カテゴリ:サイクリング( 101 )

2010年 02月 02日
浜通ツーリング | その2
d0067378_17414837.jpg
九之浜町の中浜にあるパーキングで休憩。
日が暮れてきて風も冷たくなってきました。
太ももの裏側、尻が痛くなってきて
腹も減って、残り10kmほど。
d0067378_174436.jpg
あの岬を越えると四倉の浜辺です。
今夜の宿泊地「仁井田浦キャンプ場」はその先。
さぁ、もう一がんばりです。
d0067378_1747397.jpg
「四倉海水浴場」に到着。
冬の海水浴場は閑散として
犬を連れて散歩をするおじさんがいるくらいでした。
16時ちょうどに「仁井田浦キャンプ場」に到着。
d0067378_17542759.jpg

8時過ぎに出発してきたので、実に8時間。
重い荷物と普段からの運動不足がたたって
走行時間5時間ちょっと。休息時間3時間弱の行程でした。
平均移動速度は16km/h程度。

このキャンプ場は無料ですが
夜間照明のあるトイレや炊事場もあって
なかなかいいところです。
多分、オンシーズンにはキャンパーでいっぱいになるのでしょう。
が、今は冬。
「テント住まいをプロにしている方」のものが数張りありましたが
いわゆるキャンプをするのは僕一人のようです。
その中の一人のおじさんと話をしました。
青森から関東目指して旅をしているようです。
冬場の自転車は体にきつく、ここで数週間体力をつけて
再び関東目指して旅に出るのだとか。
見た感じは多摩川の河川敷で
段ボールハウスに住むおじさんと同じでした。

体がすっかり冷え切らないうちに
設営をすませます。
d0067378_1811287.jpg
今回は、村上ツーリングの時と違って
タープではなくちゃんとテントを運んで来ました。
2人用なのでボール、フライ込みで1.7kgほどあります。
テントが起ち上がるとやっと気持ちが落ち着いてきました。

シュラフにインナーを入れ、シュラフカバーをかけて
今夜はこれで-10℃になってもへっちゃらです。
(多分、夜半は2℃くらいだったような)
d0067378_185818.jpg
晩ご飯は途中のスーパーで買ったインスタントラーメン。
アルファ米も持っていましたが、これだけで満腹。
コンビニで買ったコロッケを食べたせいです。(笑)

ウィスキーの小瓶をちびりちびりとやりながら
ラジオでTBCを聞いたり、携帯のワンセグを見たり…。
一人のキャンプだと晩ご飯を食べてからの時間が持てあましますね。
それでも22時ころには眠くなって、最後のトイレに立ちました。
明日(2月1日)は7時起床、8時出発の予定。
おやすみなさい。
[PR]

by goldenmaple | 2010-02-02 17:40 | サイクリング
2010年 02月 01日
浜通ツーリング | その1
d0067378_1414372.jpg
クリックすると大きな画像が表示されます
今回のツーリングは相馬市の茶屋ヶ岬をスタートして
84km先のいわき市仁井田浦キャンプ場で一泊、
再び茶屋ヶ岬近くのキャンプ場へ戻ってくるというコースです。
d0067378_14162285.jpg
閉鎖されたキャンプ場に車を停めて、8時前に出発準備完了。
近隣の邪魔にならないようにと思って、ここに停車したのですが
翌日、これが事件を引き起こすとは想像もしていませんでした…。

バイクにセットした荷物は、
アライの2人用ウルトラライトテント一式、ThermaRest、
montbellのストレッチバロウバッグ#1,フリース・インナーシュラフ、シュラフカバー
といったお家関係。
snowpeakのストーブ「地」、モリタの角コッフェルの小。武器。
110サイズのカートリッジ、シェラカップ、といった台所関係。
BlackDiamondのオービットファントム、ペツルのヘッドライトの照明関係。
その他にダウンジャケット、フリースパンツ、テントシューズなどの防寒関係。

そして今回の秘密兵器GARMINのGPSMAP 60CSx。
前もってカシミール3Dでルートを作り
GPSにダウンロード。
GPSには日本地形図(TOPO10M)を入れてあります。

面倒だったので計ってはいないけど、おおよそ15kgぐらいになってしまった。
この時期のお泊まりツーリングは防寒関係が嵩張って、重たい。
d0067378_1441537.jpg
スタートしてから10kmほど南下したところ。真野川の橋で。
d0067378_14434337.jpg
すぐ近くに太平洋が見える。
d0067378_14451899.jpg
GPSMAP 60CSxに宿泊地の「仁井田浦キャンプ場」までのウエイポイントを登録して走る。
マウントはRAM社のバイク用を使用。
アクセサリー用のネジを忘れてきたので、ゴムバンドで固定してます。(笑)
d0067378_14532943.jpg
32km地点の「浦尻」付近。太平洋の波は穏やか。
日差しも出て止まっている分には暖かい。
まだこの辺りまでは元気一杯でしたね。
d0067378_1456975.jpg
忘れ物はまだあって、サイクリンググローブも忘れた。
グローブが無いと手が大変なので
とりあえずは車に積んであった作業用皮手袋をして
急場をしのいでいましたが
途中のDIYショップでネオプレインの防寒手袋998円なりを購入。
これ、暖かいのはいいけど通気性がゼロなので
30分も着けていると汗かいて中が蒸れてきます。

途中、大熊町の「すき家」で牛皿定食2倍盛で昼食。
福島名物の原子力発電所を2つ過ぎて楢葉町を通過。
スタートしてから62kmほど進んだところで
国道6号線沿いに「道の駅 ならは」に到着。
d0067378_17322977.jpg

