<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 31日
今夜は西蔵王でキャンプのはずだったけど…
そう、今夜は満天の星空の下、学生たちと
西蔵王公園のキャンプ場でたき火を囲んでのはずでした。

が、今は東京の自宅です。
事は土曜日の午後までさかのぼります。
土曜日は午前中、蔵王温泉の「天神の湯」へ行き、一風呂浴びました。
疲れも取れ、気持ちを一新して午後からは学科のイベントである
「G1グランプリ」の最終プレゼンへ。

「G1グランプリ」とは昨年からやっている学科のイベントで
1年生から4年生までがチームを作り、与えられた課題をこなす
グループワークのコンペです。
1チーム6人で、全部で30数チームが参加。
書類選考で12チームに絞りこんで、土曜日の最終プレゼンに臨むわけです。
今年のお題は「山形のおみやげ」。
なかなかおもしろい企画がいっぱい。たのしい数時間でした。
1時から始まったグランプリは4時に終了。

4時からは会議室で「高校美術教員との意見交換会」に出席。
翌日の日曜日にオープンキャンパスがあり、受験者を増やすために
高校の美術担当教員と意見交換を行う会議に出たわけです。
4時から6時までの会議のあと、
6時からは場所を市内のホテルに移しての交歓会の予定でした。

異変は会議が始まって1時間ほどで始まりました。
なんだか目がしょぼしょぼしてきて、眠いのかなと。
次第に書類に焦点が合わなくなってきます。
そのうちに書類がぐるぐる回り出しました。
いわゆる「目眩(めまい)」です。
ぐるん、ぐるんと言うくらいに目が回り出しました。
最初、掛けている近眼のめがねが原因かと思い、めがねをはずす。
状況は変化なし。
目をつぶってみる。
目をつぶっても、ぐるん、ぐるん、目が回ります。
その内に、冷や汗がものすごい勢いで出てきました。
ちょっと肌寒いくらいの日で、僕一人だけタオルハンカチで顔を拭く。
とうとう額から汗が机にしたたり落ちるほど、発汗してきました。

もう、両手で頭を支えているのも無理なほど
体全体が回っているような感覚になってきました。
会議が終了して、参加者が部屋を出ていく時、
最後の力を振り絞って、同じ学科の先生に手を振って合図を送ります。
「体調が悪いので…」
そのあとは声になりません。
「横になります…」
支えられて床に横にしてもらいます。

学科の先生や周りの先生が心配して、いろいろ声を掛けてくれます。
「救急車を呼びましたから」
「あ、すみません…」
10分くらい会議室の床に横になっていました。
救急隊員が来て、ストレッチャーを椅子状にしたものに
支えられながらどうにか移動。
ここで頭を動かしたため、強い吐き気が起き、ビニール袋に嘔吐。
エレベータで1階へ。ここでストレッチャーを伸ばしてそのまま救急車へ。

山大医学部へ連絡がつき、救急車はそこへ向かいます。
学科のB先生と副手のKくんが同乗。
車が大きくカーブを切る度に吐き気が…。
車中、瞳孔に光を当てられたり、血圧、脈を取られたりで
数日前にGYAOで観ていた「ER」を思い出しました。

山大医学部の「ER」に着いてからは
CTスキャンをして、まずは脳出血や脳梗塞のチェック。
CTルームへ運ばれたあと、また嘔吐。
CTの結果、まずは脳の障害ではないようです。
で、これは耳関係だろうということで、
脳外科から耳鼻科へバトンタッチ。

水中めがねみたいのを顔にかぶせられて「眼振」のチェック。
吐き気止めの点滴。
血液を取られ検査。
耳鼻科の担当医が言うには
「三半規管に繋がっている前庭神経の炎症か、
前庭神経への血流が滞っているせいで目眩が起こっている」らしい。
とりあえず、命にかかわる症状ではないということ。

念のため入院ということになった。
個室しか空きがないとのことで「差額が1日8千円ですが、いいですか?」って。
こんな時、そんな相談されてもうなづくしかないよなぁ

大学の事務局長のSさんと総務課長のAさんもかけつける。
救急車に同乗してきたB先生とK副手もいる。
あぁ、みんなに心配かけてしまったなぁ…。
なんだかそっちの方が気になって、気持ちがブルーになる。
東京の奥さんにも連絡が行ったようで、最終の新幹線で駆けつけるそうだ。

11時過ぎに奥さん、病室へ到着。
その頃には吐き気も収まり、まだ軽い目眩は残るものの
気持ちは随分と落ち着いた。
点滴に睡眠導入剤が入っているせいで、とても眠い。
奥さんは大学が取ってくれた市内のホテルに投宿。

