<   2010年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2010年 12月 31日
寅年もいよいよ大晦日
12月31日。
寅年もいよいよ最後の1日となってしまった。
d0067378_16525632.jpg
お昼ご飯を食べてから、今年最後のジョギングに出かけた。
馬事公苑を2周して自宅へ戻るコースで4.0km。
15時からボーイスカウトの「かがり火奉仕」の準備。
稲荷神社の境内にマーキーとかがり火用のカゴを設置する。

てくてくと桜新町商店街を歩いて帰る。
師走も大詰め。
買い物袋を下げた人々がせわしげに歩いていた。
見上げると夕焼けに染まった雲。
数日前に北八ヶ岳の双子池ヒュッテで見上げた空は
雪の舞う寒空だったけど、世田谷は暖かい。

12月の山形は雨降りが多く、自転車にはあまり乗れず
ジョギングの方が多かった。

●12月のエキササイズ
・ジョギング 月間総距離:94.55km  日平均:3.05km
・バイシクル 月間総距離:182km   日平均:5.87km
・歩数    月間総歩数:334,087歩 日平均:10,777歩
月間総移動距離:543km

11月よりは若干少なくなった。
歩数は平均1万歩を越えたので良しとする。
ジョギングで月間100km、バイクで300kmを越えられるといいな。

今日はこれから「年越しそば」を食べて
家族(全員揃っての年越しは何年ぶりか)で「紅白」を観て
23時になったら「かがり火」奉仕に出かける。
[PR]

by goldenmaple | 2010-12-31 17:07 | 日々の生活
2010年 12月 30日
晦日の駒沢公園でジョギング
一昨日の夜、北八ヶ岳から帰って来てから
体の節々がこわばっているようで
昨日は馬事公苑周りを3kmほどジョギングしてきた。

今日も午前中、駒沢公園まで。
晦日の今日は駒沢公園のジョガーの数も
さすがに少なく、閑散としていた。
みんな大掃除に忙しいんだろうな。
自宅から駒沢公園、ジョギングコースを2周。
また自宅まで走って、8.3km。

家に帰り着く頃には汗がしたたり落ちてきた。
今年もあと2日で終わり。
まだ年賀状も作っていないのに
あれよあれよと1年が過ぎ去ってしまった。

夏以降、突如思い立ったシェイプアップは
ここのところ少し停滞気味。
体重はほとんど変化ないが
体脂肪率は順調に落ちているのがなぐさめ。
お正月もまじめに走ろうね。
[PR]

by goldenmaple | 2010-12-30 13:41 | エキササイズ
2010年 12月 29日
北八ヶ岳・雪にまみれてひぃこらひぃこら | その3
d0067378_1554351.jpg
d0067378_15531987.jpg
12月28日(火)北八ヶ岳2日目

今朝の日の出は7時前。
事前の天気予報(茅野地方)では曇り時々雪。
7時過ぎに起きてみたら、快晴。
大岳の上に白い月が光っていた。
風もなく、腹の底から力が湧いてくるようないい天気だ。
d0067378_15531659.jpg
昨晩、寝る前に考えた亀甲池経由で今日下山する計画を
やはり予定通り白駒池のサイト地まで行くことに戻すか?
そんな考えも浮かんだけれど
装備不足で来てしまった今回は
大人しく尻尾を巻いて下山することにする。
この先の積雪状態がどうなっているか、検討もつかない。
今日天気はもっても明日、降雪があれば
ますます身動きできなくなってくる可能性もある。
好天の間に北横岳までたどり着けば後はすぐだ。

