<   2009年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2009年 11月 29日
ちょっとお散歩
土曜日、いい天気に誘われ午後からロードでお散歩にでかける。
二子玉川から普段は走らない下流に向かって走ります。
風がないせいか走っているとうっすらと汗ばんでくるほどです。
ガス橋で左岸に渡り、折り返し。
丸子橋で環八へ抜け、砧公園へ寄ってみました。

砧公園は子供が小さい頃、毎週のように行っていた公園です。
久しぶりの公園はすっかり落ち葉に包まれていていました。
d0067378_19324288.jpg
もうすぐ12月。
今年もいつにもましてあっという間の1年でした。
東京にも冬の気配がしてきましたね。
●本日の走行距離 27km

日曜日は深沢小学校での地域のイベント「ぎんなん祭」で
ボーイスカウトとして奉仕。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-29 19:36 | 日々の生活
2009年 11月 25日
今年最後の「芋煮会」
今日は4年生ゼミの学生達と「今年最後の芋煮会」を楽しんできました。
午前中の演習を終え、1時過ぎに集合。
近くのスーパーで芋煮の食材を買い出しすると同時に
「芋煮用鍋」を借りてきました。

山形名物の芋煮のシーズンは9月中旬からスタート。
10月一杯くらいまでがシーズンです。
その時期には大きなスーパーなどでは必ず
「芋煮会キット」を無料で貸し出しています。

大学の裏山にある「西蔵王公園」のBBQ広場へ行き
どでかい鍋に里芋を放り込んで茹で始めます。
芋が柔らかくなってきたら、一度煮汁を捨て
こぼう、こんにゃく、牛肉、ねぎ、しめじなどを投入。
山形の地醤油「まる十醤油」と砂糖(みりん)、酒を入れ、
後は全体に火が通ればOK。
d0067378_16474268.jpg
d0067378_16475823.jpg
みんなで出来上がった「芋煮鍋」を記念撮影。
お昼を抜いてきているので、すっかり空腹感は限界まできています。
芋煮と同時に熱燗もつけて、一杯やると五臓六腑に染み渡ります。

出来上がった芋煮はこれぞ芋煮という味で
しみじみと幸せになっていく味わいでした。
同じ芋煮でも庄内地方では味噌ベースの豚肉バージョンに変化します。
仙台もそのタイプがポピュラーだそうです。

帰りは4年前に免許を取ってからハンドルを握っていないという
女子学生に運転を代わってもらって、大学まで無事たどり着きました。
寒い時期にやる芋煮もいいものです。
あ、熱燗は必需品ですね。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-25 23:41 | 山形便り
2009年 11月 22日
横浜こども自然公園
朝、9時に集まって向かうは旭区にある「横浜こども自然公園」。
今日から1泊2日でCS(カブスカウト)隊の「1泊舎営」です。
「舎営」とはキャンプを意味する「野営」に対する言葉で
屋根のあるところに泊まることを言います。

カブ年齢(小学2年生の9月〜小学5年生の9月)では
キャンプではなく、ロッジや山小屋などに宿泊する舎営となります。
今回はVS隊長としてではなく、CS隊副長としての参加で
1日目の午後プロを担当しました。
名付けて「落ち葉探偵団」です。
手配書にある落ち葉のシルエットを手がかりに
広い森の中から同じ形の落ち葉(指名手配犯)を見つけてくるというゲームです。
d0067378_16234019.jpg
2チームに分かれたスカウトには上のような指令書が渡されます。
同時に8種類の手配書と指名手配落ち葉を入れる袋も渡されます。
d0067378_16251143.jpg
すぐに見つかる落ち葉もあれば、似たようなものがたくさんあって、
同定するのが大人でも難しいという落ち葉もあります。
制限時間1時間で戻って来たら、答え合わせ。
一緒に名前当てやベスト紅葉などもポイントになります。
正答率は約6割ほど。

陽が落ちてからは「森の精」から七色の羽のプレゼントがあったり
集会所でスカウトソングの練習をしたり。
またたくまに1日目終了。
雨が降るかなと心配していましたが、まずは1日もってくれました。

2日目は6時起床。
朝ご飯は自分でサンドイッチを作りました。
同時に炊きあげたごはんをラップを使っておにぎりに。
一人3個のおにぎりを自作してお昼のお弁当にします。

2日目午前プロは通称「えび池」と呼ばれる池での手長エビ&ザリガニ釣り。
前の夜23時に隊長と二人で事前集会でスカウトが作った
ペットボトルを利用した「しかけ」をセットしておきました。
d0067378_16314451.jpg

さぁて、獲物はかかっているかな?
d0067378_16321714.jpg
しかけを引き上げてみると、小さな小さな「くちぼそ」がうようよ。
水槽に入れてみんなで観察してみました。
d0067378_16331254.jpg