翌、日曜日。朝の6時に看護婦さんに起こされた。
ベッドの中の格好は救急車で運ばれたままのジーンズとシャツ。
きれいな看護婦さんだった。
朝食を食べた後、担当医の診察。
まだ「眼振」は少し残っているようだ。
でも、気持ち悪さはほとんど無くなった。
「退院できますか?」
「今後、通院して治療できるので、退院してもOK」
と言われ、お昼ご飯を食べて退院することに。
お昼のメニューは「鳥の卵とじ」と「青菜のおしたし」、「味噌汁」。

1時過ぎに退院。奥さんと二人でタクシーで大学へ。
研究室から学科長のN先生に連絡。
ひとまず新幹線で東京に戻ることを伝える。
研究室にゼミ生の伊達ちゃんが来る。
4時前の新幹線に乗り、自宅に8時前に到着。

みんなに心配をかけてしまった。
救急車に乗ったのも初めてなら、入院も初めて。
2日経った今日、もう目眩の症状は全くなくなった。
処方された薬は「セファドール錠」と「アデホス顆粒」。
どちらも血流を良くしたり、平衡感覚に関わる神経の働きを良くするもの。

キャンプ、今日がいい天気だっただけに「惜しかったなぁ」
タイミングが悪いというのは、こういうことです。
何かの罰が当たったのかなぁ。
[PR]

by goldenmaple | 2010-05-31 22:47 | 日々の生活
2010年 05月 25日
山形の夜は雨
夕方まで割といい天気だった山形は
夜になって強い雨が降り出しました。

今週末にオープンキャンパスがあるため
先週に引き続き、今週から来週と2週間続けて山形です。
今週木曜日から学科の3・4年生が中心となっての
合同展が始まります。
それで3年生は最後の追い込み。
「延長申請」が出されたため、
監督者として0時まで大学に詰めています。

先週も火曜日から木曜日まで3日連続の「延長申請」。
連日、宿舎のホテルに戻ったのは1時頃で
週末にはかなりへばってしまいました。

今週末は天気もまあまあのようで
大学の裏にある「西蔵王公園キャンプ場」で
ゼミ生とキャンプの予定。
「ゼミ・ブートアップ・キャンプ」というわけです。
中身はBBQして、たき火して、酒を飲むだけですが…。
[PR]

by goldenmaple | 2010-05-25 22:24 | 山形便り
2010年 05月 23日
神社+高尾山+雨
22〜23日はBS隊の1 Night Campでした。
22日の午後5時に、いつもの稲荷神社へ。
本来は新しい仲間を誘っての「体験キャンプ」でしたが
参加を期待していた3人は風邪のためキャンセル。
いつものレギュラーメンバーも男子スカウトは全滅。
結局女子スカウト4名が参加することになりました。

日暮れが遅くなったはずなのに
10人用Aテンを立て始めたら、あれよあれよと言う間に夜に。
スカウトがかまどを作り、晩ご飯を調理始めた頃には
すでに9時を回っていました。

リーダー達はそれでも悠然と見守って笑い飛ばす。
神社という環境ならではの余裕です。
明日は雨模様ということで、急遽Aテンをたたみ
6人用ドームテンに変更。
Aテンの乾燥作業を大変なのです。

当初は翌日にCS隊の「高尾山登山」が入っていたため
泊まらずに帰る予定でしたが、CS隊長と相談の結果
高尾山登山は中止に。
やはり風邪のため参加スカウトが1/3になってしまい
1日中、雨降りということもあって決断。
で、BS隊と一緒に神社にキャンプすることにしました。

一端帰宅し、タープとシートとスリーピングバッグなど
お泊まりセットをトートバッグに詰め込んで再び神社へ。
BS隊リーダー達のドームテン横に
montbellのミニタープを張りました。
スリーピングバッグ+カバーで雨対策もばっちり。
5月のキャンプはテントよりもタープの方が
夜の空気を感じられて気持ちいいのです。

23日は6時起床。
朝食後、セレモニー。
午前プロは6月に予定しているハイキングプログラムの一環で
2万5千分の1地図にグリッドを引き、座標表示のお勉強。
地図記号や見立てのお勉強も。
その後、昼食を兼ねた「個人競技・最強のラーメン作り」。
雨がシトシト降る中、一人一人のスカウトが
かまどを作って、たき火を熾し、飯ごうでラーメン作り。
食べて、後片付けが完了するまでのタイムレースです。

