湯気が上がっていた。
年末、2008年の「走り納め」ということで多摩サイへ。
羽村取水堰までの往復80km。富士山が良く見えた。
明けて、2009年の「走り初め」で、今日はコースを変えて横浜の「みなとみらい21」へ出かけた。
朝方のキンと冷えた空気に腰が引けて、お昼過ぎに出かける。
多摩川沿いに走ってからR15へ。
2時間ほどで大観覧車と「ヨコハマインターコンチネンタルホテル」の特徴あるシルエットが見えてきた。
d0067378_1315029.jpg

「みなとみらい21」に着いてもとりたててやることもないので、そのまま引き返す。
往路で左岸を走った多摩川を復路では右岸に変えて4時過ぎに帰宅。
寒かったせいか、30分おきぐらいにオシッコがしたくなる。
その度にコンビニに寄ったり、河川敷のトイレに駆け込んだり。
その間に飲んだ水分は250mlほど。
どこからこのオシッコの原材料がわき出てくるのか、とても不思議。
夏は2L以上水分を摂取しても、途中トイレに寄るのは1度くらいだった。

●本日の走行距離:  60.29km    ●走行時間:3h28min.
[PR]

by goldenmaple | 2009-01-11 23:41 | サイクリング
2008年 12月 06日
今週も多摩サイ。
早起きしようと思ってもなかなか起きられない、土曜日の朝っす。
愛犬の散歩に行って、ロードバイクに規定値までエアを詰めて、
さぁ出かけるかと時計を見ると、すでに10時半を過ぎていました…。
今回は、Windowsのデスクトップがぶっ壊れてからしばらく使わなかった「GARMIN」の「foretrex101」を取り付けて出かけたですよ。
「foretrex101」は登山なんかで使う、かわいいGPS。
もちろん、地図なんて表示されないですが、どこを走ったかという「トラックデータ」を記録するのが主な機能っす。
もちろん、ルートデータをPCで編集して、「foretrex101」にダウンロードすることも可能なので、ナビとして使う事もできるっすよ。
で、この前「MacBook」をBootCampでWindows化したので、地図ソフトの「カシミール3D」を入れて「foretrex101」の再テストという訳ですね。
d0067378_219284.jpg

羽村取水堰手前で。標高が101m。二子玉川あたりから90mほど登ってるのね。

風もなく、気温は低いけど走っているかぎり暖かく、いい日よりっすね。
d0067378_21114042.jpg

多摩川河川敷にある一番のお気に入り公園です。
木漏れ日の中で落ち葉が輝いて、ここでお弁当食べれば幸せいっぱいすよ。
d0067378_211505.jpg

途中のコンビニで買ったお昼。「キャベツの入ったメンチカツパン」と、
「エビグラタン・コロッケパン」と「BOSS ESPRESSO」。
「どら焼き」はおやつすよ。あくまで。

今回は終点の羽村取水堰までは行かず、ここでお昼を食べて帰りました。
d0067378_21204519.jpg

「foretrex101」でログした今回のトラック。
●本日の走行距離:77.57km 走行時間:3h48min.
[PR]

by goldenmaple | 2008-12-06 23:59 | 道具
2008年 11月 22日
多摩サイ。
1ヶ月ぶりくらいに多摩川サイクリングに行ってきたっす。
今朝は娘が大学の自己推薦入試で、見送るために珍しく8時前には起きていたっすよ。
彼女は緊張する様子もなく、我が家から歩いていける大学へ元気に出かけて行きました。
で、せっかくちゃんと起きたんだから、久しぶりに多摩川へ行くかぁと思ったんすが、寒い寒いと愛犬と一緒に丸くなっていたら、もう9時半。
慌てて犬と散歩に出かけ、チャリにまたがったのは10時過ぎ。いつもの同じ時間になっていたっすよ。今の季節、出かけるまでがなかなか大変です。
d0067378_1302788.jpg

今朝は空気が澄んでいて、遠くに雪をまとった富士山がきれいにみえました。15分もまじめに走ると汗ばんできて、いい気持ちになります。
d0067378_1443791.jpg

出かけてくるのが遅かったもんで、羽村の手前「福生南公園」の日だまりのベンチでお昼っす。コロッケパンとどら焼き。なんちゅうメニューでしょうか。それでもぽかぽかと陽に当たって、公園の芝生で遊ぶお母さんと子供達なんてのを見てると、幸せな気分になって来るっすねぇ。
d0067378_1365732.jpg

