<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2012年 04月 29日
pottering at Kaminoyama
連休二日目の今日も山形はいい天気だ。
午前中、のんびりしてブログを更新。
お昼過ぎからクロスバイクでポタリングにでかける。
すでに春の気温を通り越して、汗が噴き出してくる。
目的地は決めていないけど
昨日の疲れも少し残っているようなので
上山周辺をのんびりと廻ってくることにする。
d0067378_16524144.jpg

春の小川に惹かれて田植え前の田んぼの道を走る。
田んぼ以外はな〜んにも無い景色の向こうに
まだ斑雪を背負った蔵王が見える。
さくらんぼの花。
d0067378_16524329.jpg

ソメイヨシノの花と比べると
地味だけど、なんだか生命力に溢れている。
13号線へ再び出て赤湯の手前で引き返す。

帰りは上山温泉街を通ってくる。
GWにもかかわらずのんびりとした空気が漂って
けだるい休日の午後という感じだった。
d0067378_16524989.jpg

須川にかかる吊り橋。
d0067378_16525226.jpg


大学近くまで帰ってきて
汗をかいたご褒美に生ビール。
この幸せのために生きてきたと感じる瞬間。

●本日の走行距離 50.1km
[PR]

by goldenmaple | 2012-04-29 16:54 | 山形便り
2012年 04月 28日
RUN & SPA その2
ジョギングでかいた汗を温泉で流すため
車を温海温泉へ走らせる。
温海温泉は海沿いにある羽越線の「温海温泉駅」から
2kmほど山の方へ入った所にある。

いくつもの旅館が温海川沿いに建っている。
ちょうど川沿いに植えられた桜が満開。
d0067378_16571045.jpg
d0067378_16571880.jpg

浴衣を着た観光客が桜吹雪の中をそぞろ歩いていた。

ここには200円で入れる公衆浴場があるけれど
駐車場が一杯で断念。
そのまま鶴岡市内へ戻ることにした。
山の中の345号線を通って鶴岡市へ。
d0067378_16572044.jpg

櫛引運動公園にある「ゆーTOWN」に。
大人400円。鉄分の多い、天然温泉。
温泉に浸かりながらこわばったふくらはぎの筋肉をほぐす。
ほぐしながら、お湯から出た後で
ソフトクリームを買おうと決めた。
[PR]

by goldenmaple | 2012-04-28 23:59 | 山形便り
2012年 04月 28日
RUN & SPA その1
30日に仕事があるので今週は10日間の長丁場で山形です。
今日から世間はゴールデンウィークに突入。
山形も昨日までの天気とはうって変わって
いい天気です。

朝、たまった洗濯物をコインランドリーで洗って後
車を鶴岡方面へ走らせました。
鶴岡と言えば藤沢周平ですが、先日藤沢原作の映画
d0067378_929427.jpg

「花のあと」を先日見ました。
ある春の日、海坂藩のお城へ花見に行くところから始まる物語です。

その情景を舞台となった鶴岡公園の桜で見てみたいと思ったわけです。
d0067378_9321746.jpg

城址公園を埋め尽くすように桜が色づいています。
d0067378_933141.jpg

赤い屋根は「大宝館」。
d0067378_93551100.jpg

鶴岡城址の桜の後は内川へ。
鶴岡市内を南から北へ流れる幅30mくらいの小さな川が
藤沢周平の時代小説ファンにはたまらない川となります。
藤沢小説の鶴岡は「海坂藩」。そして内川は「五間川」。
「蝉時雨」でも出てきた川です。
d0067378_9421654.jpg
遠くに見える頂が白い山は鳥海山。

お昼過ぎに鶴岡を出て日本海沿いに新潟方面へ。
海から突き出したシルエットが特徴的な
「立岩」手前辺りに車を停め、ジョギングウェアに着替えて
本日のメインイベント「RUN & SPA」です。
気持ちのいいコースをジョギングして
締めを温泉でというのが「RUN & SPA」。
今日は天気も良く風もないので日本海を眺めながら
のんびりジョギングするにはいい日よりです。
d0067378_950164.jpg
d0067378_9503361.jpg

