<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年 09月 29日
秋吉で一杯。
先日、ママきちさんのブログ「福井弁でしゃべらなあかんざーの会」で、秋吉の話が出てきた。コメントで懐かしいって書いたら、「東京にもあるよ」って言われて、え!そうなのかっと、早速ネットで検索したら何と東京にも10軒も店舗があるではないか。
「秋吉」というのは、郷里の福井では有名な焼鳥屋さんで、本社は福井にある。
亡父が好きで、良く持ち帰りしていた。特に「純けい」というひね鶏の肉を使った串が好きで、入れ歯のくせに良く食べていた。で、渋谷にあるのが分かったので、スタジオの帰りに寄ってみた。福井の秋吉より少しおしゃれな感じもするが、客の事を「社長!」と呼ぶのは同じ。金曜日の夜と言うこともあってか、外に10人くらい並ぶほどの繁盛具合だった。
生中を頼んで、お約束の「純けい」と「串かつ」を頼む。ここのは5本セットでやってくる。ずいぶんと久しぶりの「純けい」。固いけど、かみしめるほどに味がある。いいなぁ。高く立ち上る炭火もいかにも秋吉風でいい。同じカウンターに座っていたカップルは、福井の出身らしく店の人と福井の話をしていた。遠いけど、なんだか近くにある福井というかんじ。
東京に住んで25年にもなるのに、「秋吉」の存在は知らなかった。なんだか得したような気分。
[PR]

by goldenmaple | 2006-09-29 22:12 | 日々の生活
2006年 09月 28日
久しぶりに観たいい映画
先週の土日も仕事でつぶれ、今週も週末は仕事が入っていて、かなり気分が落ち込んでいる今日この頃。
最近は、USENがやってるブロードバンドサイトの「GyaO」で、良く映画を観ている。
で、昨日の夜も大学の研究室で無濾過清酒「三百年の掟やぶり」というのをちびりちびりとやりながら、「GyaO」で「太陽の誘い」(10月15日まで公開中)というのを観た。
1956年の夏、白夜のスウェーデンを舞台にした映画で、文盲の40歳独身男と、そこへ家政婦としてやって来た、ちょっと訳有り風の美人との恋物語。ざっくりと言ってしまうと、そういう事になるのだけど、白夜の美しいスウェーデンの田舎の風景と、切なくなるほど優しさの満ちた大人の恋が、50歳手前の中年男でも素直に感動させてくれた。
多分、レンタルビデオ屋には置いてないDVDと思われ、こういう映画が無料で観られるというのも、インターネットの御利益か。昔、一ヶ月ほど行っていたスウェーデンの美大の隣にはシネマ・ミュージアムがあって、良くスウェーデン映画をやっていたけど、そんなのも思い出してしまった。
いい映画だった。
d0067378_0132988.jpg

[PR]

by goldenmaple | 2006-09-28 00:11 | ひとり言
2006年 09月 18日
多摩川CRリベンジ。
三連休も土日とも大学の仕事が入ってつぶれてしまい、最後の月曜日も朝起きたら雨降り。
のんびりと起きて来て、9時過ぎになったら雨も上がったのでメイプルの散歩に出掛けた。
午後からは天気も回復しそうな気配で、少し早めのお昼を食べて先週の「地獄の一人30km」リベンジに、多摩川CRへ出掛けることにした。
ちょうど12時に家を出る。駒大グランドから多摩川土手へ。朝方まで降っていたせいかほとんど人がいない。是政あたりまですれ違ったローディはわずか2組。多摩川CRはほとんど貸し切り状態。
なんだか脚が重くて、風も強かったけど「取りあえず、リベンジだ!」と言いながら羽村の取水堰まで行くことにする。途中、ぼつぼつと雨が降ったりしたけど濡れるほどでもなく、風が冷たく蒸し暑さもなく快調。いつもなら子供やお母さんで賑わっている「福生南公園」もがら〜んと休業状態。
d0067378_21152060.jpg

2時過ぎにパンクもなく無事に羽村取水堰へ到着。
途中、福生のコンビニで買ったアイスクリームを舐めながら、増水気味の多摩川を観ていた。
d0067378_21154644.jpg

復路は風が強くて閉口する。でも、先週の歩きを思えば20km/hでも天国のようだ。途中、少しへばって(と、言うかお尻が痛い)多めに休息を取りながら、予定通り5時過ぎに帰宅。カミさんが
「あら、早かったね」と言う。
そう毎回、パンクしてられっか。
あ、今日はちゃんと予備チューブ、パンク用パッチ、エアボンベなど、しっかり持参して出掛けました。