帰り道、少し陽が傾いてくると河原のススキがプラチナ色に輝き始めます。
今日はなんとなく足が重く、二子玉川から瀬田への坂道で足が痙りそうなったっよ。しかも両足。「瀬田温泉」へ来たお客さんの前で、両足痙ってたら、恥ずかしいっすね。
3時半に帰宅。入試へ行っていた娘も帰っていました。
「どうだった?」
「ばっちり!」
はてしなく楽天家の娘っすねぇ。

●今日の走行距離:84.43km 走行時間」:4h17min.
[PR]

by goldenmaple | 2008-11-22 23:23 | サイクリング
2008年 10月 13日
日本海べったり旅 | 男鹿半島
さて、13日(月)は前夜の400円ワインが効いたのか、熟睡して7時半に目が覚めたです。車から15mも行けばそこは海。「鵜の崎海岸」は日本の渚百景にも選ばれている幅1.5kmに渡って岩場が広がる遠浅の海岸。見上げれば雲一つない快晴。風も穏やかでこれがいわゆる「お出かけ日和」ってやつですね。
トイレに行って、顔洗って、海に向かってあつらえてある石のテーブルで朝食の準備。朝食のメニューはインスタントラーメンすね。水はトイレの水じゃぁなくて、ミネラルウォータと。気持ちいい潮風に吹かれながら、おいしく頂きましたですよ。
トイレでレーパン(レーシングパンツ)に履き替えて、クロスバイクのR1をキャリアから降ろし、グローブを着けてしゅっぱ〜つ。今日は午後には帰路につくので、取りあえず行けるところまで。車に着けているモバイルナビを取り外してディパックに詰め込んで行くっす。
d0067378_1894227.jpg
▲これがモバイルナビ。BroadzoneのBZN-500。ワンセグも入るっすよ。(12日撮影)
d0067378_1727947.jpg
▲赤い線は自転車で。青い線はバスを降りた後、徒歩で。

コースは「鵜の崎海岸」から北回りで海沿いに走ります。しばらく走ると右手の山に「椿自生北限の地」があります。館山崎を過ぎてトンネルを抜けるとその先から登りになります。急坂をふうふう言いながら登りきると、水平線が丸くなった日本海が広がって見えます。絶景の門前を過ぎて後はひたすら上り坂。車が少なく道幅もそれなりなので、ふらふらしながらも、どうにか登っていけます。
「白糸滝」の手前が今回の最高地点(多分です)。ここで休憩。ディパックから持参したモバイルナビを出して、GPS情報をチェック。高度は183mと出ました。海抜2mくらいのところから一気に200m近くのアルバイトすね。目の前はどこまで見渡しても海。水平線が丸くなって、ちょっとだけ丸い地球を想像できたです。
後は下りで楽チンかなと思っていたら、その後もアップダウンの繰り返し。おじさんも息があっぷあっぷで、すっかりダウンしたっすよ。加茂の集落で一度高度が落ちて、再びの登り。桜島を過ぎると「男鹿水族館GAO」。観光客で駐車場が一杯。途中で本日ただ一人のローダー(ロードバイクに股がった人)とすれ違いました。男鹿水族館GAOを過ぎると道は再び海沿いに沿って走るようになって、戸賀湾に到着。戸賀湾はお山の上にある「一の目潟」「二の目潟」と同じように噴火の爆裂によってできた噴火湾(爆裂火口・マール)だそうな。きれいに丸くなった湾の形が特徴的です。
ここまででおよそ20km。1時間半かかっています。足も太ももの裏辺りが痛い。もうひとふんばりで「入道崎」まで行きます。再び山の中へ。山を抜けると枯れた草原が広がる入道崎。黒と白のストライプ姿の入道崎灯台がかわいいすね。来たのはいいけど、再び自転車で戻る元気はなく、バイクに鍵をかけて帰りは秋田交通の路線バスに乗ります。途中でバスを乗り換えて、男鹿駅に1時間かけて到着。男鹿駅から鵜の崎海岸までのバスの時刻が合わず、ナビで調べると6kmほど。のんびり歩く事にしましたです。時々浜辺に下りて石を拾って感傷にふけってみたり。2時過ぎに鵜の崎海岸について、車で再び入道崎へ。バイクを回収して、山形へ戻ります。
●本日の走行距離 30km。
●2日間の走行距離: 車/580km 自転車/117km 徒歩/6km
[PR]