朝7時頃に降り始めた雨は、その後1日中降り続いていました。
遠いキャンプ場での雨は、撤収やその後の道のりを考えると、
かなり憂鬱なものですが、ここはいつもの神社の境内。
家まで歩いても、数十分で帰宅できるキャンプ場です。
4時前に解散。

高尾山登山は残念でしたが、なかなかおもしろい雨降りの1日でした。
[PR]

by goldenmaple | 2010-05-23 23:48 | boyscout
2010年 05月 21日
さぁ、お家へ帰ろう
先週の月曜日の夜、東京を出て
山形に来てから今日で11日目になりました。

朝1限目の演習が終わって
これから東京へ戻ります。
山形は昨日までの天気とうって変わって
朝からいい天気。気温もどんどん上昇中です。

明日はBS隊の1 Night Camp。
いつもの稲荷神社で体験キャンプです。
明後日はCS隊の「高尾山登山」。
両日とも天気の心配はないようです。

まずは米沢方面へ下道を使って向かうとします。
疲れた頃に東北道へのって、夜には久しぶりの我が家です。
[PR]

by goldenmaple | 2010-05-21 11:47 | 山形便り
2010年 05月 17日
西蔵王公園キャンプ場で一人BBQ
山形は今日もいい天気です。
午前中に書類仕事を終わらせて
午後からは授業もないので
大学の裏山にある「西蔵王公園」のキャンプ場へ。

駐車場へ車を停めて
200mも歩けば、そこに無人のキャンプ場。
d0067378_20533940.jpg

西蔵王公園にある施設は「やまがたスポーツパーク株式会社」が管理していて
キャンプ場を使用する時は、事前に予約が必要となります。
予約方法は二つ。
天童にある事務所を訪ねるか、往復葉書で申し込む。(当日予約可)
ウェッブサイトで申し込みできると最高ですが。
使用料は無料です。水場もちゃんとしていおり
薪を使う「かまど」も揃っています。
キャンプ場の端にはトイレも完備。
サイトは30張り以上のキャパがあり、一段高くなったサイトは
水はけも良さそうです。
直火はファイヤー場のみ。

今日はディキャンプなので、こっそりと使わせてもらう。

公園内で火気が使用できるのは、
このキャンプ場とBBQ広場のみ。
月曜日の平日なのでもちろん、誰一人居なくて
30張り以上のキャンプ場を占有できます。
d0067378_20562974.jpg
ベンチに腰掛けて買い出してきた
豚バラとハツを塩こしょうで焼いてはパクパク。
サンチュで巻いてパクパク。
太ネギを焼いてパクパク。

今日は車に積んであったカセットコンロと
鋳物のフライパンを使いました。
鳥がさえずる声やカエルの鳴き声が聞こえてきます。
木漏れ日の下で本を読んだり、昼寝したり。
3時間ほどのんびりして帰りました。

次はちゃんと予約してから
ゼミ生たちを連れてキャンプに来るつもり。
最近、仕事よりも遊びが生活の中心になってしまって
山形をとことんエンジョイしてます。
[PR]

by goldenmaple | 2010-05-17 21:00 | 山形便り
2010年 05月 16日
桧原湖&猪苗代湖一周ツーリング | その1
15日の土曜日に「保護者懇談会」があったので
2週間、山形に滞在です。
で、懇談会が終了した後、一服してから米沢方面へ。

車の屋根にクロスバイクを積んで
「桧原湖」と「猪苗代湖」の1周ツーリングをやってこようと。
日曜日の16日は天気も良いようだし
表・裏磐梯を一度に味わってこようと思い立ったわけです。

13号線を使って米沢。
米沢市内から2号線「米沢・裏磐梯線」で福島県へ。
途中、米沢市内の「平安の湯」で風呂に。
源泉掛け流しの温泉で大人お一人300円とリーズナブル。

