<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 26日
60kmポイントで折り返し。
d0067378_1351341.jpg

遊佐の道の駅「鳥海」からスタートして由利本荘市の松崎辺りでちょうど60km。
これ以上、足を伸ばしてへばってしまっては困るので
ここで引き返すことにする。

輪行や宿泊しながらのツーリングではないので
車を停めた所まで同じ道を帰らなければならないのが残念。
帰りは海風が向かい風となっていじわるをする。
往路の80%ぐらいのスピードで走る。

14時半、道の駅「鳥海」着。
d0067378_137146.jpg

7時間半。実質走行時間は6時間ほどか。
d0067378_1351720.jpg

iPhoneのMapでもルート確認はできるけれどもログを取ったり、標高、気圧、などのデータや
走行データログを取るにはGarminのGPSが便利。
d0067378_1352346.jpg
d0067378_1371789.jpg

帰りに東根の「オオタ湯」(大人350円)に寄って汗を流し、思い出を暖めて帰る。

ああ、愉しかった。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-26 23:59 | サイクリング
2012年 05月 26日
天気良く、眺め良く、気分良し。
d0067378_1312859.jpg

秋田県の南端にある「にかほ町」は宮城の松島町と「夫婦(めおと)市」らしい。
「姉妹都市」というのは聞くけれど、「夫婦市」はない。
どっちがカミさんなんだろうか?
d0067378_1311828.jpg

象潟を過ぎると「金浦(このうら)」。
この辺りは7号線を外れて海沿いの静かな道を走ることができる。
雲も無くなり、快晴の空に日本海の色も鮮やかだ。
平沢辺り。うららかな春の日差しと潮風を受けて走る。
気分まで自然と爽快になってくる。
d0067378_131557.jpg

由利本荘市に入って西目海水浴場手前辺り。まっすぐに伸びる道路。
風が強いせいか、海沿いの丘には高い樹木は見あたらない。
d0067378_133916.jpg

木々の幹が風に押されて傾いている。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-26 23:19 | サイクリング
2012年 05月 26日
道の駅「鳥海」から海を眺めながら走る。
d0067378_12564447.jpg

5月26日土曜日。
朝6時に目が覚める。
寝る時まで続いていた雨は上がった。
空に雲が残っているけれど、良くなりそうな気配。

車からクロスバイクを取り出し、前輪を組み付ける。
ブレーキを調整し、リアキャリアにパニアバッグを付ける。
ログを取るためにGarminのGPSmap 60CXsをセットして準備完了。
d0067378_1258636.jpg

GPSのマップで海沿いの道をチェックしながら走る。
海沿いの道が見あたらない時は7号線をはしるけれど
飛ばす車が多く、少々怖い。
地方の人ほど飛ばすのは、なんとかならないものか。
昨晩も7号線で70キロで走っていてジモティにあおられた。

1時間も走れば「象潟」。
蚶満地に寄っていく。
ここは松尾芭蕉が訪れた地。
d0067378_12584095.jpg

静かでいい雰囲気の寺だった。特に山門がいい。
旧参道から見た景色。
d0067378_12591586.jpg

象潟はその昔、「潟湖」と言われる湿地帯で今も草原の中に小さな島が点在している風景は不思議。

まだ時間は8時すぎだ。
由利本荘の西目目指して走っていく。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-26 23:00 | サイクリング
2012年 05月 25日
雨の中、車を走らせ秋田の由利本荘まで。
週末のオープンキャンパスのため、来週まで山形に。

で、金曜日の午後、雨の中、車を走らせ秋田方面へ。
特に目的地もないけれど漠然と日本海沿いをツーリングしたいなと思う。
天気予報では翌土曜日は天気が回復するらしい。