by goldenmaple | 2008-10-13 23:59 | サイクリング
2008年 10月 12日
日本海べったり旅 | 遊佐〜西目
11日のAO入試2次選考も無事終わり、体育の日で祝日になる13日の月曜日までオフになるので、東京へは戻らず、おじさんは一人旅に出かけたですよ。
目的地は「取りあえず、秋田へ」です。
去年の9月に藤沢周平の小説の舞台になった温海温泉から酒田まで、日本海沿いを走ったので、今回はその先へ…と、それだけの理由です。とにかく、日本海に沿って北へ向かって走ろうと。
車の屋根にクロスバイクのR1を載せて、大学を出たのが9時前。途中、コインランドリーによって、ちょいと洗濯。その間に銭湯ですばやく風呂にも入って、準備万端整えて、結局11時頃の出発になってしまった。この日は月山ダムのパーキングで車中泊したです。月も出ていますが、かなり風が強く寒い、寒い。プリムスのガスコンロで鍋焼きうどん作って食べたら、暖まって良く眠れたです。

翌朝、寝坊して9時に出発。鶴岡、酒田と走って遊佐町の先、吹浦に11時着。
d0067378_1815947.jpg

目の前には「どうですか!」という具合に日本海がど〜んと広がってます。もう、これだけでなんか体に力が漲ってくる感じすよ。パーキングに車を止めて自転車を降ろし、さぁ、出発。
d0067378_1825639.jpg

▲こんな感じでバイクを積んでいます。キャリアはTHULE。

d0067378_014567.jpg

デジカメのバッテリーがほとんど無くなっていて、一枚撮るたびに電源を切って休ませないと次が撮れない。はたして何枚撮れるすかねぇ。今回はできるだけ海沿いを走ることにしたので、国道7号線からはずれて裏道を走る。ところどころで7号線に出るけど、集落を繋げるように走ると、ほとんど海沿いに走ることができたです。西目の先まで43kmほど走って2時を過ぎたので、この辺で折り返すことにしたっす。
d0067378_1853772.jpg

▲金浦の先。海沿いを車もめったに走らない道が続く。

車に自転車を積んで来ると行動範囲が広がるけど、どこかで折り返して車を停めた場所まで戻らないといけないのが、なんとも難点す。帰りは時間をかせぐために7号線をひた走る。途中で日が落ちて、夕焼け。水平線際に雲があって、途中までしか見えなかったすね。5時過ぎに車を停めた吹浦着。一休みして、再び自転車を屋根に積むと、北へ向って出発す。次の目的地は、じゃ〜ん「男鹿半島」。(じゃ〜んってほどでもないすかね)自転車で走ってきたばかりの7号線を北上したです。
途中、西目で温泉に入る。その日の疲れはその日の内に取っておかないと、50代は後に残ってしまうからね。23時に男鹿半島の「鵜の崎海岸」にあるパーキングに到着です。途中、コンビニで買ったワインを月の光に照らされながら飲んだすよ。広い駐車場には他に車が1台のみ。目の前は静かに波が寄せる渚。「鵜の崎海岸」は「日本の渚百景」にも選ばれているすよ。体が暖まったところでシュラフに潜り込んで、いつもの車中泊です。車の中は満月の光でほの明るい。これを贅沢と言わずして何が贅沢か!おじさん、興奮しすぎっすよ。
●本日の走行距離 87.2km
[PR]

by goldenmaple | 2008-10-12 23:16 | サイクリング
2008年 08月 01日
山形〜世田谷、430kmの旅 | その3
ぐっすり眠ったので、だいぶ疲労回復しただろうと期待していたが、どんよりと体は重くさすが歳をとると、疲れは溜まるばかりだと実感する。
d0067378_23543326.jpg

日曜の朝、8時半に出発。宇都宮市内は車も少なく、郊外にでると霞がかかってメガネが濡れて困った。すぐに国道4号線に出てしまうのも興ざめなので、しばらく農道を走る。
d0067378_028437.jpg

▲のどかな田圃の中を走る。
上三川を過ぎた辺りで4号線へ。ここは路肩も広く高速走行ができて調子良く進む。時々陽も差してきて、3日間の中では一番いい天気か。しかし湿度が高くコンビニで買ったペットボトルがたちまち空になる。
d0067378_0295349.jpg