真っ暗な2号線を走っていくと白布温泉です。
そこを過ぎるとすぐに福島県との県境。
白布峠付近で標高1,400m。気温1.8℃。
まだ斜面には残雪がありました。
一気に山道を下るとそこは「裏磐梯」。
すぐに「桧原湖」にぶつかって、後は湖畔に沿って走れば
喜多方への分岐そばにある「道の駅 裏磐梯」に到着。
午後10時すぎ。今日はここで車中泊とします。
d0067378_11375423.jpg
青丸が「道の駅 裏磐梯」黄色丸が「早稲沢浜キャンプ場」
d0067378_10212979.jpg
16日、朝7時半に目が覚めて、まずはコーヒーを淹れ
準備をして8時半に「桧原湖1周」に出発。
左側通行なので反時計回りで走れば、常に湖を視界に入れて走れます。
いきなり100mほどの登り。
半分、寝ぼけた体にはきついのですが
高原の風が気持ちよくなんとか登り切れます。
桧原湖畔の標高はおおよそ850〜900m。
桧原湖の東岸は道の駅のあった西岸と比べると開けていて
ホテル、ペンション、レストランなどリゾートという言葉が似合います。
d0067378_10243544.jpg
写真は「裏磐梯猫魔ホテル」。
このホテルの正面には赤煉瓦作りの「裏磐梯高原ホテル」。
d0067378_10324882.jpg
ペンション村を通り過ぎると「裏磐梯噴火記念館」。
ここから磐梯山の「山体崩壊の跡」が良く見えます。
この崩壊によって盆地の河川がせき止められ
猪苗代湖ができあがったそうです。
d0067378_10323839.jpg
途中、「土石流注意」の看板がいつくも立っていました。
小磐梯の山体崩壊で発生した岩屑なだれで
477人の死者を出したのは122年前の明治21年。
磐梯山は現役の活火山だったのを思い出しました。
道はこの先、米沢へ通じる2号線となります。
d0067378_10394060.jpg
走っているとキャンプ場の看板がいくつもありました。
写真は桧原湖の北岸にある「早稲沢浜キャンプ場」。
テントサイト大人お一人1,500円。駐車料金1,000円。
d0067378_10421781.jpg
桜が満開です。
d0067378_10462216.jpg
水芭蕉がかわいい花を咲かせています。
d0067378_10465580.jpg
31kmほど走るとぐるりと一周。
2時間弱のお手軽なサイクリングでした。
再び道の駅に戻ると観光客で一杯。
さぁ、これから喜多方ラーメンを食べに行きます。
[PR]

by goldenmaple | 2010-05-16 23:59 | サイクリング
2010年 05月 16日
桧原湖&猪苗代湖一周ツーリング | その2
d0067378_1113476.jpg
再び車の屋根にバイクを積んで一路喜多方市へ。
d0067378_1122669.jpg
喜多方市を訪れるのは初めてなので
とりあえずは駅に向かって走りました。
駅近くにあった「福島屋」という小さなラーメン店へ入ります。
d0067378_1144632.jpg
注文したのは「ラーメン大盛り」650円。
リクエストで太麺に。ラーメン普通盛りは550円。
豚骨・鶏ガラに煮干しの効いたスープ。
歯ごたえのある平打ち・ちぢれ太麺がいい具合です。
3枚のったチャーシューがうまいです。
桧原湖、喜多方ラーメンと制覇したあとは、表磐梯「猪苗代湖」です。
337号線、7号線と走って猪苗代湖へ。
[PR]

by goldenmaple | 2010-05-16 23:55 | サイクリング
2010年 05月 16日
桧原湖&猪苗代湖一周ツーリング | その3
d0067378_11355511.jpg

猪苗代マリーナの先にある公営の駐車場(地図の青丸)に車を停め、ここをベースにします。
1時過ぎに出発。
会津レクリエーション公園を過ぎて
猪苗代湖畔を反時計回りに走ります。
午後からはますますいい天気になってきました。
南北に細長い桧原湖と違って、さすが猪苗代湖はスケールが大きい。
d0067378_11145970.jpg
ずっと湖岸に沿って走っていくには無理なようです。
バイクに付けたハンディナビの地図を頼りに
できるだけ湖岸沿いを走っていきます。
d0067378_112043100.jpg
猪苗代湖から見上げる磐梯山は裏から見た形と違い
端正な山容を見せてくれます。
d0067378_1122539.jpg
猪苗代湖の南岸は郡山市湖南町。
一山越えれば郡山市なんですね。
マンホールのフタは磐梯山と猪苗代湖と水芭蕉の図案。
磐梯山の位置が刻々と変わって
ナビを見なくとも自分がどの辺りに居るのかわかります。
d0067378_11271111.jpg

向かい風に少しげんなりした頃、ベースの駐車場に到着。
5時。おおよそ1周60km弱。
休息を入れて4時間ほどの行程でした。
日が傾いてきた猪苗代湖を眺めながら一服。
何とか浜と名前がついた小さな砂浜がたくさんあったり
「湖水浴場」と看板がでていたり
なかなかおもしろいツーリングでした。

