タグ:アメリカ映画 ( 7 ) タグの人気記事

2010年 03月 14日
THE SHIPPING NEWS シッピング・ニュース
d0067378_2275941.jpg
THE SHIPPING NEWS シッピング・ニュース
2001年/アメリカ/112分
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ケヴィン・スペイシー、ジュリアン・ムーア
   ジュディ・デンチ、スコット・グレン

心に傷を負った男(ケヴィン・スペイシー)が、一族の地である
ニューファンドランド島へ移り再起を図る。
叔母(ジュディ・デンチ)、
島で知り合った未亡人(ジュリアン・ムーア)、
勤務先の人々(スコット・グレン)。
全ての人が過去を引きずっている。
荒涼として閉鎖的な島の生活の中で
人々の暖かい心にふれ、
男が次第に新しい人生に踏み出す勇気を得ていく。

「SHIPPING NEWS」とは男が島で勤めることになる
新聞社が発行する「湾岸新聞」のこと。

何と言ってもニューファンドランドの風景や
昔のままの簡素な建物が美しい。
ニューファンドランドってどこ?と
思わずGOOGLEの地図で調べてしまった。
カナダの東側、戦前までイギリスの植民地だったところ。

もの静かで地味な映画だったけど
長くつらい冬の後の
ほんの一瞬の春を待つような島の日常と
人々が持つ振り切りたい過去を精算した後の希望が
うまくシンクロして、いい映画だった。

ハンニバルで好演していたジュリアン・ムーアは
すっぴんながら美しい。
ジュディ・デンチは「007」のM役でおなじみ。
[PR]

by goldenmaple | 2010-03-14 22:23 | 今日の映画
2010年 03月 13日
PHENOMENON フェノミナン
d0067378_21161371.jpg
PHENOMENON フェノミナン
1996年/アメリカ/124分
監督:ジョン・タートルトープ
出演:ジョン・トラボルタ、キーラ・セジウィック、
   フォレスト・ウィテカー、ロバート・デュバル

久しぶりにトラボルタ主演の映画を見ました。
小さな町で自動車整備工をしている男が
ある日、光に撃たれて不思議なチカラを得る
それは異常に集中力が増したり
記憶力がとんでもなく良くなったり
手を触れずにペンを動かしたり。
男には好きな女が居るが
一度失敗していることで相手にしてくれない

男の不思議なチカラが知れ渡るうちに
周りの人々は次第に恐れ始める
男の思いを理解してくれるのは
主治医と女だけだった

好きな俳優のトラボルタとウィテカーが出ているので
それだけでかなり満足。
ファンタジーな映画だが、オチはかなり意外な展開だった。
トラボルタのあの優しげなまなざしと笑顔はいいね。
ウィテカーも友達思いの役をやるとはまる。
グリーン・ドラゴンでもそうだった。
[PR]

by goldenmaple | 2010-03-13 21:25 | 今日の映画
2009年 03月 13日
THE LAST KING OF SCOTLAND
d0067378_183571.jpg

「THE LAST KING OF SCOTLAND」 
ラストキング・オブ・スコットランド
2006年 / アメリカ・イギリス / 123分

主演のフォレスト・ウィテカーが好きで観た。
ウィテカーはこの映画の主演で
2006年アカデミー賞主演男優賞を獲得している。
ウィテカーと言えば、「グッドモーニング・ベトナム」や
「プラトーン」、「グリーン・ドラゴン」などで
きらりと光る名脇役として評価されていたけど、
この映画では狂気の独裁者アミン大統領をみごとに演じている。
スコットランドの医学校を卒業したばかりの青年医師ニコラスが
回る地球儀に指を立てて決めた「ウガンダ」の地。
いつしかアミンに気に入られ、主治医から政策を具申する顧問に。
大衆から熱望されて大統領になったアミンが、権力を手に入れるや、
誰も信じられない「独裁者」へと変貌していく様を
ニコラスの視点から描いていく。
アミンが政権についていた時期、犠牲になった国民は30万とか。
瞬間、瞬間に喜怒哀楽が変化していくウィテカーの演技は、
独裁者の恐怖をみごとに演じていた。
○評価○ ★★★★
[PR]

by goldenmaple | 2009-03-13 18:14 | 今日の映画
2009年 03月 06日
フリーダム・ライターズ
d0067378_1622236.jpg

「FREEDOM WRITERS」 フリーダム・ライターズ
2007年・アメリカ・123分
監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
キャスト:ヒラリー・スワンク/パトリック・デンプシー/スコット・グレン