雨降りなのでクロスバイクを車のキャリアには乗せず
後部座席を倒したスペースに放り込んできた。
d0067378_12542137.jpg

13号線をひたすら北上して湯沢、横手を過ぎ、大仙で左に折れる。
由利本荘市に入って道の駅「おおうち」にある「楠の湯」で温泉にどぶん。

お昼過ぎから降り出した雨は夜になっても降り止まず、陰気な空だ。
象潟の道の駅で明日の事を思案する。
ここで一泊するか、7号線を山形まで戻り遊佐の道の駅「鳥海」で一泊するか。
海を見ながらツーリングするとなると、北へ向かって走らねばならない。
秋田まで行って戻ってくるのはしんどいので
遊佐へ戻り、明日はそこから由利本荘の先までの往復コースとしよう。

途中、ファミレスで晩メシを食べ
道の駅「鳥海」に到着したのは23時過ぎだった。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-25 23:53 | サイクリング
2012年 05月 24日
夕暮れの馬見ヶ崎を走る。
d0067378_12522479.jpg

夕暮の馬見ヶ崎を走る。久しぶり。

仕事を終えて急いで馬見ヶ崎河川敷の駐車場に車を停める。
ランニングウェアに着替えて、準備運動して走り出す。
最近は日も長くなってきたから、後1時間は明るい。

夕暮れ時に馬見ヶ崎を下流に向かって走ると
ちょうど沈む夕日を見ながら走ることになる。
今日は生憎の曇り空だけど、ほんとんど人の居ない
土手の道を沈む夕日に向かって走れば
なんだか安物の青春映画のようで、愉しい。

10ヶ月前に35年間吸い続けてきたタバコを止めてから
ジョギングのタイムが落ちた。
この前の仙台国際ハーフマラソンも
タバコを吸っていた頃のタイムから4分ほど遅くなっている。
理由は簡単。タバコを止めて体重が増えたから。

禁煙してから、私は健康に近づいたのだろうか?
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-24 23:51 | エキササイズ
2012年 05月 20日
砧公園でビーバーラリー。
日曜日の朝8時、神社に集合して砧公園へ。
今日は半日、世田谷地区のビーバースカウト
(幼稚園年長さんから小学2年生)達が集まって
砧公園でビーバーラリーで楽しむ。
今年のテーマはやっぱり「オリンピック」です。
f0189268_1416526.jpg

砧公園の吊り橋近くで受付を済ませます。
90名近いビーバースカウトが参加するラリーは
世田谷22団のBVS、チトセもダイキも初めてです。
22団はスカウトが2名と見学者の真央ちゃんの3名。
隊単独ではチームが組めず、20団のBVS隊と一緒です。
それぞれ別な班になったダイキは
チトセと離れたくないのかうじうじしていたけれど
ようやく覚悟を決めたようです。
真央ちゃんはお母さんと一緒にダイキと同じ班。

班ごとになったスカウト達は
砧公園内に作られた
1から8までのCP(チェックポイント)を廻って
ゲームを楽しんで行きます。
テーマのオリンピックにちなんだゲームです。
f0189268_14161140.jpg

CP8の「フリスビーゴルフ」。
2人で協力して的になったビニール袋にディスクが入ったらOK。
何回でゴールできるかを競います。
f0189268_14161538.jpg

CP6は「新聞紙ボートレース」。
二つ折りした新聞紙をボート代わりに
ワニが潜んでいる川を渡りきれるか?
どんどん曲がっていってしまうスカウトもいて
なかなかスリルがありました。
f0189268_14161825.jpg

CP1は「聖火リレー」。
受け皿に乗ったボールを落とさないよう気をつけて
次から次へと聖火をリレーしていきます。
f0189268_14162127.jpg

午前中、班編制のゲームが終わると
昼食の後、全体ゲーム。
まずは「しっぽとりゲーム」。
これはボーイスカウトではおなじみのゲーム。
ネッチをおしりに挟んで、この「しっぽ」を取り合います。
f0189268_14162516.jpg

他人のしっぽを取ることばかり気にかけていると
いつの間にか自分のしっぽを取られていたり。
リーダー達が作る人間の輪がだんだん小さくなって
最後は3人のスカウト達の決戦。