観察の後はいよいよエビ釣り。
近くで拾っていた枝に釣り糸をゆわえ、えさには「さきいか」を使います。
d0067378_16342880.jpg

9月末に下見に来た時は、たくさん釣れていましたが、
寒くなったせいか、まったく反応は無し。
1時間ほど粘ってみましたが、だれもアタリはなく
姿さえ目撃できずに終わりました。
漁労長スカウトの「お腹が減った!」宣言で漁は中止。
池のほとりで、自分たちで握ってきたおにぎりをほうばりました。

その後、こども動物園でモルモットやにわとりとスキンシップを楽しんで
世田谷へと向かいました。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-22 16:37 | boyscout
2009年 11月 21日
久々の自由な土曜日
日曜、月曜とCS隊の1泊舎営があり
自由に動けるのは今日の土曜日だけとなったので
午前中から溜まっていた予定を消化していきます。

午前中は愛犬を連れ馬事公苑まわりを散歩。
d0067378_1692662.jpg
童顔?のメイプル(愛犬の名前です)ですが
人間年齢で言えば、いつの間にかご主人様を超え
すでに老犬の仲間入りをいています。
ちょっと距離の長い散歩にでかけると
決まって最後には「もう疲れて一歩も歩けねぇ」という顔をします。
なだめながら、おだてながら帰っていきます。

午後は図書館と古くなった携帯を変えに三軒茶屋へ。
世田谷郵便局へ寄って帰る頃にはすっかり陽も傾いてきました。
明日からは1泊2日で奉仕に出かけてきます。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-21 23:06 | 日々の生活
2009年 11月 19日
山形10日目
今日の山形村山地方は「曇り」のお天気です。
昨晩、大学からの帰り、駐車場に停めてあった車の
フロントガラスが凍っていました。
温度計を見ると外気温は0.5℃を指していました。
東京へ戻ったら早速スノータイヤに交換しなきゃ。

先週末入試関係があったため、山形滞在も今日で10日目。
少しつづ疲れがたまってきたのか、少々体が重い。
今日は夕方から東京へ戻ります。

今週末は兼任しているボーイスカウトカブ隊の1泊舎営で
神奈川県旭区大池町にある「横浜こども自然公園」です。
子供達と楽しく落ち葉拾いをしたり
手長エビやザリガニ釣りをして遊んできます。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-19 12:52 | 山形便り
2009年 11月 19日
また訃報
水曜日に大学時代の友人からメールがありました。
大学時代の級友が亡くなったという訃報です。
かなりショックでした。

今月初めにゼミ生だった卒業生を葬儀で見送ったばかり。
またまたの訃報でした。
身近に亡くなっていく知人が出ても
不思議ではない歳になっている訳ですが
大学時代や卒業して数年のイメージしか残っていない
級友が亡くなったと聞いても
やっぱりピンときません。

頭の中に浮かんでくるのは
20代前半の若い顔だけです。
先月末にやった人間ドックの結果もそろそろ出てくる頃。
そろそろ真剣に自分の体の心配をしなくてはいけない歳になりました。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-19 11:53 | ひとり言
2009年 11月 18日
鮭の町村上ツーリング | その6
d0067378_2152329.jpg
コッフェルを出してコーヒーを淹れ飲んでいると
日本海に陽が沈んで行きます。
1日曇りと思っていたのに夕方まで付き合ってくれた
太陽に感謝です。
d0067378_2154789.jpg
何人か居た釣り人も一人、二人と帰って行って
いつの間にか一人の釣り人が竿を振るだけになりました。
d0067378_21552445.jpg
ゆであがった「冷凍讃岐うどん」に野菜の掻き揚げを投入。
同時に日本酒をちびり、ちびり。
まったりとした夕食の時間ですが、まだ17時半。

18時過ぎにすることが無くなり、スリーピングバッグに潜り込みます。
疲れているのか、寝返りを打とうとすると、右足が攣りそうです。
いつの間にか眠ったらしく、目が覚めたら21時。
風が強く、タープを張り直してコーヒーを一杯。
なんだか目が冴えてしまい、かと言ってすることもなく
東屋でぼーっとしていると、次第に今夜の天気の事が気になってきました。

天気予報では夜半から雨になるそうで、土曜日は1日雨。
雨の中五十川まで帰って行くのは億劫だなぁという想いがふつふつと涌いてきます。
どうせ眠れないなら…。 雨が降り出す前に帰るか…。
まずヘルメットにヘッドライトをガムテで固定して
テイルライトを背中のディパックにも追加してと
帰り支度を始めました。
すっかり帰り支度が整ったのが22時。
まぁ、ゆっくり帰っても午前3時過ぎには五十川駅に着きそうです。
途中、雨がひどくなれば最寄りの羽越本線駅近くで
スリーピングバッグに潜り込めばいいや
ぐらいの適当さで出発しました。

