<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年 03月 21日
卒業式だった日。
本来ならば
そしてあの大震災が無かったならば
今日は大学の卒業式だった。
今頃の時間は謝恩会が終わり
学科単位の2次会会場へ移動している時間だ。

が、卒業式は行われず
5月下旬に延期となった。
もちろん、就職した学生は
全員が参加できるとは限らないから
本来の卒業式とはやっぱり違うものだ。

大学では明日から数日間、学位記を事務局で
卒業生たちに手渡しすることとなった。
郵送とせず
少しでも卒業を祝う気持ちを
伝えたいからだ。

所属する学科の教員達とネット上で話し合い
その期間に合わせ、学生一人一人に
教員・スタッフのメッセージを渡すことにした。
学科がまだコースであった時に入学した学生達だから
全員で30数名。
一人一人にお祝いのメッセージを書いた。

普段であれば式典の後、学科単位で学位記を
一人一人の卒業生に手渡していたはずだ。
今回、それは叶わず後日、学科ブログに
受け取った学生の写真が載ることになった。
それも全員が受け取ることはできない。
場所によっては山形の大学まで
足を運ぶことができない
学生もいる。

教員・スタッフが贈ったメッセージが
新しく旅立つ学生達に少しでも
励ましになればと思う。

今日の世田谷は雨。
午後、家に居ても電気を使うだけなので(笑)
八雲の図書館まで徒歩ででかける。
片道4kmの道のりをのんびり歩き
本を数冊借りる。
その後、ジムで2時間半たっぷり汗を流す。
帰りは再び4km歩いて帰宅。

帰宅後、体重を測ったら
半日で1.5kgも落ちていた。
車を使わず自分の体を使えってことだね。
[PR]

by goldenmaple | 2011-03-21 18:05 | 日々の生活
2011年 03月 18日
少しずつできることを。
今朝も東京の冷え込みは強かったが
それでも東北地方と比べると
春のようだ。

白い息を吐きながら馬事公苑周りを
5周して帰宅。8.27km。

今日の午後は下北沢のクリニックで血液検査。
中性脂肪の値を検査するため、20時間前から絶食する。
ちょっと遠いが徒歩ででかける。
片道7km弱。
検査は1時間ほどで終わる。
下北沢のよだれが出そうな店々を見ないようにして
家まで再び歩く。
途中からかなり元気が無くなってきたので
缶コーヒーを1本、飲む。

へろへろになりながら、被災地の事を考える。
被災地に居る人々は
飢えと蓄積された疲労と寒さに苦しんでいる。
早く暖かな日が来ると良いのだけど。

大学も震災後のイベントが相次いで中止・延期になった。
21日に予定されていた卒業式は4月以降に延期。
4月10日の入学式は4月24日に。

まだ山形までの移動は完全ではないけれど
今日、東北道は宇都宮までが開通したようだ。
今はガソリンが手に入らず、また山形で給油も無理なので
車で動くことはできないが、それも近いうちに可能になるに違いない。
山形市内は雪が積もっている。

大学では「引っ越しプロジェクト」がスタートした。
卒業を間近に控えた学生達の多くは引っ越しが必要なのに
肝心の移送手段がない。
トラックが動かない。
アパートが空かなければ、4月から新規に入居してくる
1年生のための部屋もないのだ。
手伝いには行けないが、頑張って欲しい。

卒業生ではないが、学生が友人達の協力の下
「リヤカー」で引っ越ししたのをTwitterで知った。
そうだよ。
昔は同じ市内ならそうやって引っ越ししたものだ。
今、リヤカーを見られるのは
車が近くまで入ることのできないキャンプ場くらいか?

