<   2007年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2007年 08月 31日
「飛ぶ男、噛む女」椎名 誠
 いよいよ8月も終わり。明日から9月。そろそろ身の回りも忙しくなってきそう。
なんだか8月はぼーっと過ごしてしまうことが多く、時間があった割にはたいした量の本も読まず、腰痛のおかげで運動もせず、暑さでぐったり状態の我が家のメイプルのように自堕落に過ごしてしまっている。
d0067378_23352562.jpg

 図書館から借りてきた椎名 誠の「飛ぶ男、噛む女」を読み終えた。2000年〜2001年にかけて小説新潮に掲載された短編をまとめたもので、少しホラーな私小説的な作品集と言えばいいのか。表題の「飛ぶ男、噛む女」に出てくる小説家の「私」は、椎名本人そのものであるし、「私」が患っている精神的な病は、ちょうど椎名が80年代初めにノイローゼに罹っていた頃に重なる。全ての作品がはっきりしたエンディングもなく、余韻を持って終わっていくせいもあって、なんだかいつまでも後を引くような、もやもや感が残る。

●椎名 誠 新潮社 ¥1,575 ISBN-10:4103456140
[PR]

by goldenmaple | 2007-08-31 23:36 | 今日の読書
2007年 08月 29日
腰痛治療6日目。
 10時に予約を入れてあったカイロプラクティックへ。今日は先日、新宿のクリニックで撮ってきたレントゲンを見ながら説明を受ける。腰痛ではあるけれど、原因はむしろ頸椎にあるそうで、第4・第5頸椎が本来持っているべきカーブを失って、真っ直ぐになってしまっているらしい。そうなると当然、重い頭を支える時のクッションが効かなくなり、頸椎にかなり負荷がかかっている状態なのだそうだ。
 大学時代にアメフトをやっていた話をしたら、その時にかなり重大な負荷がかかった事があるんじゃないかと言っていた。そんな自覚はないのだけど。でも、重症なのはまちがいないようで、治癒までにはかなり長い期間がかかるそうだ。
 なんだかそんな話を聞いていたら、いきなり気分が重くなってしまったけど、気長にやっていくしかなさそうだ。段々、自分の頭が重く感じるようになってしまった。
[PR]

by goldenmaple | 2007-08-29 13:32 | 日々の生活
2007年 08月 28日
入笠山へ。
 先週の土曜日に猛暑の中、帰省先の福井から帰宅。夕方よりボーイスカウト、次年度の団人事を決めるリーダー会。21時過ぎに途中退席して、女子高生スカウト2名を連れて世田谷線上町駅まで見送る。二人は新宿駅に向かい、23時54分発のムーンライト号(夜行普通)に乗って、茅野駅まで行くのです。
 二人がやるのは、団が入笠山に持っている野営地に泊まって、日曜日の夜、入笠山山頂から天体観測をするというプロジェクトです。せっかくだから夜行列車に乗ったらということで、真夜中の3時半に茅野駅で待ち合わせをする計画です。僕は二人を見送ると一路、中央高速へ。さすがに車の方が速く、2時過ぎには茅野駅着。そこで1時間ほど仮眠をして二人を待ちます。ベンチャースカウト(中3の9月〜高3の9月まで)は、基本的に個人プロジェクトが中心で、自分たちでプランを立て実行することが多くなります。今回は女子スカウトということで、僕がボディガード役として同行することにしました。
 3時半に無事茅野駅で二人を迎えると、富士見町の入笠山へ向かいます。これから山頂で日の出を観ようという計画。日の出の時間は5時15分。4時40分にマナスル山荘前の登山口に到着。気温は10℃ちょっと。猛暑の東京から比べると天国のような涼しさです。二人は上着とヘッドライトを身につけ、元気に上って行きました。僕も同行したいところですが、例の腰痛のおかげで車中で待機です。
 日の出も無事観ることができ、団の野営地に着いて荷物の整理後、仮眠。なにせ気温が日中でも15℃前後しか無いため、気持ちよく熟睡できます。
1時過ぎに起きて、昼食後二人は入笠湿原へ散歩へ。僕はのんびりと過ごします。本を持ってこなかったのが悔いる点でした。
 夕食後、二人は今回の目玉である「天体観測」の為、再び入笠山山頂へ。上で暖かいココアを飲むための準備もしっかりしていました。21時半に登山口で落ち合うという約束で、車で待機していると「寒い、寒い」と良いながら、元気に降りてきました。ガスがかかっていたせいで、あまり星は見えなかったとのこと。残念。
 翌日は朝食の後、掃除をして撤収。帰りに小淵沢手前にある道の駅で、温泉に入ってから高速へ。14時には東京へ着いていました。
[PR]