出発してからはほとんど真っ暗な345号線を
孤独に走っていきます。
ときおり車が走ってきますが
左側にあるはずの海も、右側の山も見えず
ひたすら路面のでこぼこだけに注意を払いながら走ります。
途中、ぱらぱらと雨が降って来ましたが
たいしたこともなく、
7号線に出てからは後ろから迫ってくるトラックに怯えながら
五十川駅に2時半に無事、戻ってきました。

温海温泉を越えたころから雨が本格的に降り出してきましたが
レインウエアの上だけ着て、たいして濡れることもなく
たどり着けました。
d0067378_2292081.jpg

帰りはただ暗闇の中を走って来ただけのツーリングだったけど
まぁ、無事戻って来られた事を良しとします。
d0067378_2211161.jpg
▲ガムテでヘッドライトを固定したヘルメット。

●今回の走行距離 133.82km ●走行時間 7時間52分
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-18 22:13 | サイクリング
2009年 11月 17日
鮭の町村上ツーリング | その5
今日の山形は1日中雨降りの天気です。

さて、だらだらと続いている「村上ツーリングの話」ですが、
そろそろまとめないといけません。
「かごめ弁当」の鮭弁当を食べ終わってから小一時間で三面川を通過。
14時過ぎに村上市街に入りました。
9時半に五十川駅を出てきたので、ここまでで4時間半。

かっては村上藩の城下町として栄えた村上は
市内に武家屋敷や古い「商人町」の店が残っています。
d0067378_2128877.jpg
▲これは木工芸のお店。
商人町を走っていると…
d0067378_2129977.jpg
店の軒先にやっぱり村上名物の「塩引鮭」がぞろりと下がっていました。
近づいて見ると…
d0067378_21301069.jpg
いい感じになっています。
うまそうだなぁ。
帰ってからネットで調べてみたら5kgほどのもので1万ちょっと。
なかなかのお値段がします。

市内を一巡した後、スーパーで今晩の食材を購入。
冷凍の讃岐うどんと野菜のかきあげ。
日本酒の1合瓶につまみのげそ唐揚げ。
念のためにミネラルウォーターを500mlなど。
d0067378_2134561.jpg
「石舟神社」に寄った後、瀬波温泉横の海浜公園に到着。ちょうど15時過ぎでした。
暗くなる前にタープを張って今夜の寝床を作ります。
d0067378_21363175.jpg
ちょうどいい感じの東屋があったので、この横に決めました。
mont•bellのミニタープを張ります。
d0067378_21374494.jpg
寒いといやなのでスリーピングバッグは
mont•bellのSSバロウバッグ#1を持ってきましたが
なんだかとっても温かく(多分14℃ぐらい)
もっとコンパクトなもので良かったようです。
寝床を作り終えて16時過ぎ。そろそろ陽が傾いてきました。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-17 21:40 | サイクリング
2009年 11月 16日
鮭の町村上ツーリング | その4
d0067378_13295825.jpg

「笹川流れ」の奇岩がならぶ風景を横目で眺めながら走っていたら
こんな洞穴に出会いました。
これは345号線からも良く見える洞穴で
きっとここから沈む夕日を見たら最高でしょうね。
d0067378_13315459.jpg
遙か遠くに目的地である村上市の瀬波温泉街が見えてきました。
d0067378_13332920.jpg
かすんで見えていた粟島もずいぶんと大きく見えています。
d0067378_13341543.jpg
途中、「かごめ弁当」と看板が上がっていた弁当屋さんで「鮭弁当」を買いました。
なんだか映画の「かごめ食堂」みたいで思わず寄って見たのです。
可愛げなおばさんが二人でやっていました。
風よけに近くのあぜ道に座って食べます。

村上市街まではあと数キロ。
14時過ぎには到着しそうです。
向かい風が強い。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-16 13:37 | サイクリング
2009年 11月 15日
鮭の町村上ツーリング | その3
d0067378_21103695.jpg
ますますいい天気になってきました。
抜けるような青空と青い海。
30km以上、海沿いの道が続いています。
d0067378_2113279.jpg
一枚だけセルフで記念写真。
d0067378_21133432.jpg
浜の砂が明るい色のせいか、海の色も緑がかって見えます。
どこまでも走っていけそうな気分になってきました。
d0067378_2115129.jpg
しばらく走っていると民家の隣に鮭がぶら下がっていました。
村上名物の「塩引鮭」です。
遡上してきた雄鮭に塩をすり込んでから
村上の寒風にさらされていく中で
鮭は自己の消化酵素によってアミノ酸発酵をするそうです。
いかつい雄鮭の顔が風にさらされることで
いっそう渋い表情になって、
顔を眺めているだけでもおもしろい。
d0067378_2120321.jpg
さぁ、この辺りから天然記念物の「笹川流れ」の景勝地が始まります。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-15 21:20 | サイクリング