<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 29日
山形〜世田谷、430kmの旅。| その2
d0067378_0335820.jpg

▲第1日目のコース。山形市内から郡山まで。
2日目の朝、8時半頃には目が覚めるが、体が重くうだうだやっている内に9時なってしまう。慌ててバスルームに干してあったウエアをディパックにしまう。朝食に無料サービスのおにぎり2個とコーヒーを胃袋に放り込んで9時40分、ホテルを出るとまた雨。スタートから雨とは戦意喪失だけど、日曜日中には東京へ戻らねばならず、レインウエアを着込んで雨の中を飛び出す。今日も基本的には国道4号線をひたすら宇都宮目指して走る。ただトラックが怖いので、飛ばすわけにもいかず、20km/h程度がせいぜい。時々、路肩にたまった雨水をトラックがはね飛ばし、頭からかぶる。泣きたい気分になるが、おじさん、忍耐だけは自信がある。
d0067378_0172933.jpg

▲須賀川を抜けた辺りで。ようやく雨が上がった。ウェアはすぐに乾くがシューズはずぶ濡れ。
黙々と走る。須賀川、矢吹と超え、白河着。ここで昼食の予定だったが、どうも食欲がない。スポーツドリンクとお茶の飲み過ぎか。コンビにで小さな練羊羹を買ってかじる。
d0067378_0174447.jpg

▲那須塩原手前の「蛇尾川(いびがわ)」の上で。
雨はあがったり降ったりで暑いがレインウエアを脱ぐこともできない。すぐ脇をものすごいスピードで通り過ぎるトラックに怯えながら、那須のアップダウンを超える。矢板あたりから雨が上がって18時に宇都宮着。ここまでで247.2 km。
d0067378_0513525.jpg

▲2日目のコース。ひたすら国道4号線を走る。トラックが多く、緊張の連続。
宇都宮駅近くのスパ「南大門
d0067378_0175951.jpg

▲宇都宮市内を流れる田川のほとりで。
24H営業のスパ&サウナ。昨日の郡山ではシャワーだけだったので、大浴場でのんびりお湯に浸かっていると、ただただ幸せを感じる。風呂上がりに生ビール。幸せの頂点。腹が減っているはずなのに、あまり受け付けず。11時に就寝。明日は晴れるか。

●本日の走行距離 120km 積算距離 247.2km
[PR]

by goldenmaple | 2008-07-29 00:52 | サイクリング
2008年 07月 28日
山形〜世田谷、430kmの旅。| その1
先週で前期の演習はすべて終了。4年生の卒制ゼミの中間発表、3年生のブランディングのプレゼンと連日にわたって講評があった。24日の木曜日には夕方から学生企画の展覧会のパーティがあったり、それが終わってからの3年生の打ち上げが、近所の居酒屋であったりと忙しくパテバテの一週間だった。飲み会が終わったのが、日付も変わった25日(金)の1時過ぎ。一旦、研究室に戻って酔いを醒ます。で、夜明け前に着替えを詰めたディパックを背負ってロードバイクにまたがる。天気予報では山形県内は午後から雨。大気が不安定になっているそうで、その予報も当てにならない。ザックカバーをして、レインギアは取り出しやすいようにして深夜の13号線を走る。
d0067378_073829.jpg

今回の山形へは息子が車を使いたいということで、新幹線で来た。これを利用して、帰りはロードバイクで世田谷の我が家まで帰ろうという計画。およそ390kmの旅。この距離を24時間走りぱなしで走破してしまう強者もいるが、おじさんは我が身の軟弱さを良く理解してるので、2泊3日で走破しようと考えている。
d0067378_14475081.jpg

これが全行程。国道4号線を中心にところどころで脇道にそれながら、1日目に郡山泊。2日目は宇都宮泊。3日めには無事、我が家に到着というプランだ。
初日は上ノ山を経由して「金山峠」を超え宮城県七ヶ宿へ。七ヶ宿街道を進み、「小坂j峠」で福島県へ。国見から4号線へ。後はひたすら4号線を走り、二本松のアップダウンを走り抜けて郡山市内へ。およそ130kmの行程。

上ノ山から金山峠を超えるまではひたすら登りが続く。真っ暗な山道をバイクのライトだけで登っていく。時々、猿が出てくる道なので、こんな時に顔を合わせるのはいやだなぁと、少々緊張して登っていくうちに、息が切れてきてそんな事はどうでも良くなって来た。40分で峠を超える。ここからは宮城県。登りきったところに白石川の源流があって、休憩所がある。とりあえず小休止と腰を下ろしたら、土砂降りの雨。天気予報では昼過ぎまではもちそうな事を言っていたけど、そうはいかなかったようだ。雨宿りついでに仮眠するが、汗で濡れたウェアで寒くて目が覚める。うとうととしたら6時半。おにぎり2個とお茶を飲んでから上半身だけレインウエアを着込んで出発。
d0067378_082051.jpg

▲小雨模様の七ヶ宿街道。ほとんど車も通らず。
雨の中を慎重に七ヶ宿街道を走る。路肩にある排水溝やマンホールのフタに乗るとスリップする。注意しながらスピードを落として走っていたが、交差点でとうとう排水溝のフタでスリップ。そのまま角にある民家のブロック塀に突っ込んだ。バイクのホイールだけは守らなきゃと、咄嗟に腕と頭でブロックにぶつかって止まった。バイクを点検するとどこも曲がっていないようで、一安心。しかし、左腕と首が痛い。
d0067378_01103.jpg

