カテゴリ:boyscout( 48 )

2013年 02月 17日
B.Pの誕生と結婚を祝う日。
スカウト運動の創立者であるロバート・べーデン=パウエルが
1889年2月22日にイギリスで生まれた。
で、世界中のスカウト達がこの時期にはお誕生日のお祝いをする。
世田谷第22団でも2月17日の今日、お祝いの「B.P祭」をした。
d0067378_2351667.jpg

B.Pの話やスカウト運動の話、ゲームをして
その後、「遊ぼうパン(ねじり棒パン)」を作った。
22団は普段の活動のベースを
新町にある「久富稲荷神社」にしている。
今日はおめでたい事がダブルであった。
稲荷神社の氏子の息子さんが結婚式をあげたのだ。
いまどき神社と結婚式なんて珍しい事ではないが、
あまり商売に興味のない稲荷神社ではなかなかめずらしい。
d0067378_2351977.jpg

神主の後に続くつのかくしに白無垢の新婦と紋付袴の新郎。
おごそかな式の後、境内を氏子集の担ぐ御輿が練って門出を祝う。
スカウト達が目を輝かせて祝い、ライスシャワーを浴びせる。
東京ではなかなか「地域」の繋がりを意識する機会は少ないけれど
人々がこうして祝う光景は、とても暖かい。
d0067378_2351836.jpg

スカウト運動も地域に根ざした活動といえる。
そして、この神社を中心に氏子が繋がって地域を盛り立ていく姿も
まだまだ残っている。
d0067378_2352159.jpg

お昼が近づいてきて、お腹が鳴った頃、「遊ぼうパン」が焼き上がった。
竹の棒にパン種を巻き付けて、炭火であぶった遊ぼうパンは
ことのほか優しい味で、うまい。

チョコやジャムも用意してあったけれど、プレーンな味が一番うまい。
今日は見学者のちびっ子も多くて、みんな楽しそうに目を輝かせていた。
結婚式とお誕生日のお祝い。

お祝い事は、気持ちを温かくしてくれる。
[PR]

by goldenmaple | 2013-02-17 23:03 | boyscout
2012年 06月 17日
シカ肉だけど、ウマウマ!
d0067378_1816945.jpg

蒸し暑い日曜日。
雨降りの予報はうまくはずれて空はどうにか持ちそうだ。
今日の隊集会は久しぶりに各隊揃った。
BVS隊とCS隊は「父の日工作」。
缶バッヂとカレイドスコープを作るらしい。
見学者が二人と幼児も参加してにぎやか。
d0067378_1817642.jpg

BS隊とVS隊は神社でテントの設営と
食堂フライを建て、BBQの準備。
d0067378_18171648.jpg

本日のBBQ、目玉は長野県産シカのもも肉2.4kg。
BS隊リーダーが猟師さんから調達してきた赤身肉。
d0067378_18172371.jpg

それとダッチオーブンで作るチキン丸ごと1羽の
蒸し焼きスープ。
オニオンとポテトが入る。
11時半頃までBVS隊の手伝いで缶バッヂを作る。
お腹が減ってきた頃、いい匂いでグリルに引き寄せられた。
d0067378_18173737.jpg

塩・コショウしたしか肉。
柔らかくて変なくせもなく、食べやすい。
d0067378_18173272.jpg

ダッチオーブンで作った丸ごとチキンのスープは
最高の出汁が出て、トーストしたフランスパンで食べると
もう最高にうまい。ぜいたくな一品だ。
おまけにチーズやはんぺん、笹かまなんかを
くるみのチップで炙った温燻も出来ていて幸せだね。
d0067378_18174323.jpg

みんなでお昼を食べ、午後はBS隊スカウトの1級昇級面接。
団委員長、育成会長、各隊隊長が集まって
緊張したエイミスカウトの面接が始まった。
本人の意識付けをしっかりとするためにも
敢えて緊張させて、ふさわしい舞台を演出する。

やっぱりスカウトもたくさん出てこられると集会も楽しい。
昔のように活気ある集会ができるよう、もう一踏ん張りだ。
[PR]

by goldenmaple | 2012-06-17 18:20 | boyscout
2012年 05月 20日
砧公園でビーバーラリー。
日曜日の朝8時、神社に集合して砧公園へ。
今日は半日、世田谷地区のビーバースカウト
(幼稚園年長さんから小学2年生)達が集まって
砧公園でビーバーラリーで楽しむ。
今年のテーマはやっぱり「オリンピック」です。
f0189268_1416526.jpg