しっぽとりの次は「むかでジャンケン」。
f0189268_14162938.jpg

ビーバースカウト達は遊ぶことが仕事。
とにかく元気に走り回りました。
朝の9時から2時過ぎまで愉しく遊んだ半日でした。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-20 23:21 | boyscout
2012年 05月 18日
Ya•Ne•Sen
5月18日の金曜日、山形から帰ってきた午後、
大学時代の友人が東京に来たので
懐かしい千駄木・谷中周辺をぶらつく。
d0067378_21323144.jpg

大学を卒業した4月、生まれて初めての一人暮らしを
この千駄木の団子坂を上った先の
風呂なしアパートでスタートした。
共同の玄関で靴をぬいで階段を上ったところに部屋があった。
風呂もない6畳と2畳ほどのキッチンがある部屋が
6万弱もしたのを覚えている。
真ん中に大きな池がある「須藤公園」を横切った先に
お世話になった銭湯があったが、今はもう無い。

25年ぶりに訪れた場所にもう、アパートはなく、
近所の景色はすっかり変わっていたけれど
公園の景色は昔と同じで、そこから
「夜店通り」を抜けて「谷中銀座」へ至る
道の風景も変わらずだった。
d0067378_2132366.jpg

谷中銀座のほどんどが知らない店だったけれども
良く通った肉屋とか、総菜屋は変わらずにあったし、
ほとんどの食材を買っていた「のなかストア」も健在だった。
懐かしさで胸がいっぱいになる。
d0067378_21325924.jpg

谷中銀座は「夕焼けだんだん」の階段で終わりになる。
その坂道の途中の木漏れ日の中で2匹の猫が昼寝中。
d0067378_21332220.jpg

不忍通りを挟んで団子坂の向こう側は「三崎坂(さんさきざか)」。
その坂の途中に千代紙や張り子の「いせ辰」。
昔、お袋にここの千代紙を送ったことがあったな。
いせ辰のすぐ手前で根津方面に横道に折れると「へび道」。
10m先も見通せないほど、細い道がくねくねと
へびのごとくうねっている。なので「へび道」らしい。
ちょうどこのへび道を歩いている最中
一台の清掃車が無謀にもこの通りを抜けようとして
民家のブロック塀にボディをこすりつけて立ち往生していた。
へび道をあなどってはいけない。
d0067378_2133537.jpg

写真はへび道で見つけたかわいい看板。

へび道の途中で「いろはに木工所」をチラ見して根津へと出る。

一つ横道に入り込むと驚くほど静かで平和な空気に満ちていて
こんな町に住んでみたいと思わせる。
世間はここいら一帯を「谷・根・千」と呼ぶらしい。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-18 23:31 | 日々の生活
2012年 05月 13日
杜の都を1万人が走る。
d0067378_9441797.jpg

5月13日(日)、朝5時半に起床。
まず熱いシャワーで目を覚ます。
ハーフは10時5分にスタートなので
まだまだ時間はたっぷりある。
昨日もらってきたバッグをあけてゼッケンを取り出す。
安全ピンでシャツに留める。
写真の黒いのは記念品のライトバッグ。協賛のASICS製。

ホテルから会場の宮城野原陸上競技場まで約2.5km。
8時半に歩いて会場へ向かう。
d0067378_944247.jpg

雲一つ無い快晴。今日は暑くなりそうだ。
2kmほど歩くと榴岡公園(つつじがおか)に到着。
会場は多分、ランナーで溢れているだろうから
ここのグラウンドで軽くウォーミングアップに走る。

1.5km走って汗が出てきたので、会場へ。
会場は人で溢れている。
2km、5kmも含めて約1万人のランナーが集まっている。
ちょっとこの人数が集まっているというだけで
アドレナリンが吹き出てきそうな感じ。9時40分に指定されたブロックに並ぶ。
ランナーの海のはるか向こうにスタートのライン。
今回は招待選手の中には、藤原 新と川内優輝がいる。
オリンピックへ行く選手と同じコースを
同じ時間に一緒に走れると思うと興奮する。
10時5分に予定通りスタート。
d0067378_9444441.jpg