▲山形から300km地点。ここまでの走行時間は17時間。
お昼過ぎに境を越え、利根川に出る。ここから利根川土手のサイクリングロードを北上する。
d0067378_0305982.jpg

▲利根川サイクリングロードで。この頃が一番暑かった。数人のローダーとすれ違う。
旧4号線の橋を越え、古河へ出て利根川を渡り大利根の道の駅で休息。昼飯を食べるつもりだったが、食欲がわかず20分ほど休んで、再び走り出す。加須市に入ってから東北道沿いに走ろうと思ったのが間違いだった。加須で道に迷う。この辺りの地理が頭に入って居なくて、久喜を目指したいのだが、ぐるぐる回って同じ所にでてしまう。疲れも出てきて頭もぼーっとしてくる。ここで無駄に20kmばかり走ってしまう。
どうにか久喜市に到着。ファミレスで遅い昼食を食べ、4時過ぎに岩槻目指して出発。東北道沿いに走っているので、岩槻までは難なく着いた。が、その後、再び道に迷う。
西方向へ向かっていたつもりが、南下していたようだ。東川口に着いた時には6時頃になっていた。ここで土砂降りの雨、雷。30分ほどものすごい風と雨でコンビニの軒先に避難してやり過ごす。
小降りになったので、再び走り出したら、しばらくして4号線バイパスに出てしまった。なんのことはない。境からそのまま4号線沿いに走ってきたのと同じ結果になってしまった。同じでないのは走った距離。40kmほど無駄に走った計算になる。が〜ん。雨の中、黙々と走る。夕方には自宅に到着の予定だったのに、この時点で7時過ぎ。4号線から環七に入り、自宅へ。21時着。すっかり疲れ切った。最後の詰めが甘かったなぁ。しかし、初めて2泊3日を走り続けて楽しかった。案外、山形〜東京は近かったとも思える。こんどはいいコースを選んで、またやってみたいものだ。

●本日の走行距離 181km 積算距離 428 km
[PR]

by goldenmaple | 2008-08-01 23:52 | サイクリング
2008年 07月 29日
山形〜世田谷、430kmの旅。| その2
d0067378_0335820.jpg

▲第1日目のコース。山形市内から郡山まで。
2日目の朝、8時半頃には目が覚めるが、体が重くうだうだやっている内に9時なってしまう。慌ててバスルームに干してあったウエアをディパックにしまう。朝食に無料サービスのおにぎり2個とコーヒーを胃袋に放り込んで9時40分、ホテルを出るとまた雨。スタートから雨とは戦意喪失だけど、日曜日中には東京へ戻らねばならず、レインウエアを着込んで雨の中を飛び出す。今日も基本的には国道4号線をひたすら宇都宮目指して走る。ただトラックが怖いので、飛ばすわけにもいかず、20km/h程度がせいぜい。時々、路肩にたまった雨水をトラックがはね飛ばし、頭からかぶる。泣きたい気分になるが、おじさん、忍耐だけは自信がある。
d0067378_0172933.jpg

▲須賀川を抜けた辺りで。ようやく雨が上がった。ウェアはすぐに乾くがシューズはずぶ濡れ。
黙々と走る。須賀川、矢吹と超え、白河着。ここで昼食の予定だったが、どうも食欲がない。スポーツドリンクとお茶の飲み過ぎか。コンビにで小さな練羊羹を買ってかじる。
d0067378_0174447.jpg

▲那須塩原手前の「蛇尾川(いびがわ)」の上で。
雨はあがったり降ったりで暑いがレインウエアを脱ぐこともできない。すぐ脇をものすごいスピードで通り過ぎるトラックに怯えながら、那須のアップダウンを超える。矢板あたりから雨が上がって18時に宇都宮着。ここまでで247.2 km。
d0067378_0513525.jpg

▲2日目のコース。ひたすら国道4号線を走る。トラックが多く、緊張の連続。
宇都宮駅近くのスパ「南大門
d0067378_0175951.jpg

▲宇都宮市内を流れる田川のほとりで。
24H営業のスパ&サウナ。昨日の郡山ではシャワーだけだったので、大浴場でのんびりお湯に浸かっていると、ただただ幸せを感じる。風呂上がりに生ビール。幸せの頂点。腹が減っているはずなのに、あまり受け付けず。11時に就寝。明日は晴れるか。

●本日の走行距離 120km 積算距離 247.2km
[PR]

by goldenmaple | 2008-07-29 00:52 | サイクリング