砧公園の吊り橋近くで受付を済ませます。
90名近いビーバースカウトが参加するラリーは
世田谷22団のBVS、チトセもダイキも初めてです。
22団はスカウトが2名と見学者の真央ちゃんの3名。
隊単独ではチームが組めず、20団のBVS隊と一緒です。
それぞれ別な班になったダイキは
チトセと離れたくないのかうじうじしていたけれど
ようやく覚悟を決めたようです。
真央ちゃんはお母さんと一緒にダイキと同じ班。

班ごとになったスカウト達は
砧公園内に作られた
1から8までのCP(チェックポイント)を廻って
ゲームを楽しんで行きます。
テーマのオリンピックにちなんだゲームです。
f0189268_14161140.jpg

CP8の「フリスビーゴルフ」。
2人で協力して的になったビニール袋にディスクが入ったらOK。
何回でゴールできるかを競います。
f0189268_14161538.jpg

CP6は「新聞紙ボートレース」。
二つ折りした新聞紙をボート代わりに
ワニが潜んでいる川を渡りきれるか?
どんどん曲がっていってしまうスカウトもいて
なかなかスリルがありました。
f0189268_14161825.jpg

CP1は「聖火リレー」。
受け皿に乗ったボールを落とさないよう気をつけて
次から次へと聖火をリレーしていきます。
f0189268_14162127.jpg

午前中、班編制のゲームが終わると
昼食の後、全体ゲーム。
まずは「しっぽとりゲーム」。
これはボーイスカウトではおなじみのゲーム。
ネッチをおしりに挟んで、この「しっぽ」を取り合います。
f0189268_14162516.jpg

他人のしっぽを取ることばかり気にかけていると
いつの間にか自分のしっぽを取られていたり。
リーダー達が作る人間の輪がだんだん小さくなって
最後は3人のスカウト達の決戦。

しっぽとりの次は「むかでジャンケン」。
f0189268_14162938.jpg

ビーバースカウト達は遊ぶことが仕事。
とにかく元気に走り回りました。
朝の9時から2時過ぎまで愉しく遊んだ半日でした。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-20 23:21 | boyscout
2012年 04月 22日
城南島海浜公園でカニ釣りなり!
なんだかはっきりしない天気の日曜日。
9時に稲荷神社に集まった
ボーイスカウト世田谷第22団ビーバー隊。
今日はカブ隊と合同で「城南島海浜公園」へ行くのだ。

「城南島海浜公園」は羽田空港が目の前に見える
海沿いに作られた公園で人口浜もある。

いつもは電車を乗り継いででかけるけれど
今日は時間を節約して車でぶい〜ん。
10時過ぎには公園に到着した。
生憎の天気で肌寒いせいか、人出はぐんと少ない。
カブ隊は持参したドームテントを建て秘密基地作りに励んでいる。

ビーバー隊は早速「なぎさ浜」へ偵察に出向いた。
ここで重要な事を発見!
2年前にもカニ釣りをしていたけれど
その時とはなんとなく様子が違うのだ。
海面をじっと見るうちに、それが何か分かった。
海面が低い!
前回カニ釣りをした時よりもぐんと低いのだ。
低いと濡れた岩まで出て行かなくてはならず
こけが生えて濡れている岩はとても滑りやすくて危ない。
ビーバー隊やカブ隊では危なくてカニ釣りは無理だ。

原因は「潮」、つまり「干満潮」ですね。
しかも23日は「大潮」で干満潮の差は170cm近くで
ちょうどお昼前が干潮時に当たっていました。
満潮は夕方。
お昼ご飯を食べた後にカニ釣りが良いようです。

公園内を偵察して、お弁当のおにぎり(ビーバー弁当)を食べて
さて、1時過ぎ。いよいよカニ釣りだ!
d0067378_11502151.jpg
濡れていた岩も少し乾いて
さっきより滑らなくなっている。
それでも注意しながら、事前集会で作った竿のタコ糸に
特製生イカの身の餌を結び着ける。