テント内でザックに荷物を詰め込む。
お湯を沸かしてインスタントカフェオレを作り
テルモスに詰める。
登山靴を履いて、身支度を調えテントを這い出る。
テントの中は呼気が含む水蒸気が霜になって真っ白だ。
ばさばさやってテント内の霜を落としてたたむ。
d0067378_15532980.jpg
さぁ、また今日もトレースのない真っ白な路を歩いていく。
8時半に撤収を済ませて、亀甲池へ向けて出発した。
d0067378_15533639.jpg
d0067378_1553433.jpg
双子池(雌池)は凍結している。無雪期はこの雌池湖畔がサイト指定地だ。
以前、何度かここに幕営したことがある。
一番最初に北八にやって来た時は11月だったけど
吹雪の中でテントを張ったことを思い出した。
双子池の真ん中を歩いて渡る。
池の端で吹きだまりにはまり込んで、早くも雪だらけになった。

木々についた赤い目印とハンディGPSでコースを確認しながら進む。
積雪はところどころで腰まである。
一歩一歩、雪にエネルギーを吸い取られる感じだ。
10歩進んで30秒ほど休む。
10時過ぎに亀甲池着。
d0067378_1553482.jpg
天気は快晴が続く。風もほとんど無い。
昨日、北横岳山頂ではガスっていてほどんど眺望は無かったが
今頃、360°のパノラマが拡がっているんだろう。
ここでザックを降ろし、休憩。
テルモスの暖かなカフェオレを飲む。
気温は-5℃。
日差しがぽかぽかと暖かい。
おもわず昼寝をしたくなるが、今日はこれからが長い。
d0067378_15535226.jpg
亀甲池から取りあえずの目的地である北横岳を見上げる。
青空にその勇姿が映える。
チーズをかじる。チョコもかじる。
水は500ccほどある。
20分ほど休憩して出発。

全くトレースが無い急坂をあえぎあえぎ登る。
亀甲池の標高が2,040m。
目指す北横岳は2,480m。
440m登らなければ今日中におうちには帰れない。
ピタラスロープウェイの最終便は16:00に出る。
従って北横岳には遅くても15時すぎには到着しないと
極寒のピタラス山頂駅舎でまた一晩過ごさないといけない。

深い雪に足を取られながらGPSで進路を修正して進む。
最初の1時間で登った標高は100m。
GPSは常に4つ以上の衛星を捕捉しているので3Dモードになっている。
したがって標高もかなり正確に表示されているはずだ。
このペースで登っていくと4.5時間近くかかることになる。
11時前に亀甲池を出てきたから、北横岳山頂には15時過ぎになる。
時間的にはぎりぎりだ。

登っている時間とひいひい言って休んでいる時間がほぼ同じ。
積雪は概ね膝が隠れるくらいで、傾斜も急なため
スノーシューを着けていたとしても、かなりつらいだろう。

途中で水も飲み干し、行動食のナッツ&レーズンをほおばって
カロリー補給をする。
こんな所でハンガーノックになってしまったら大変だ。
10分おきぐらいにGPSをチェックして
稼いできた標高を確認しては、
思ったほど登っていない事にがっくりする。

お昼頃までは青空がのぞいていたけれど
曇ってきた。曇ってくると急に寒さを感じる。
パーカーに付けた温度計は-10℃を示していた。

15時15分。北横岳山頂着。
風が強く、横殴りに雪が飛んできた。
登ってきた亀甲池の方はガスがかかって視認できず。
急いで北横岳ヒュッテ方向へ進む。

北横岳ヒュッテの前を通り過ぎようとした時、
小屋のおじさんが
「これからどこまで?」と聞いてきた。
「ピタラスまで」と答えると
「最終便まであと25分くらいだよ。」
知ってはいたけど
「ぎょえ〜」と応える。
「一人なら急げばまにあうよ!」と言ってくれる。

ころばない程度に小走りに坪庭に向かって駆け下りる。
露出した岩や木道は慎重に。
こんなところで滑って怪我をしたんじゃ
今日の辛い辛い登りが無駄になる。

遠くにピタラスの山頂駅が見えて来た。
のこり時間は15分ほど。
本当に間に合うのだろうかと焦ってくる。
20kgのザックのことも忘れて駆け上る。

あと数分で駅に着こうかというとき
駅舎の前におじさんが待っているのが見えて来た。
どうやら間に合いそうだ。
16時5分前に到着。
夫婦らしき登山者が一組。
お客を3人載せてゴンドラが降りてゆく。
7分でピタラス駅に到着。
-15℃の吹雪の中、小走りで30分ほど、すっかり汗だくになった。

