<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年 03月 29日
うほーぃ。5ヶ月ぶりだ!
ぽかぽか天気に誘われて
多摩川サイクリングロードへ。
日中、16℃ぐらいまで上がると言われ
久しぶりにロードバイクで走ってきた。

桜にはまだ早くまわりの景色は
枯れ草色の方が勝ってはいるけれど
優しい日の光に包まれていると
気分はすっかり春になっている。

自宅から30kmほど行った「くじら公園」手前で折り返し。
d0067378_23453870.jpg

遠くにまだ半分以上白装束の富士山が薄く見える。

復路はいつもの川下から吹き付ける風に押されて
よろよろと走る。
図書館へ行ったり、買い物へ行ったりと
ロードには乗っていたけれど
かたまって距離を走るのは5ヶ月ぶりぐらいで
走っているだけで楽しい。

何をすることもなく
毎日、だらりだらりと春休みを過ごしていると
なんだかぷーたろうのようで
肩身が狭くなってきた。

●本日の走行距離:60km
[PR]

by goldenmaple | 2012-03-29 23:45 | サイクリング
2012年 03月 28日
「まねき通り 十二景」山本一力
d0067378_1448364.jpg
時代小説は藤沢周平が好きで随分読んでいたけど
ここのところ2年ほどご無沙汰だった。
先週、図書館で山本一力の「粗茶を一服」を借りて読んだ。
これがおもしろく、すっかりはまってしまった。
今回は「まねき通り 十二景」 山本一力
中央公論社 2009年 275P 
ISBN978-4-12-004084-9  ¥1,500+税

江戸は深川の冬木町
まねき通りに面する商家や裏店の住人が織りなす話が
12編の短編で書かれている。
山本一力の時代小説はまだ2冊目だからなんとも言えないけど
市井の話に悪人が出てこない。
真面目で、優しく情に厚い。
近頃とんと涙腺がゆるんでしまった中年男は
一つ一つの短編を読む度に目をうるませてしまう。
d0067378_1448409.png

ちなみに深川の冬木町は
マピオンで調べたら、まだ実在の町で
富岡八幡宮の横にあった。
冬木町にそって流れる川が本の中に出てくる「仙台堀」か。
先日読んだ「粗茶を一服」も深川の話だった。
[PR]

by goldenmaple | 2012-03-28 15:00 | 今日の読書