するめやイカクンでもいいけど、この生イカに勝る物は無いのだ。
餌を放り込んで待つこと数分。
イカの匂いに誘われてカニが集まってくる。
隙間に持ち込まれないよう注意しながら広い場所に誘い出してくる。
ここのところがポイントだ。
d0067378_11502547.jpg
餌をハサミではさんだ状態のカニをそうっと持ち上げて
これも作ってきた特製ペットボトル製の「ビク」に入れる。
今日は潮のせいもあってなかなか渋いが
それでも1時間ほどの間に、一人が4匹ほどのカニを釣り上げた。
d0067378_11502922.jpg

大人も子供も夢中になって、時間があっと言う間に過ぎていく。
d0067378_11503776.jpg

最後にカニを浜の波打ち際から海へ戻してやる。
きっと逃がしたカニ達はいづれ大きなズワイガニになって
「あの時はありがとうございました」と
お礼に来るに違いない。これが「カニの恩返し」だ。

3時過ぎには雨がぽつりぽつり。
ちょうど帰る時間になって、公園を後にした。
今日も怪我もなく無事、楽しんでこれました。
稲荷神社に帰り着いて、終わりのセレモニーをして解散。

また今度ね〜!
[PR]

by goldenmaple | 2012-04-22 23:49 | boyscout
2012年 02月 05日
凧あげ
d0067378_18533539.jpg

ビーバー隊とカブ隊の合同で多摩川へ行く。
兵庫島と呼ばれるところです。
今日は「凧揚げ」。
「新年こどもまつり」で無料でもらった凧揚げキットに
事前の隊集会で絵を描いて、組み立てたものを持ってきた。
凧がまだきれいなうちに
まずは記念写真です。
d0067378_18533621.jpg

あいにく今日は風が吹かない。
それでも河川敷はところどころ風が吹くスポットがあって
凧を手にしてそんな場所を探して歩く。
ちょうど橋の下がそんなスポットらしく
風が吹き抜けていく。
風があれば自作の凧はクイクイ空に昇っていく。

凧を揚げたり、風がなくなればみんなでゲームをしたり。
暖かいスープとココアも飲んで、久しぶりに良く遊んだ。
[PR]

by goldenmaple | 2012-02-05 18:52 | boyscout
2012年 01月 22日
大寒の夜の耐寒訓練30kmONH。
21日の土曜日は二十四節気では
一年で一番寒い頃と言われる「大寒」でした。
東京では前日に雪が降り、
土曜日も1日中冷たい雨が降る
生憎の空模様でした。

そんな土曜日から翌日曜にかけて
ボーイスカウトの世田谷地区友好団が
「30kmONH(オーバー・ナイト・ハイク)を行いました。
土曜の夜21時にスタートして翌朝の7時までに30kmを歩き通して
ゴールするという耐寒・歩行訓練です。
コース上には途中7カ所のCP(チェックポイント)が設けられ
制限時間内にどれだけ早くゴールできるかを競うものです。
決まったコースをコマ地図を参考に歩いていきます。

それまでずっと雨無し記録を伸ばしていた東京でしたが
肝心の土曜日が雨とは何ともついていない感じでしたが
金曜日より3〜4℃気温が高かったのがせめてもの慰めでした。

我が世田谷第22団BS隊からは3名のスカウトと
女子スカウトのためにお父さん判走者が2名ついての参加となりました。
21時八王子の南大沢駅前にある「中郷公園」をスタートしたのは
50名のスカウトと判走者。
それぞれのペースで冷たい雨の中を30km先のゴールに向かって
元気に歩き出しました。

世田谷第22団はCP1である
多摩センター駅近くの大貝戸公園と
CP6(狛江高校近くの土手)が担当でした。
21時にCP1を開設し、待つこと1時間弱。
トップのスカウト達が7km先のCP1に21時48分に到着。
まだまだ元気そうです。
それからの2時間ほどはぞくぞくとスカウト達が到着。
到着時間などを記録し、送り出し、記録を本部に伝えるなど
雨の中、目の回る忙しさでした。
最後のグループが23時28分に出て行って、後は待機。
1時に全てのスカウトがCP2を通過したとの連絡が入り
CP1を撤収して、CP6へ向かいました。

CP6では立派なテントが立ち、発電機によって
煌々と灯りがついています。
僕たちが到着した時点ですでに8名ほどが通過。
CP6でほぼ2/3の行程ですから
あともう少しでゴールです。
ますます天気は荒れて、冷たい雨に濡れながらも
スカウト達が到着しては出かけていきます。
大人でもこんな夜、雨に濡れながら歩くのはいやになりますが
スカウト達は元気に30kmを歩き通していきます。
d0067378_11324720.jpg