道の駅「しゃりん」の先、早田で折り返し。ここまでで約8km。
ちょっとへばってきました。
d0067378_9534917.jpg

温海温泉駅の辺りまで戻ってきてギブアップ。
ブタも無理しないで歩いていけば?と言ってくれてます。
ここで14km。あとは車を停めたところまで2kmほどてくてく歩いて帰りました。
d0067378_958302.png

GPSログのマップにあるグリーンの○は瞬間最速地点
赤の○が瞬間瞬間最低速地点です。
最速と最低速が往きと復りで
ほとんど同じ地点で出ているのがおもしろいです。

車に到着して、ジョギングシューズをぬごうとしたら
足をつりました。
気持ちいい疲れですが、体はへばっていたようで
後半は一気に温泉へ。
[PR]

by goldenmaple | 2012-04-28 23:19 | 山形便り
2012年 04月 25日
霞城公園でゼミの花見
d0067378_23364529.jpg

4月の初めは東京で花見のピークでした。
毎週、東北道を北上していると
少しずつ、桜前線が北上していくのが良く分かります。
今週はもうすでに福島、宮城あたりまで前線が上がってきました。
山形は多分、今週末ぐらいが開花のピークのようです。

で、ちょいと早めですが、ゼミ生たちと花見に行ってきました。
山形市内にもいくつか桜の名所がありますが
一番ポピュラーなのは、霞城公園の桜(多分)だと。
まだちょっと風が冷たく、桜の花も5分咲きくらいですが
夜桜を見ながら飲むビールは格別です。
桜の花は人の心をムラムラさせる不思議な力があります。
d0067378_23364179.jpg

でも、ちょっと早めの花見は小一時間もすると
ちょっと寒くて辛くなってきます。
場所を居酒屋に移して、本格的な飲み会へ。
今年度最初のゼミの飲み会は、お互い思いを
少しばかり探りながら、次第に弾けていきます。
[PR]

by goldenmaple | 2012-04-25 23:44 | 山形便り
2012年 04月 22日
城南島海浜公園でカニ釣りなり!
なんだかはっきりしない天気の日曜日。
9時に稲荷神社に集まった
ボーイスカウト世田谷第22団ビーバー隊。
今日はカブ隊と合同で「城南島海浜公園」へ行くのだ。

「城南島海浜公園」は羽田空港が目の前に見える
海沿いに作られた公園で人口浜もある。

いつもは電車を乗り継いででかけるけれど
今日は時間を節約して車でぶい〜ん。
10時過ぎには公園に到着した。
生憎の天気で肌寒いせいか、人出はぐんと少ない。
カブ隊は持参したドームテントを建て秘密基地作りに励んでいる。

ビーバー隊は早速「なぎさ浜」へ偵察に出向いた。
ここで重要な事を発見!
2年前にもカニ釣りをしていたけれど
その時とはなんとなく様子が違うのだ。
海面をじっと見るうちに、それが何か分かった。
海面が低い!
前回カニ釣りをした時よりもぐんと低いのだ。
低いと濡れた岩まで出て行かなくてはならず
こけが生えて濡れている岩はとても滑りやすくて危ない。
ビーバー隊やカブ隊では危なくてカニ釣りは無理だ。

原因は「潮」、つまり「干満潮」ですね。
しかも23日は「大潮」で干満潮の差は170cm近くで
ちょうどお昼前が干潮時に当たっていました。
満潮は夕方。
お昼ご飯を食べた後にカニ釣りが良いようです。

公園内を偵察して、お弁当のおにぎり(ビーバー弁当)を食べて
さて、1時過ぎ。いよいよカニ釣りだ!
d0067378_11502151.jpg
濡れていた岩も少し乾いて
さっきより滑らなくなっている。
それでも注意しながら、事前集会で作った竿のタコ糸に
特製生イカの身の餌を結び着ける。