▲向こうに見えるのは七ヶ宿ダム湖。まだこの辺では元気いっぱい。
七ヶ宿街道から小坂峠へ抜ける道に入る頃に雨が止んだ。ここから一気に下へ降りる。スピードが出過ぎると濡れた路面では止まる事もできない。しょうがなくバイクを降り、押して歩く。
d0067378_01282.jpg

▲小坂峠から国見、福島市を見下ろす。
11時頃に国見ICの入り口を過ぎ、国道4号線に入る。ずぶぬれだったウエアもほとんど乾いてきた。ここまでで70kmちょっと。レストランで早めの昼食。とんかつ定食とコーヒー。今日の宿泊地、郡山まではあと60km弱。12時に元気に出発。ここからはずっと4号線を走る。相変わらずトラックが多く、狭い路肩を走るが、アスファルトが盛り上がっていたりで、とても走りづらい。歩道を走ったり、路肩を走ったりでペースが上がらず、次第に尻が痛くなってくる。
福島市街を抜けると二本松のアップダウンが待っている。パイパスに入ると2車線になり、路肩も広く快適に飛ばす。時々、太陽も顔を出すようになってペットボトルが次々と空になっていく。ここまででスポーツドリンクを3本とお茶を1本。それにスイカバーを一本。2L飲んだことになる。4時過ぎに郡山着。127km。当初、サウナに泊まる計画だったけど、濡れたウエアやディパックを乾かしたくなり、東急インへ。シングルは満室だったが、ダブルを割安料金で。シャワーを浴び、ウェアを洗ってバスルームに干す。
7時過ぎに夕食を食べに駅前のラーメン屋へ。食べ終わって歩いて帰る途中にまたまた土砂降りの雨。今日は何度ずぶぬれになればいいのか。部屋についてからも喉が渇く。11時には就寝。明日は宇都宮まで。およそ130kmの旅。

●本日の走行距離 127.2km
[PR]

by goldenmaple | 2008-07-28 14:53 | サイクリング
2008年 07月 14日
TRANSAMERICA
d0067378_1821717.jpg

●今日の映画
「TRANSAMERICA」 邦題:トランスアメリカ 
2005年 アメリカ 103分
監督:ダンカン・タッカー
出演:フェリシティ・ハフマン、ケビン・ゼガース、フィオヌラ・フラナガン、
   エリザベス・ベーニャ、グラアム・グリーン

性同一性障害(トランスセクシュアル)に悩む父親と愛を知らずに育った息子が、ひょんなことからアメリカ大陸横断の旅に出るハートフル・ロードムービー。主演のフェリシティ・ハフマンの演技がすばらしい。女性になろうとしている男性という難役をみごとに演じてアカデミー主演女優賞にノミネートされているが、それを知らずに見ていると、最後の最後まで男優が演じているとしか思えない。さり気ないしぐさが、「女を演じる男」らしさを見事に表現している。テーマは重いけど、淡々と進むストーリーで後味はいい。
[PR]

by goldenmaple | 2008-07-14 18:07 | 今日の映画
2008年 07月 12日
大荒れ、多摩サイ。
7月に入って初めての多摩サイ。いつものように出遅れて11時に出発。今日は気温がぐんぐん上がって30℃を超えるそうで、途中で休憩している時も、陽の当たる場所にいるとひりひり感じるくらい日差しが強い。
d0067378_23425619.jpg

今日のお友達、「すいかバー」。ガリガリくんと並んで夏のお友達。
30分に一度の割で水分を補給しながらお昼過ぎに「羽村取水堰」に到着。
d0067378_23441462.jpg

水遊びをしているのを眺めていると、すっかり夏休みのような感じがしてきた。
今日は足の具合が良いのか、多摩サイ特有の下流から吹き上げてくる向かい風がそれほどでもないせいか、復路もスピードが落ちずにぐんぐん進む。
取水堰から10kmほど走って「くじら運動公園」にさしかかった当たりから、雨がぼつぼつと降ってきた。見上げると頭上に真っ黒な雲。なんだか急激に気温が下がってきた。来るぞ!と思った瞬間に、まるでシャワーのように雨が降り出した。思わず五日市線の鉄橋下まで引き返す。
d0067378_23492231.jpg
雨もすごいが、風がそれ以上にすごい。横殴りの台風のような風が吹いてきて、鉄橋下に避難した人々が風をよけて橋脚の元に身を寄せる。川で水遊びをしていたおじさん、グラウンドで野球をしていた青年。みんなそれぞれの格好で暴風雨を避けているのが笑える。水着を着た上半身のおじさんは、はたして雨を避ける必要があるのか?まぁ、気分だよね。
d0067378_23514881.jpg

30分くらい降り続いた雨も西の方から明るくなってきたと思ったら、小降りになってぴたっと止んでしまった。たよりない鉄橋の下で雨を避けていたせいか、ほとんど全身ずぶ濡れ状態だったけど、30分も走っていたらすっかり乾いてしまった。厳しい日差しも復活して、一時の嵐は夢か?と思えるほどだ。
途中、サイクルメーターの積算距離が「44444」と4の5並びになった。記念にパチリ。
d0067378_061584.jpg

●本日の走行距離 79.2km 
[PR]

by goldenmaple | 2008-07-12 23:58 | サイクリング