まもなく我が22団の3名のスカウトと判走者が到着。
疲れた表情が出てきましたが、まだまだ気力は充実しているよう。
元気に次の最終CPへと向かって出て行きました。

CP1の担当者はここでお役ご免。
深夜に帰宅してボーイ隊の隊長をして本部に詰めている息子と
CP6に待機しているボーイ隊副長のカミさんを待つことに。

世田谷のボーイスカウトはBS時代にこの30km。
ベンチャー時代に50km、ローバー時代に100kmと
次第に距離も伸びていき、最後には御殿場や宇都宮までなら
歩いていける人間に育っていきます。
[PR]

by goldenmaple | 2012-01-22 11:31 | boyscout
2012年 01月 15日
15日は22団の「餅つき会」。
1月15日(日)は
我がボーイスカウト世田谷第22団の恒例行事である
「新春もちつき会」でした。

年々スカウトの数が減少傾向にある我が団は
今年の餅つき会で使用した「もち米」が15kgから10kgに減って
こんなところにもスカウトの数が減ってきている兆しが見えています。

でも今日は悪い話ばかりではなく
入団希望の新人スカウトが2名も来てくれました。
一人は昨年のクリスマス会にも参加してくれたカブ隊年齢のお友達。
もう一人はビーバー年齢のお友達。
早速入隊用の申込用紙にサインをもらって、めでたし、めでたし。
地道に行っている勧誘活動が報われた瞬間でした。
d0067378_1439221.jpg

スカウト達が地域の清掃活動に出かけている間に
残ったリーダーたちで餅米を蒸し上げ、餅つきスタート。
帰ってきたスカウトやお友達も参加してぺったん、ぺったんと餅つき。
今年の餅米はねばりがすごい。
d0067378_14392574.jpg
搗き上がった餅は早速、女性リーダーたちがまるめていきました。
出来上がったのは「あんころもち」、「きなこもち」、「納豆もち」、「おろしもち」。
メインは具だくさんの寸胴一杯に作られた「雑煮」。
朝から冷え切った体には、湯気の上がる暖かい雑煮が最大のご馳走です。

羽根突きやコマ遊びなどをして楽しんだ半日は
瞬く間に過ぎて、2012年のボーイスカウトも元気にスタートです。
[PR]

by goldenmaple | 2012-01-15 23:34 | boyscout
2011年 02月 13日
2月13日はB-P祭でした。
c0208491_19393354.jpg
(PhotoはWikipediaより引用)
なんだか品の良さそうなおじさんの写真ですが、
この人がボーイスカウト運動の生みの親
ロバート・スティーブンソン・スミス・ベーデン=パウエル
Robert Stephenson Smyth Baden-Powell,
1st Baron Baden-Powell of Gilwellです。
余りに長い名前なので、スカウト関係者は「B-P」と
これまた極端に短くした名前で呼んでいます。

1857年2月22日、イギリスはロンドンのパディントン生まれです。
あの熊さんで有名なパディントンですね。
1907年、ブラウンシー島で21名の少年達と行ったキャンプが
ボーイスカウト最初のキャンプと言われています。
で、世界各国のボーイスカウト達がこの2月22日に近い活動日に
B-Pの誕生を祝うお祭り「B-P祭」を団行事として行っています。
我が22団でも13日の日曜日に実施しました。