するめやイカクンでもいいけど、この生イカに勝る物は無いのだ。
餌を放り込んで待つこと数分。
イカの匂いに誘われてカニが集まってくる。
隙間に持ち込まれないよう注意しながら広い場所に誘い出してくる。
ここのところがポイントだ。
d0067378_11502547.jpg
餌をハサミではさんだ状態のカニをそうっと持ち上げて
これも作ってきた特製ペットボトル製の「ビク」に入れる。
今日は潮のせいもあってなかなか渋いが
それでも1時間ほどの間に、一人が4匹ほどのカニを釣り上げた。
d0067378_11502922.jpg

大人も子供も夢中になって、時間があっと言う間に過ぎていく。
d0067378_11503776.jpg

最後にカニを浜の波打ち際から海へ戻してやる。
きっと逃がしたカニ達はいづれ大きなズワイガニになって
「あの時はありがとうございました」と
お礼に来るに違いない。これが「カニの恩返し」だ。

3時過ぎには雨がぽつりぽつり。
ちょうど帰る時間になって、公園を後にした。
今日も怪我もなく無事、楽しんでこれました。
稲荷神社に帰り着いて、終わりのセレモニーをして解散。

また今度ね〜!
[PR]

by goldenmaple | 2012-04-22 23:49 | boyscout
2012年 04月 04日
損料屋喜八郎始末控え〜深川界隈を散歩する。
昼過ぎ桜新町駅前のカフェに入ってお茶にする。
ここのところ読みふけっている山本一力の小説を読む。
今日は先週読んだ「粗茶を一服」と同じ
「損料屋喜八朗始末控え」シリーズの「赤絵の桜」。
これも前作と同様に深川界隈が舞台となっている。

山本一力自身も十数年まえから深川に居を構えている。
読んでいるうちに小説の舞台を実際に歩いてみたくなった。
最寄り駅は東西線の「門前仲町」。
桜新町からは半蔵門経由で九段下で東西線に乗り換え。
およそ40分弱で着く。
一度家に帰りNiconのミラーレスNicon 1を持って電車に乗った。

15時半に門前仲町に到着。
春の日差しは柔らかく古い商店街を通り抜けると心が弾んでくる。
ほどなく「富岡八幡宮」に着いた。
d0067378_2094833.jpg

その昔、豪商紀伊国屋が3基の神輿を寄進した。
これは関東大震災時に全て消失してしまったらしいが
現在は佐川急便社長の佐川氏が寄進したものが展示されている。
d0067378_2010115.jpg

次に富岡町の北にある冬木町へ。
ここは「まねき通り十二景」の舞台。
話の中の「まねき通り」は現在の「葛西橋通り」か。
d0067378_20102183.jpg

通りにある弁財天も話しに出てくる。
d0067378_20101549.jpg

冬木町の北側には「仙台堀川」が流れている。
この川は仙台藩が川幅を拡げ、深掘りした水路で
今にその名を残している。
d0067378_20103164.jpg
仙台堀に架かる橋は何本もあるが
良く名前が挙がるのはこの「亀久橋」だ。
d0067378_20102589.jpg
当時は総杉材で架けられた橋で
隣の木場の材木商が自費で架けた橋という。
今は鉄骨造りの橋になっている。
d0067378_20104274.jpg

仙台堀沿いは清澄まで遊歩道になっている。
桜の樹が続いていた。まだ3〜5分咲というところか。
d0067378_20104667.jpg

のんびり歩いても20分ほどで清澄公園に着く。
d0067378_20105016.jpg
ここからは半蔵門線で桜新町まで直通。
1時間ほどの250年前にタイムスリップした散歩。
[PR]

by goldenmaple | 2012-04-04 20:36 | 日々の生活