by goldenmaple | 2007-08-28 13:22 | boyscout
2007年 08月 21日
さぁ、ちょっと遅めの帰省です。
 後、2時間もしたら車で田舎へ向けてGo!です。今年はお盆の時期にカブスカウト達と千葉県君津市亀山の青少年自然の家で夏季キャンプをやっていたこともあって、少し遅めの帰省になりました。今回も子供達は大会があったりで一緒に行くことはかなわず、一人での帰省になりました。
 10日ほど前からひどくなってきた腰痛は、毎日の接骨院通いにもかかわらず、あまり良くはならず相変わらず爆弾を抱えた状態です。今日は午後、新宿のクリニックへ行き、首と背骨のレントゲンを撮ってきました。夕方、部活から帰宅した娘が接骨院へ行くというので、フィルムを持って行ってもらいました。あのレントゲンって、用が済んだらもらえるものでしょうか?ちょっと飾っておくといい感じ。特に骨盤周りを撮ったものがきれいで、研究室にあるポジフィルムを観るためのライトテーブルにセットすると、格好良さそうな感じがします。今度、頼んでみよう。
 去年の夏頃のブログを見返してみたら、同じようにエアコンの故障した車で田舎へ向かって車で出かけています。今年もエアコンはそのままで、またサウナのような車でヘロヘロになりながら深夜のロングドライブです。
[PR]

by goldenmaple | 2007-08-21 21:39 | 日々の生活
2007年 08月 18日
ワーキング・ガール
 腰痛のおかげでやらなくちゃいけない仕事も長続きせず、クーラーの効いた寝室に逃げ込んでいる。で、やはりやることはDVDで映画。昨日の夜観たのは「ワーキング・ガール」。
d0067378_1474890.jpgしがないOLが上司の女性重役が休暇先で骨折し入院中に、その上司に成り代わり重要な契約も恋人もいただいてしまうというサクセスストリー的コメディ。バリバリのキャリアウーマン上司役にシガニー・ウィーバー、その恋人役にハリソン・フォードと脇役は豪華です。
 主人公の向上心溢れるかわいい女性テス役には、メラニー・グリフィン。ちょっと話し方が間延びして、おつむが弱そうな印象もあるけど、偽キャリアウーマンになりきり始めるとそれなりに俊敏な感じに変化していくのがいい。悪役のシガニーが適役で、熱演。

「ワーキング・ガール」(Working Girl) 1988年/アメリカ 114min.
監督:マイク・ニコルス キャスト:ハリソン・フォード、シガニー・ウィーバー、メラニー・グリフィン、アレック・ボールドウィン
[PR]

by goldenmaple | 2007-08-18 14:16 | 今日の映画
2007年 08月 17日
椎名 誠「地球の裏のマヨネーズ」
d0067378_23474072.jpg

先週、図書館で借りてきた本だけど、ようやく読み終えた。内容は得意の旅モノエッセイ。椎名のエッセイは何冊も読んできたけど、いつも思うことは、本当に良く旅に出ている人だなぁということ。そして、旅の地が辺境の地がほとんどだということだ。今回も北極、チリ、モンゴル、アマゾンと出かけていっては、ばしばしと酒を飲み、木賃宿に寝て、アヒアヒとメシを食らっている。後書きの日付が2003年だから、当時は59歳。元気だなぁ。「モヤシ」に出てくる「ワンタン鍋」の話も出てきた。椎名の旅モノエッセイを読む度に、辺境の地へ行ってみたいと思うが、一度も実現しない。

椎名 誠 「地球の裏のマヨネーズ」
文藝春秋社 ¥1,300 2003年8月30日 
ISBN4-16-365230-2
[PR]

by goldenmaple | 2007-08-17 23:47 | 今日の読書
2007年 08月 17日
千葉も暑かったけど、東京はそれ以上か。
 14日から昨日まで千葉県君津市亀山の青少年自然の家で、カブスカウト隊の夏季舎営にサポートとして参加していました。1週間ほど前から腰痛が出てきて、前途多難な参加でしたが、無事昨日帰ってきました。
 しかし、東京は暑い。日本全国「猛暑日」どころか40℃超えの土地もあって、遅れてやってきた夏の逆襲を受けている感じです。今回のカブ隊のテーマは「宇宙人と交信しよう」でした。詳しくは数日後にカブ隊のブログで。
 で、今日重い腰を上げて、近所の接骨院へ行ってきました。体の左右のバランスがおかしくなっているようで、僕の場合は右部分が下がっているということでした。明日も通院です。今は、「サラシ」と「腰サポートベルト」でがっしりと固めた状態。この暑い時期にけっこうこれは苦痛です。アセモもできそう。
 明日の午前中は接骨院へ。午後からは多摩川河川敷で行われる花火大会の奉仕です。
[PR]