まずはカブ隊に新しく加わったお友達
「エイカちゃん」の入団式。
c0208491_19485033.jpg
元気一杯の小学3年生です。
セレモニーが終わって、いよいよ今日のプログラムスタート。
c0208491_1949546.jpg
BS隊長から「追跡ハイク」の説明がなされました。
スカウト達は「ベーデン班」と「パウエル班」に分かれ
「サイン」を頼りに目的地を目指すというプログラムです。
それぞれの班はビーバー、カブ、ボーイ、ベンチャーの混合チーム。
ただし、ベンチャーは安全確保が役割なので
この際、頼りになるのはBSのみ。
c0208491_19531895.jpg
最初に元気よくスタートを切ったのは「ベーデン班」。
c0208491_19542512.jpg
歩道の隅にさりげなく置かれた枯れ枝…。
子供のいたずら書きのようなチョークの印…。
が、これが次のルートを示す、大事な「サイン」なのだ!
しっかり見落とさず、サインを分析するベーデン班。
サインに導かれてやって来たのは深沢小近くの通称「おじぞうさん」。
c0208491_19563842.jpg
なんだか変なおじさん達が立ってるぞ。
実はここが重要なチェックポイントです。
一見、リーダー達は制服をちゃんと着ているようだけど
よ〜く見てみると、いろいろおかしな所があります。
ちゃんとそれを指摘できると、重要書類と封筒をもらえるのですね。
無事、書類を受け取り中を見ると
どうも駒沢公園へ行くらしい…。
c0208491_1959435.jpg
てく、てく、てく。
駒沢公園の「うま公園」に到着すると、
カブ隊長他、カブ隊のリーダー達が。
ここではボーイスカウトにちなんだクイズ攻撃だ。
なんなく正解すると、封筒を一つもらえた。
次の目的地は「円形花壇」だと言う。
c0208491_201768.jpg
辿り着くと、さっき優しく見送ってくれたBS隊長達が。
ここでは「キムスゲーム」で観察力と記憶力をテスト。
どうにかここも無事乗り切って、三つ目の封筒をゲット!
さぁ、最後のチェックポイント「じゃぶじゃぶ池」へ。
c0208491_2025448.jpg
VS隊長が一人寂しくベンチに座っているぞ。
ここではロープ結びが出来るとクイズに答える権利が…。
イナBSがみごとな「本結び」でクイズに挑戦。
地球が100cmの球だとしたら、お月様はどれくらい?
答えは3択。1)ビーチボール 2)野球のボール 3)ピンポン球
さて、さて?
みんなで揃って「1番のビーチボール!」
ピンポ〜ン! みごと正解。
最後の四つ目の封筒をゲットして、
暗号を見てみると「じ」「じ」「ゃ」「ん」となる。
「ジージャン」ではもちろんない。
答えは「じんじゃ 神社」ね。
な〜んだ、スタート地点へ帰れってことね。

さて、スタートしてから2時間後
「ベーデン班」が戻ってきた。
20分ほど遅れて「パウエル班」も戻って来た。
神社に戻ってきたら、宝探しが待っていた。
角度と歩数を与えられて、神社境内を探し回ると
新聞紙に包まれた、なんだか「怪しげな箱」が。
開けるとB-Pと名誉団委員長のパウチカード。
それに「B-P汁券」が出てきた。
そう言えば、さっきからなんだかうまそうな匂いがしていた。
c0208491_20105927.jpg

BS副長が鍋をかき混ぜて、
「武器、食器を持って集合!B-P汁だよーっ!」
B-Pが少年達とブラウンシー島で食べたスープにあやかった
熱々の具だくさんトマト味のスープでした。
何杯もおかわり続出で、お腹の中から暖まりました。

B-Pが誕生してから、今年で154年になります。
B-Pおじさん、全世界に広まった「スカウト運動」は
こうして世田谷の稲荷神社にもしっかり根付いていますよ。
[PR]

by goldenmaple | 2011-02-13 20:29 | boyscout
2011年 01月 23日
30kmオーバーナイト・ハイク
前日、書いたように
土曜日の夜21時に東所沢駅近くの
「和田東公園」をスタートして
日曜にかけてゴールの成城学園まで歩く
「30kmオーバー・ナイト・ハイク」がありました。

BS世田谷の友好団が参加して行われるこのイベントに
今回はスカウトの判走者として歩いて来ました。
担当したチームは小六一人と小五2人の
ちびさんバディ。

17時半に桜新町駅前に集合して
田園都市線、南部線、武蔵野線と乗り継いで
東所沢駅に19時に到着。
集合場所に一番乗りしたのはいいのですが、
それから寒空の下、時々近くのコンビニにトイレを借りながら
2時間余り待ってのスタートでした。

コースは463号線に出てから
英ICで254号線に入って朝か駐屯地の先で
大泉学園通りを通って目白通り、
谷原で環八に入って小田急ガード下から
成城学園方面に向かうという30kmです。
d0067378_18254080.jpg
このコース内に全部で6つのチェックポイント(CP)が設けられています
制限時間は翌日の7時。
その他、いくつかのCPで通過制限時間が設けられています。
例えば、CP5(荻窪駅付近)を午前1時半までに通過しないと
制限時間に間に合わない旨の「警告」を与えられます。