●本日の走行距離 79.88km ●Av 18.7km/h ●Mx 59.8km/h ●Tm 4h14m
[PR]

by goldenmaple | 2006-09-18 23:58 | サイクリング
2006年 09月 11日
ひとり30km。
昨日はメイプルの散歩を済ませて、久しぶりの多摩川CRへ出かけました。
久しぶりなので羽村の取水堰までをのんびりと往復(約80km)して帰ってこようと。
曇り空ですが、けっこう蒸し暑い。でも、走っていると風はさすがに秋の気配で、盛夏の頃よりも随分と爽やかになっています。
d0067378_23503873.jpg

喜多見近くにあるTVCFや映画用のレンタカー「Media Auto」の資材?置き場。消防車から自衛隊車両まであります
調子よく走って2時間後、折り返し地点の羽村取水堰まであと2kmほどの地点でアクシデントは起きました。ちょっとした坂を普段はやらないダンシングでぐいぐいと上って行った時、「パシン」と大きな破裂音。バンクです。よく見ると、タイヤごと裂けています。パンク修理キットを取り出して、とりあえずチューブにパッチを貼り付け、エアを入れて出発。しかし、裂け目が大きく1kmも走らないうちにエアが抜けてしまいます。タイヤも裂けているため、自転車を押しながら福生方向へ歩くことにしました。
d0067378_23592788.jpg

5kmほど歩いて福生市内で自転車屋さん発見。
財布の中は生憎とタイヤ分ぎりぎりのお金しかないので、タイヤのみ購入。
再び走り始めたのですが、やはりだめです。
なんどか走っては入れ、走っては入れを繰り返すうちに、とうとうチューブのバルブの芯が折れてしまいました。もう、これでエアを入れることは不可能です。
残りの距離、約25km。残っている金で飲み物を買い、後はひたすら自転車を押して歩きです。SPD用のシューズなのでソールが固い、金具が着いてるで歩きにくいこと、この上なく、汗がしたたり落ちます。時計を見ると2時過ぎ。本当なら3時頃にはクーラーの効いた部屋でお昼寝の予定だったのですが…。
ボーイスカウトでは夜通し歩く30kmオーバーナイトハイクというのがあり、僕も一度歩いたことがあります。ベンチャーでは50kmも歩きました。だから30kmも大体想像の付く距離ではあるけど、自転車があるのに乗れないというのは辛い。
あとはひたすらてくてくてくてく。傍らを気持ちよさそうにローディが駆け抜けていきます。
どんどん日もくれてきて、狛江付近に到達した頃には7時過ぎになってました。
あと2時間ほど歩けば自宅です。だんだん足の方も痛み出してきました。
d0067378_06381.jpg

対岸の川崎側。高層マンションの明かりがまるで電光掲示板のようです。
自宅には9時過ぎに到着。昼飯も食べないで歩き続けて、すっかり疲労困憊の一日でした。「パンクの用意は忘れずに」ですね。


●本日の走行距離/79.89km(歩行約30kmを含む) ●時間/11時間半
[PR]

by goldenmaple | 2006-09-11 00:10 | サイクリング
2006年 09月 02日
わずかながら秋の気配。
朝方、いつもは暑さで起き出してくるのだけど、今朝は涼しくつい寝過ごしてしまった。
湿度が低いのか、日差しは強いけど日陰はひんやりしていて、散歩中のメイプルも元気なようすです。
寝過ごしてしまったので、久しぶりのサイクリングの予定は変更して、期限が過ぎている本を返却するため目黒図書館へ。
「昼メシの丸かじり」東海林さだお、「米本土決戦 上・下」エリック・L・ハリーを借りて、昼飯を食いに駒沢公園近くの「ぺんぎん亭」へ。
d0067378_18102111.jpg

ぺんぎん亭
ここの「ぺんぎんラーメン」(こく塩)がうまい。大盛りを注文。600円。
お腹もふくれたので、駒沢公園で一服する。木陰は涼しく、ちょっとだけ秋の気配がする。売店でアイスクリームを買って、「昼メシの丸かじり」を読み出したけど、ヤブ蚊が多くて、30分ほどで退散。帰宅後、クーラーを効かせて昼寝。極楽です。
夕方、メイプルの散歩に出かけて、22団のリーダー会議。新年度(ボーイスカウトは9月が年度替わりです)の人事について。
明日こそは多摩サイだ。

●本日の走行距離 14km
[PR]

by goldenmaple | 2006-09-02 18:16 | 日々の生活