ボーイスカウトの世田谷地区でも募金と援助物資の
プロジェクトがスタートした。
わが団でも明日、緊急会議を開いて考えるようだ。
少しずつできることを考え、
できる範囲で実践していきたいものだ。
[PR]

by goldenmaple | 2011-03-18 20:30 | ひとり言
2011年 03月 15日
母を送る。
昨日の通夜、そして今日の葬儀と
ばたばたした毎日だったが無事、母を送り終わった。
年に三度しか顔を出さない不肖の息子であるから
いろいろ世話を焼いていただいた町内の人々や
母を任せっぱなしにしていた姉の助けを借りて
どうにか終わった。

大学院に進学する息子や
3年生になる網走娘の学費で青息吐息の我が家には
降って湧いたような急な出費は痛いが
帰るべき懐かしい家に
もう誰も迎えてくれる人が居なくなったのは寂しい限りだ。

東農大オホーツクキャンパスで17日にある
卒業式で吹奏楽部として演奏しなければならない娘のため
奥さん、息子の3人は一足先に東京へ向かった。
葬儀関係の清算が残っているので
明日一杯は福井に1人で居る。

学科の全学生の安否確認が完了した。
ゼミの卒業生もみんな無事だった。
なによりだ。

後期入試に続いて21日に予定されていた卒業式が
延期と決定された。
移動手段が確保されていない事を考えると
致し方ない。

早く皆が落ち着いて明日を考えられる日が来るといいね。
[PR]

by goldenmaple | 2011-03-15 19:24 | ひとり言
2011年 03月 13日
母、逝く。
11日に入院している母を見舞った。
経口食をちゃんととらなくなってしまい
日に日に栄養状態が悪くなるので「胃瘻」の
処置を取るか否かを、主治医と相談した。

やはり胃瘻をしましょうと結論を出して
翌日の朝、東京へ向かった。
夕方に帰宅。
夜10時過ぎに姉から電話。
病院から連絡で母が心肺停止状態だと。
姉が母のもとに駆けつけた時には既に逝った後だった。
急遽、家族と共に再び福井へ。
網走に居る娘も飛行機と新幹線で後を追う。

9年前の3月11日に父が亡くなった。
そして昨日の12日に母が逝った。
父の時も見舞った翌日の朝だった。
何か不思議なものを感じてしまう。

明日、通夜。明後日に葬儀。

Twitterで続々と学生達の安否確認が進められる。
数人を残して全学年の安否確認が終わった。
宮城の避難所に居る学生にはTwitter経由で
有用な情報が届けられている。

ゼミの学生の無事と現在位置が分かってホッとする。
山形はライフラインもほぼ復旧したようだ。
が、交通機関、ガソリンなど移動手段は殆ど絶たれている。
暖かくして気を楽にしていてくれればとせつに思う。
[PR]

by goldenmaple | 2011-03-13 22:40 | ひとり言
2011年 03月 12日
長い1日
11日の東日本大震災が起きた時
父の法事で福井に居た。
ちょうど、午前中に法事が終わって
雪模様の中、走りたくてジムがある
健康ランドへ行って汗を流していた時だ。

山形の大学には仙台から来ている学生が沢山いる。
Twitterで逐一入ってくる情報で
徐々に学生達の無事が分かってきて、一安心。
春休みで実家に戻っている学生もいるから
山形の被害がそれほどでもなくても
安心が出来ない。

甚大な被害があった気仙沼には
気仙沼ホルモン」を食べに行ったことがある。
あの時見たのんびりした港町の面影は
燃えさかる炎に消えてしまっていた。

相馬市からの太平洋岸は
わずか半年前にツーリングで走ったばかりだ。
180度以上、みわたす限りの海原が
今回は牙をむいて街を飲み込んだ。
海辺ぎりぎりに建つ家々はどうなったのか?
あの時見た風景を思い、胸が痛む。

12日の朝、福井を出て
北陸道、信越道、関越道で帰京。
信越道を走行中、兵庫県の救難隊と遭遇する。
d0067378_1839253.jpg
消防車、救急車、給水車の車列が延々と続く。
救難隊は途中、松代PAに休息に入った。
神戸市、尼崎市、加西市、三田市などから参加しているようだ。
名神、北陸道、信越道と回ってきたのだろう。
600km以上走って、更にこれから500km以上走っていくのだろう。
16年前の「神戸・淡路大震災」での援助のお返しとして
駆けつけてきたのか。
その意気込みに頭が下がる思いだ。
頑張れと心の中で叫ぶ。

副手が学生達の安否を確認してくれたようで
ひとまず安心。
研究室のうず高く積まれたがらくたはどうなっているか?

来週半ばに始まる後期一般入試は予定どおり行われるのか?
長い1日が終わる。
[PR]

by goldenmaple | 2011-03-12 18:47 | 日々の生活