レストランでソフトクリームを食べる。
うまい!
下に着いたら熱いコーヒーを飲もうとずっと思っていた。
でも、頼んだのは冷たいソフトクリームだった。

駐車場に停めた車に戻ってザックを詰め込む。
ザックを降ろすまでは気がつかなかったけれど
体中の筋肉がこわばっているようだ。
腰も痛い。
亀甲池から北横岳山頂まで4時間ちょっと。
あの登りが効いたようだ。

茅野市街までの長い下り坂を慎重に走って
駅前のレストランに着いた時には
雪が本格的に降り出した。

寒さはまったく平気だった。
夜も問題なく熟睡できた。
が、年末の北八ヶ岳の積雪量を完全になめてました。
スノーシューは必携だ。
深く反省。
ハンディGPSはとても有効。
持参したのはGARMINのGPSmap 60CSxだが
空も見えない樹林地帯でも半径20mくらいの誤差で
位置を確認できた。

●今回の北八ヶ岳山行の記録
積算距離: 16.46km 
積算歩行時間: 7時間28分 移動平均速度:2.2km
総上昇量:2,310m 最大上昇率:568m
[PR]

by goldenmaple | 2010-12-29 16:48 | アウトドア
2010年 12月 28日
北八ヶ岳・雪にまみれてひぃこらひぃこら | その2
当初の計画は
1日目 ピタラス山頂駅→北横岳→双子池幕営
2日目 双子池→雨池→麦草ヒュッテ→白駒池幕営
3日目 白駒池→麦草峠→縞枯山→ピタラス
というものだった。

暖かいシュラフに潜り込んで、一服しながら考えた。
今回、必需品のスノーシューを持って来ていない。
積雪が50cm以上だとかなり行動に時間がかかる。
これで降雪があれば、より大変になるなぁ。

コースをいろいろ考えて
明日は亀甲池経由で北横岳、ピタラスへ戻ろう。
亀甲池から北横岳のコースもかなりの急坂。
が、一歩一歩登っていけば大丈夫だ。
と、2泊3日を1日短縮して戻ることにした。
距離的に一番短そうなコースがいいと判断して
眠りについた。

翌日に地獄を味わうことも知らずに…。
[PR]

by goldenmaple | 2010-12-28 12:56 | アウトドア
2010年 12月 28日
北八ヶ岳・雪にまみれてひぃこらひぃこら | その1
26日の夜、網走から飛んできた娘を羽田に迎え
帰宅したその足で車を中央高速へ乗せた。
目指すは茅野市のビーナスラインの先にある
ピタラスロープウェイ。
冬の北八ヶ岳を楽しんで来ようという計画だ。
d0067378_12223310.jpg

午前3時にロープウェイ駅の駐車場着。
シュラフにくるまって仮眠。

5時間ほど寝て、翌朝8時半に目が覚めた。
d0067378_1211439.jpg
車の温度計は外気温が-10℃、車内気温が-4.7℃を指していた。
簡単に朝食を食べ、ナルゲンのボトルに水を1L詰める。
身支度を済ませて、10時発のロープウェイで山頂駅に到着。
ロープウェイは往復で大人1,800円。
ウェブのクーポン使用で割引されて1,620円。
始発は9:00、最終は16:00。

山頂の気温は-15℃。
10m近い風が吹いているから、体感温度は-20℃を超えているか。
耳が直接外気に晒されないようフードをかぶる。
坪庭を越えて、まずは北横岳を目指す。
d0067378_1220768.jpg
稜線付近の積雪は強風に飛ばされ30cmほどか。
天候は曇り。時々、晴れ間がのぞく。
1時間ほどで北横岳ヒュッテ前を通過。
3人ほどの登山者とすれ違った。
12時過ぎに北横岳山頂(2,480m)に到着した。
d0067378_12205992.jpg
風が強く1分もじっとして居られず
ハンディGPSで先のルートを確認すると大岳(2,381m)方面へ進む。
大岳を左にまくようにして双子池へ降りるルートだ。
d0067378_12211815.jpg
ここから先にはトレースがなく、ここ最近、誰も通っていないようだった。