帰りは再び桧原湖岸沿いに走る2号線を使い米沢へ。
d0067378_1130287.jpg
夕日に輝く桧原湖が美しい。
白布峠は沈む夕日で赤く染まっていました。
d0067378_11305429.jpg

本日の走行距離 自転車 ●桧原湖31km ●猪苗代湖63km 走行時間:5時間6分
        平均時速:18.4km/h  総上昇高度399m
        車 250km
[PR]

by goldenmaple | 2010-05-16 11:45 | サイクリング
2010年 05月 09日
母の日
高尾山下見登山の翌日、5月9日(日)は
カブ隊の「母の日隊集会」。
今日のプログラムは「母の日のプレゼント工作」です。

前日に買い出しておいた
カーネーションやかすみ草などの花々を
100円ショップで購入したマグカップにフォームをセットして
プレゼント用にアレンジするというものです。
d0067378_15215659.jpg
いつもの稲荷神社から隣の地区会館へ移動して
まずはギフトカード作り。
葉書大の色画用紙を二つ折りして、イラストや
メッセージを書き込みます。
はさみを使って、切り込みや穴をあけるスカウトも。
カードが出来上がると、いよいよ「生け花の時間」。
大きなマグカップにフォームを詰めて、水を吸わせます。
そこにカーネーション、かすみ草、
デイジーなどの花を思い思いに活けていきます。
インストラクターは「はらほれ流家元」のE副長。
「形よりも、感謝の思いで活けましょうね。」
「花は、こころ、です」
d0067378_15261162.jpg
1時間も経つと
ずらりと「傑作」が出来上がりました。
一人一人、オリジナルの「母の日のプレゼント」です。
全員で工夫したところとか、創作テーマを発表。

残りの時間はビーバー隊プレゼンツの工作教室。
今回は「糸でんわ」の制作です。
これさえあれば、普段は照れくさくて言えない
感謝の言葉もちゃんと言えそうですね。
d0067378_15283739.jpg
最後は出来上がった糸でんわを使って「多重会話」の実験。
どんどん糸を絡めていくと、
一人の声がたくさんの人へ伝わっておもしろい。

12時過ぎには出来上がったプレゼントを大事そうに抱え
スカウト達が帰って行きました。
d0067378_15303937.jpg
我が家にもちゃんと自作のプレゼントを。
感謝を込めたプレゼントで、今晩の夕食がぐんと豪華になりますように…。
[PR]

by goldenmaple | 2010-05-09 23:18 | boyscout
2010年 05月 08日
高尾山へ
8日(土)の午前1時過ぎに山形より帰宅。
6時過ぎに起きて、集合場所へ急ぎます。
今日は23日に実施するカブ隊
「高尾山登山」の下見です。

連休明けの疲れで出足が鈍っているのか
高速も空いていて1時間弱で高尾山口へ到着。

高尾山、前に何度か自転車で来たことがあります。
コースは6本ほどありますが、
今回は「6号路」を使って登り、
「4号路(琵琶滝コース)」で下山というプランです。

今日も快晴。先日までと違って湿度も低いからか
時折吹き上がってくる風もひんやりして気持ちいい。
8時半過ぎにスタート。
d0067378_155512.jpg
木漏れ日の中を登っていきます。
途中の休憩場所からは都内が一望に見渡せます。
d0067378_1562619.jpg
ゆっくり登って、最後の急な階段を上りきると
599mの高尾山山頂に1時間半ほどで到着。
登り口の標高が243mほどなので、360mほどの「登り」です。
d0067378_1584329.jpg
山頂の木々の間から富士山も見えます。
生憎、雲がかかっていますが、まだ真っ白の富士山が
風格の違いを見せつけてました。

山頂脇のテーブルで少し早めの昼食を食べ、
長い休息の後、下山。
「4号路(琵琶滝コース)」は6号路の隣で
頂上直下から沢筋を通りながらのコース。
チョロチョロと水の音を聞きながら
樹林コースを降りていきます。
1/3くらいまでは谷も開けておらず、
風の通りが悪いのですが、半分くらい降りると
涼しい風が吹き抜けるようになります。
d0067378_15124967.jpg
登山口まで降りきる手前に
「琵琶滝」が見えてきました。
修験者が滝に打たれて修行するのだとか。

帰りは1時間強。
お土産屋をのぞきながら、喫茶店でコーヒーを飲んで
本日の下見は終了。

当日もこんな天気だったら申し分ないのですが。

夜は団の会議。
[PR]

by goldenmaple | 2010-05-08 23:25 | boyscout