高校の新米国語教師となった「ミスG」(ヒラリー・スワンク)が、
人種差別や貧困ですさんだ毎日を送る生徒たちに
生きる希望を持たせるために与える1冊のノート。
書くことで自分を知り、人の痛みも知る。
実話を元にヒラリー・スワンクがプロデュースした、直球勝負の映画だ。
ストリーの展開は単純で、なんの仕掛けもないけど、「泣ける」映画。
父親役に「ライト・スタッフ」のスコット・グレン。夫役に「グレイスアナトミー」のパトリック・デンプシー。
「ミリオンダラー・ベイビー」も良かったけど、信念を持った女を演じるとヒラリー・スワンクはいいね。
[PR]

by goldenmaple | 2009-03-06 16:29 | 今日の映画
2008年 07月 14日
TRANSAMERICA
d0067378_1821717.jpg

●今日の映画
「TRANSAMERICA」 邦題:トランスアメリカ 
2005年 アメリカ 103分
監督:ダンカン・タッカー
出演:フェリシティ・ハフマン、ケビン・ゼガース、フィオヌラ・フラナガン、
   エリザベス・ベーニャ、グラアム・グリーン

性同一性障害(トランスセクシュアル)に悩む父親と愛を知らずに育った息子が、ひょんなことからアメリカ大陸横断の旅に出るハートフル・ロードムービー。主演のフェリシティ・ハフマンの演技がすばらしい。女性になろうとしている男性という難役をみごとに演じてアカデミー主演女優賞にノミネートされているが、それを知らずに見ていると、最後の最後まで男優が演じているとしか思えない。さり気ないしぐさが、「女を演じる男」らしさを見事に表現している。テーマは重いけど、淡々と進むストーリーで後味はいい。
[PR]

by goldenmaple | 2008-07-14 18:07 | 今日の映画
2008年 06月 25日
MISSING IN AMERICA
d0067378_071958.jpg

「MISSING IN AMERICA」邦題:アメリカの森 レニーとの約束
2005年 アメリカ 102分
監督:ガブリエル・サヴェージ・ドクターマン
出演:ダニー・グローバー、ゾーイ・ウィーゼンバウム、リンダ・ハミルトン、デビッド・ストラーザン

ジェイクは心に傷を負ったベトナム帰還兵。人との関わりを避け、森に一人で住んでいる。そこへガンに冒され余命わずかな戦友が娘レニーを連れてやって来る。レニーはベトナム人を母に持つ混血の少女。少女との生活を続けるうちに、次第に心を開いていき、ジェイクは忘れていた笑いを取り戻していく。しかし、レニーを不幸が襲う。
ベトナム帰還兵ものはいくつか見たけれど、この映画が秀逸。子役のゾーイ・ウェーゼンバウムのしぐさが可愛い。戦地で命を落とした兵士達だけでなく、地獄を生き残った兵士も癒えることのない傷を負う。エンディングで、ジェイクはレニーとの約束を守り、ワシントンDCの「The Wall」の前に立つ。ジェイク役には「リーサル・ウェポン」のダニー・グローバー、ジェイクの通うよろず屋の店主に「ターミネーター」のリンダ・ハミルトンと渋い役者を揃えている。
今年半年間で観たDVDの中ではダントツに良かった。
[PR]

by goldenmaple | 2008-06-25 23:06 | 今日の映画
2008年 06月 17日
SWEPT from THE SEA
●今日の映画
「SWEPT from THE SEA」 邦題:「輝きの海」
d0067378_17385950.jpg

1997年 イギリス・アメリカ 113分
監督:ビーバン・キドロン
出演:レイチェル・ワイズ/ヴァンサン・ベレーズ/イアン・マッケラン/キャシー・ベイツ

英文学の巨匠ジョセフ・コンラッドの「エイミー・フォスター」を原作にレイチェル・ワイズ主演で映画化した作品。ロシア人のヤンコ(ヴァンサン・ベレーズ)は希望の地アメリカを目指して船に乗るが、嵐にあい難破。ただ一人の生存者としてイギリス南西部のコーンウォールの岸に流れ着く。忌まわしい出生の秘密を持ち、固く自己を閉じ込めた「変わり者」のエイミーと出会い、恋に落ちる。よそ者に対する村人の冷たい視線と変わり者に対する拒絶が二人の愛をより強固なものにしていくが、結末は悲劇が待っている。
淡々とストーリーは進むが、レイチェル・ワイズの凛とした美しさが光っている。海を見下ろす村、コーンウォールの美しい風景が救いだ。
[PR]

by goldenmaple | 2008-06-17 17:36 | 今日の映画