今回、うっかりスノーシューを忘れて来ていた。
まだ北八の積雪はそれほどでもないだろうと
少々、なめていた。
このおかげでとんでもなく辛い思いをすることになった。

双子池へ降りるルートはかなりの急坂だ。
概ね樹林帯を突き進むが
ところどころ、大きな岩がごろごろしたような場所がある。
これがやっかいだ。
雪が中途半端に積もっているので
岩と岩の隙間が分からない。
ここに体がはまってしまうとやっかいだ。
ひどい時には胸のあたりまでずっぼりとはまり込んでしまう。
20kg近いザックを背負って、体をずりあげるのに10分以上つかった。
積雪は30〜50cm程度だけど、吹きだまりには1m近くあって
これにはまると抜け出すのにまた時間とエネルギーを消費する。
岩場も多く、スノーシューがあっても頻繁に着脱が必要だった。

そんなこんなで無雪期なら1時間半ほどのコースに3時間以上かかった。
15時半、冬季で営業を休んでいる双子池ヒュッテに到着。
d0067378_1222156.jpg
見上げると今、ふうふう言いながら降りてきた大岳が見える。
後半は深い雪を泳ぐように降りてきた。
風を防ぐためにヒュッテ横にテントを張る。
ペグを打ち込む場所がないため、張り綱を木枠に固定。

フリースのインナーシュラフを
モンベルU.L.スーパースパイラルダウンハガー#1に入れて
シュラフカバーをかけてベッド作りは完了。
取りあえず、お湯を沸かしてインスタントのカフェオレを一杯。
3時間ちょっとの下りが相当体に効いたようでどっと疲れた。

ここでまた忘れ物発覚!
武器を一式忘れて来ていた。
冬山を完全になめているなぁ。
木の枝を削って箸を作ろうとも思ったけど
また靴を履いてスパッツ着けて、外に出るのも億劫だ。
行動食のチーズとナッツ&レーズンのセットを食べる。
1パックで600kcalで事前に作ってきたものだ。

風もかなり強く、時々テントが大きく揺れる。
テントにテンションがかかってない分、揺れが大きい。
テント内で湯気をあまり上げたくないから
お湯もあまり作りたくないから
まぁ、これで良しとする。
チョコレート、ソーセージとそのまま食べられるもので
必要なカロリーを摂る。
空腹だと夜、寒くて眠れなくなるのは何度も経験した。

テント内の気温は-5〜10℃ほど。
寒さはあまり感じない。
[PR]

by goldenmaple | 2010-12-28 12:09 | アウトドア
2010年 12月 26日
今夜、網走より娘が帰省
2010年も残り1週間を切った。
網走娘も、今夜羽田に着く。
父は娘を迎えて、その後、北八ヶ岳へ。
2泊3日でのんびり雪に戯れてこようという計画だ。

スノーシューを研究室に
忘れて来てしまったのが残念だけど
今年はあまり雪の量は多くないようだ。
明日、27日は晴れのち曇り。
28日は曇り時々雪。29日は曇り後雪。
あくまでも麓の天気だから
山の上は分からないが
1日中雪というわけではないらしい。

ピッケルは悩んだ末に置いていく。
代わりにストックを2本。
気温は多分-10〜15℃程度か。
風が強いと気温だってあてにならない。
防寒対策とレイヤードをちゃんと考えないとね。
[PR]

by goldenmaple | 2010-12-26 17:24 | 日々の生活
2010年 12月 25日
八雲ジムへ。
北陸、東北地方は荒れ模様の天気。
きっと山形も雪に埋もれているに違いない。
戻って来た東京は、おかげで冬晴れの天気。