が、最後尾のFブロックはスタートラインに辿り着くまでに4分かかった。
スタートラインではQちゃんが大声で声援を送ってくれる。
割とゆっくりとしたペースで走る。
仙台国際ハーフは各関門の制限時間が割とゆるい。
なのでジョギングスピードで走っていればまず大丈夫だ。

コースは一端、仙台駅を抜けて県庁方面へ。
木漏れ日を受けて走る。
でも15kmを過ぎた辺りからだんだん足が痛くなってきた。
あと5km、あと4kmとひとりカウントダウンをする。
最後は陸上競技場のトラックに入って300mほど走るとゴール!
d0067378_9444071.jpg
d0067378_9443747.jpg

ゴールして競技場を出ると、記念品のバスタオルで迎えてくれる。
これはなかなかうまい演出だ。
T-シャツを記念品にする大会は多いけど
このゴール後のバスタオルはちょっとうれしい。
ランナーがこれを拡げてそこかしこで記念撮影をしていた。
そういう使い方もあるんだね。

1週間後に大会サイトで個人名の入った
「完走証」がダウンロードできる。
これも上手いやり方だな。

さて、今回の記録はどうだったか。
完走できたからそれで十分だな。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-13 23:43 | 山形便り
2012年 05月 12日
仙台国際ハーフマラソン前夜。
d0067378_9403575.jpg

明日の仙台国際ハーフマラソンの受付をするために、
お昼過ぎに山形から仙台へ。三越横のTICビルへ。
4階のフロアへ行き受付を済ませる。
ゼッケンと記念品の引換券をもらって、すぐ近くの公園へ行く。
d0067378_9401981.jpg

すでに前日の金曜日からイベントがスタートしていて
会場はかなり盛り上がっていた。
d0067378_9402424.jpg

見上げると午前中、空を覆っていた雲も流れ去って
明日はいい天気になりそうだ。
予約していた仙台駅東口のビジネスホテルへ。

すでに22回目(去年は震災のため中止)を迎える
仙台国際ハーフマラソンはなかなか運営がうまい。
まず、受付が前日である(前々日からスタート)。
前日に受付が完了していれば、当日は割とゆっくりできる。
会場の混雑もある程度緩和できるというものだ。
それに宮城以外の参加者はどうしても前日泊になるから
仙台市内のホテルはお客でいっぱいということになる。

もう一つは「おもてなしクーポン」。

中心街の飲食店30店舗分のクーポンが
1冊のブックレットになっている。
サービスの内容はいろいろで
ドリンクが一杯サービスされたり
5%お勘定からオフになったりなど。
それにこれらの店舗で使える500円の商品券もついてた。
駅ビルに入っているお店のクーポンも。

で、さっそく東口にある居酒屋へ。
d0067378_9414235.jpg

だんだんいい気持ちになってきたけど
明日に響かぬよう、適度なところで引き上げる。

ホテルに戻って、後は寝るだけだぁ。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-12 23:38 | 山形便り
2012年 05月 06日
図書館は素敵だ。
d0067378_21222586.jpg

いつも利用しているのは目黒区の「八雲中央図書館」。
自宅から歩いて3分のところに世田谷区の中央図書館があるけれど
4kmほどあるこの八雲中央図書館が好きで、良く出かける。

元都立大(東京首都大)の敷地跡が「目黒区民キャンパス」と
名前を変え、図書館とホールと体育館がセットになった
複合施設として作られている。
d0067378_21222814.jpg


今日も読み終えた本の返却と今週読むための本を借りに
ロードバイクに乗って出かけた。
途中、駒沢公園を通り抜け、自転車でおよそ15分弱。

資料として使いたい本以外は、ほとんど図書館で借りる。
昔は買っていたけれども、本棚がすぐに一杯になってしまう。
ブックオフに持って行くことも、ちょっと苦手。
したがって本を置く場所もだんだんなくなる。
図書館で借りるようになって、本の置き場所は不要になった。
好きなだけ借りてきて、読み終わったら記録だけつけ返す。
天気の良い日に図書館へ行くのも楽しい。
都会の狭い住宅には大きな図書館と言う名の本棚が似合う。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-06 21:22 | 日々の生活