わがちびさんチームはスタートから出遅れ
CP1をどん尻で通過。
今回はまずは「完歩」を目標にということで
同じペースで着実に歩こうと、ちび達を励まします。
コマ地図が与えられているので
地図をしっかり読図して進めば、まず路に迷うことはありませんが
そこは小学生、陸橋を使って左の歩道から右の歩道へ移動するだけで
方向感覚が狂ってしまい、今まで歩いてきた方向へ
自信を持って行こうとします。
注意を促すと、しばらくして間違いに気づきますが
放っておいたら、多分、ものすごいタイムロスでしょう。

小五のイナはCP2辺りから少し足を引きずり始め
小五のコイズミは午前3時を過ぎた辺りから
半分居眠りしながら歩いています。
3人の中で唯一の経験者、ケースケは
ともすれば負けそうになる自分を後輩達の手前
必死に押さえて、何度も後ろを振り返って励ましています。

CP2とCP6は「湯茶接待」。
ここでは熱い飲み物、冷たい飲み物、
ちょっとしたお菓子がもらえる「エイドステーション」。
頑張ったチビさんチームは
この湯茶接待CPで10分ほど休憩した他は
ほとんど休憩らしい休憩もとらず、一晩歩き通しました。

ケースケは昨年、制限時間の午前7時3分前に
べそをかきながら、涙で張らした目をしてゴールしました。
今年はそのリベンジ。
最後まで頑張り通して、なんと5時25分に3人揃ってゴール。
昨年よりも1時間30分も早いタイムでの完歩となりました。

後ろから追い上げていたチームが見えたので
最後の数百メートルは全員、全力疾走。
足を引きずっていたイナも、一言も泣き言を言わず
走り通しました。

22団は3チームが参加して、全チーム無事に完歩。
入賞はできませんでしたが、前半の順位をキープしました。

我が家は息子がBS隊長、かみさんはBS副長と
今回の30kmONHには一家でご奉仕していたので
朝、セレモニーが終わって帰宅した時は
3人ともへとへと。
朝風呂を湧かして入って、とりあえずは寝ます。

30km、歩いたその夜は毎回、体がギシギシと鳴ります。
明日はリハビリに励まないと。

30kmONH ちびさんチームの記録
・歩行距離:33.88km(GPSトラック実測)
・歩行時間:7時間44分
・平均歩行速度:4.4km/h
・静止時間:51分(休息・信号待ちを含む)

●30kmの歩数:40,363歩
[PR]

by goldenmaple | 2011-01-23 18:34 | boyscout
2011年 01月 22日
30kmONH。
東京は今日も快晴。
年末から雨とはご無沙汰の天気が続きます。

今夜から明日の朝にかけて
世田谷地区ボーイスカウトの
「30kmオーバー・ナイト・ハイク」です。

昨年、11月に行われた
「50kmオーバー・ナイト・ハイク」は
中3〜高2のベンチャースカウトを対象にしたものですが、
今回の30kmONHは小6〜中2までの
ボーイスカウトが参加するもの。

50kmは各チェックポイントの座標だけが公開されていますが
30kmは決められたルートを「コマ地図」頼りに歩いていきます。
距離は短くなるけれど、季節的にはより寒さが厳しくなって
30kmは30kmで、なかなか厳しいものがあります。

今回はスタートが「東所沢駅」近くの公園。
ゴールが成城学園という北から南に向かって
下ってくるというルートです。

昨年同様、安全確保の役割で
スカウトと判走(伴歩?)してきます。
つかず離れずの距離で
スカウトのペースに合わせて30km歩くのは
50km歩くのよりも、ある意味、辛いものがあります。
特にペースの遅いチームを担当すると
ゴールするのは制限時間ぎりぎりになってしまうので
ゴールできるのは6時ごろになりそうです。
寒空の下、9時間近く歩く訳ですから
なかなか大変といえば大変。
まぁ、その苦労もスカウトが無事、完歩してくれれば
吹き飛んでしまう苦労ではありますが。

今夜、21時。
ゴール目指してスカウト達が歩き始めます。
[PR]

by goldenmaple | 2011-01-22 11:45 | boyscout