今週は月曜日に馬見ヶ崎の河川敷をジョギングして以来
忙しさと雨降りで体を動かすことができなかったので
今日は久しぶりに八雲体育館のジムへ。
最近はジョギングに行くことが多くなったので
10月頃は月に10回ほども行っていたのだけど
今月は4回目。

いつものようにロードに乗って
まずはお正月用に目黒図書館で本を借りる。
ジムへ行き、
エアロバイクで10分、ウォーミングアップ。
マシンで3セット、筋トレ。
その後、トレッドミルで3km走ってから
再びエアロバイクで40分、15km汗を流す。

明日は網走から娘も帰って来る。
父はその日の夜に八ヶ岳へ。
明後日の朝から北八へ2日ほどこもってくる予定。
[PR]

by goldenmaple | 2010-12-25 16:34 | エキササイズ
2010年 12月 24日
仕事納め。
今日の山形は冷たい雨降りでした。
今日は学科4年生の卒制最終プレゼンでした。
午前10時からスタートしたプレゼンは
途中、昼食を挟んで17時半に終了しました。

それから教員スタッフが集まり、
合否判定をしました。
まだ力を出し切っていない作品が大半です。
まだまだやれるはずの学生が大半です。
いろいろ不満はありますが、
ひとまず、お疲れ様でした。

その後、教員スタッフは今年を忘れるための
飲み会をしました。
ちょっと疲れ切っている面々でしたが
酒が入るにつれて、いろいろ言いたい放題
最後は来年も頑張って行こうという
気力が沸いてお開きとなりました。

山形の冷たい雨に濡れながら
研究室へ戻り
明日の朝、ゼミ生を集めて話すことを考えました。
今日の次に明日が来るのは、大晦日から元日も変わりはないけれど
やはり締めくくりは締めくくり。

今年1年、頑張ってこれましたか?
[PR]

by goldenmaple | 2010-12-24 02:07 | 山形便り
2010年 12月 21日
卒制、大詰め
今週の天皇誕生日の祝日、23日は
4年生の卒業制作、最終プレゼン。
したがって、今日も4年生はひいひい言いながら
最後の詰めに入っている。

昨日も夜中まで制作していたし
個人ゼミも23時過ぎまで続いていた。

今日は7時過ぎから非常勤の先生と
一杯、やる約束があるのだけど
10時前には研究室に戻ってきて出力のチェックが待っている。
6月から続いてきた卒制だけど
今日、明日が最後の「あがき」だ。

でも、自分の作品にとことんこだわりを持って
どれだけ「あがける」か、がクオリティをアップすることになる。
[PR]

by goldenmaple | 2010-12-21 18:11 | 山形便り
2010年 12月 20日
ジョギング+銭湯
ゼミ生は夕方以降がお望みのようなので
午後から馬見ヶ崎河川敷をジョギングすることにした。
ウエアを着替え、ジョギングシューズに履き替え
車で河川敷まで。
午後からは晴れ間も出て気持ちのいい天気だ。
d0067378_17515719.jpg
河川敷の芝生の上を走る。
いつものアスファルトとは違って、膝に優しい感じだ。
ところどころにアップダウンはあるが
せせらぎを聞きながら走るのは気持ちがいい。

先週は天気が悪かったり忙しかったりで
まるっきり走ることができず
すっかり体がなまってしまったと思っていたが
走り出してみたら、案外体が軽い。
先々週がオーバーワーク気味だったから
いい休養になったようだ。

上流に向かって左岸を走り、河川敷のルートが無くなる
「唐松橋」で右岸へ。
再び河川敷に降りて走る。
80分ほど走って車を停めた場所へ帰る。
11.5km。時速8.6km。

汗ばんだ体で銭湯へ。
熱いお湯に浸かると疲れが飛ぶようだ。
サウナで汗をもう一度流す。

17時に大学へ戻り、ゼミ。

●本日のジョギング 11.5km・80分
[PR]

by goldenmaple | 2010-12-20 17:58 | 山形便り