by goldenmaple | 2007-08-17 23:34 | boyscout
2007年 08月 12日
駒沢公園「バシャバシャ池」今日も盛況。
 午後3時ごろまで溜まった仕事を片付けて、目黒図書館、100円ショップと寄って帰りにいつものように駒沢公園へ。これもいつもの「バシャバシャ池」の日当りのいい(笑)ベンチに座る。今日も東京は35℃を超える「猛暑日」。水着姿の子供たちでバシャバシャ池」は満員御礼状態です。ベンチに座っているとじっとりと汗ばんでくる。自販機で買ってきた冷たい緑茶がもうすでに生温くなってきた。サングラスをかけていてもくらくらするぐらいまぶしい光の中で本を読む。椎名 誠の「地球の裏のマヨネーズ」。こんな日差しの中では、エッセイ集ぐらいがちょうどいい。
 水しぶきを上げて転げ回る子供たちがうらやましくてしょうがなくなってきた。時計を見ると1時間と少し。もう限界です。家まで自転車を飛ばして冷たいシャワーを浴びる。ふぅ。生き返った、生き返った。もう少し日が傾いて、すこし風が涼しくなって来たら犬と一緒に散歩に出かけよう。
[PR]

by goldenmaple | 2007-08-12 21:42 | 日々の生活
2007年 08月 11日
「幸せのポートレート」
 息子は高校水泳部のコーチとして合宿へ行き、娘は浴衣姿も可愛く、花火大会へ。奥さんは知人のお見舞いに行きと、今夜は犬と二人の夜を過ごしている。で、何気なく観ていたWOWWOWで「幸せのポートレート」をやっていた。
d0067378_22175993.jpg

クリスマス・イブに結婚をしようと思っている恋人を連れて我が家へ帰る息子。彼女は家族に気に入られようと努力するが、開放的で進歩的だけど頑固な母や偏屈な娘とぶつかってしまう。心細くなった彼女は妹を呼び寄せるが、これがまたトラブルの元に。
台詞がいい。サラ・ジェシカ・パーカーがうまく自分を出せないキャリアウーマンを熱演している。母親役は大好きなダイアン・キートン。最後は全てがうまく収まってハッピーエンドを迎える。劇場未公開だったかな。
「幸せのポートレート」2005年/アメリカ 104分
監督:トーマス・ベズーチャ
キャスト:サラ・ジェシカ・パーカー、ダイアン・キートン他
[PR]

by goldenmaple | 2007-08-11 22:25 | 今日の映画
2007年 08月 10日
久しぶりの奥多摩。
 いや〜、暑かったです。11時にすでに35℃を超えて、今日は「猛暑日」でした。なにもこんな日にと思ったのですが、出かけてきました、奥多摩へ。行こうと思ってからなかなか踏ん切りがつかず、結局家を出たのは11時前。いつもの多摩川CRへ。
 途中、休憩に寄った公園のベンチ脇にあった木に一杯、せみの抜け殻がありました。
d0067378_9514196.jpg

▲しがみついたまま残っている抜け殻
で、地面を見ると当然だけど小さな穴ぼこがいっぱい。結構、固そうな地面だけどわしわし掘って出てきたんだなぁと思うと、この穴ぼこも愛おしいです。
d0067378_954686.jpg

▲蝉の幼虫が出てきた穴ぼこ
 奥多摩駅まで行く予定でしたが、照りつける日差しに負けて、途中でUターン。帰りに調布橋の上から川を見下ろしていたら、鮎釣りの釣り人が数人。ちょうど見ている間におじさんが1匹釣り上げました。友釣りです。水深の浅い場所だったので、おとり鮎を追いかける鮎の姿が見えて、すごい興奮しました。手のひらより少し大きめのサイズ。おじさん、やったねぇ。なんだか東京の川も一人前だ。
d0067378_9575366.jpg

d0067378_958941.jpg


●本日の走行距離 95km Tm: 5h03m Av: 18.7km/h およその消費カロリー:1,900kcal
[PR]

by goldenmaple | 2007-08-10 23:47 | サイクリング