ここにも温泉があります。
道の駅から少し行ったところに「Jビレッジ」が見えてきました。
d0067378_17325493.jpg

「Jリーグ百年構想」に基づいて作られた総合スポーツ施設とか。
d0067378_1515574.jpg
ちょうどゲームをやっていて後で調べたら
「第9回東北新人サッカー選手権大会」が行われていたようです。
それにしてもサッカー場だらけです。

さぁ、残り20kmほど。
ちょっとへばって来ました。
[PR]

by goldenmaple | 2010-02-01 23:54 | サイクリング
2010年 01月 30日
あっ! 忘れ物…。
4年生の卒展まで後1週間余り。
そんな関係で今回は水曜日から来週の水曜日まで山形です。

で、土曜日〜月曜日にかけて
福島県の浜通地方を自転車ツーリングの旅にでかけようと
計画しました。
浜通なら雪はないし、まぁ海岸近くなら
そう起伏もないだろうという安易な読みです。

当日、早起きをするのは苦手なので
金曜日の夜、入試の採点、4年生のゼミと終わらせて
山形道→仙台南部有料道路に23時過ぎに着。
車中泊しました。

土曜日の朝、少し寝坊して9時に起床。
快晴の天気。
さぁ、準備をして出かけるぞぉと
クロスバイクをキャリアから下ろして荷物をセットし…
サイクリングシューズはと…。
で、サイクリングシューズはと…。
が〜〜〜ん。
大学の研究室に忘れて来ています。

クロスバイクはPSDペダルになっているので
サイクリングシューズがないと乗れません。
20分ほど打ち寄せる太平洋の波を見ながらうなだれていました。

しょうがない。
再び大学へ戻ってシューズを取ってくることに決定。
来た道を引き返し、2時間後大学着。
メールのチェックをして、再び相馬市へ。

途中、仙台東部有料道路を「亘理(わたり)IC」で降りて
「鳥の海」そばにある「わたり温泉鳥の海」へ。
d0067378_134257100.jpg

赤丸部分が亘理町営の「わたり温泉鳥の海です。
d0067378_13435349.jpg
この建物の5Fに温泉と岩盤浴があります。
大人800円。(19時以降は500円に割り引き。岩盤浴は温泉込みで1800円)
1日を無駄にしてしまったとは思わず、
観光をしたと思うことに。(温泉しか入ってないけど…)

44.4℃の弱アルカリ泉のお湯はとても気持ちいい。
露天風呂もあって5階から太平洋が一望できます。

温泉で暖まったら、再び茶屋ヶ岬へ。
今は閉鎖されてしまったキャンプ場前に車を止めて
途中のスーパーで買ってきた食材で夕食。
シュラフに潜り込んで11時に就寝。
明日は7時起床、8時に出発だ!
[PR]

by goldenmaple | 2010-01-30 20:27 | サイクリング
2009年 12月 25日
お弁当食べに多摩川CRへ
クリスマスの日、お昼ごろから多摩川へでかけました。
風もそれほどなく、お日様も出ていい天気です。
背中に背負ったディパックには
ダウンベストとポットを詰め込んで
途中、コンビニでおにぎりを買って
多摩川CRに出ました。

平日なのでCRにはほとんど人も居なくて
気持ちよく走っていけます。
府中の「郷土の森」前の河川敷に降りて
背もたれにちょうどいい木の根元で
お弁当です。
d0067378_17295716.jpg
d0067378_17301132.jpg
コンビニで買ったおにぎりが3つと
ポットの中は甘めに作ってきたレモンティ。
ぼかぽかとした日差しに包まれて
おにぎりをぱくついていると
気持ちがとてもまったりしてきます。
30分ほど惚けたあとは
10kmほど走って折り返しました。

●本日の走行距離 54.3km ●走行時間 2h48min.
[PR]

by goldenmaple | 2009-12-25 17:33 | サイクリング
2009年 11月 18日
鮭の町村上ツーリング | その6
d0067378_2152329.jpg
コッフェルを出してコーヒーを淹れ飲んでいると
日本海に陽が沈んで行きます。
1日曇りと思っていたのに夕方まで付き合ってくれた
太陽に感謝です。
d0067378_2154789.jpg
何人か居た釣り人も一人、二人と帰って行って
いつの間にか一人の釣り人が竿を振るだけになりました。
d0067378_21552445.jpg
ゆであがった「冷凍讃岐うどん」に野菜の掻き揚げを投入。
同時に日本酒をちびり、ちびり。
まったりとした夕食の時間ですが、まだ17時半。

18時過ぎにすることが無くなり、スリーピングバッグに潜り込みます。
疲れているのか、寝返りを打とうとすると、右足が攣りそうです。
いつの間にか眠ったらしく、目が覚めたら21時。
風が強く、タープを張り直してコーヒーを一杯。
なんだか目が冴えてしまい、かと言ってすることもなく
東屋でぼーっとしていると、次第に今夜の天気の事が気になってきました。

天気予報では夜半から雨になるそうで、土曜日は1日雨。
雨の中五十川まで帰って行くのは億劫だなぁという想いがふつふつと涌いてきます。
どうせ眠れないなら…。 雨が降り出す前に帰るか…。
まずヘルメットにヘッドライトをガムテで固定して
テイルライトを背中のディパックにも追加してと
帰り支度を始めました。
すっかり帰り支度が整ったのが22時。
まぁ、ゆっくり帰っても午前3時過ぎには五十川駅に着きそうです。
途中、雨がひどくなれば最寄りの羽越本線駅近くで
スリーピングバッグに潜り込めばいいや
ぐらいの適当さで出発しました。

出発してからはほとんど真っ暗な345号線を
孤独に走っていきます。
ときおり車が走ってきますが
左側にあるはずの海も、右側の山も見えず
ひたすら路面のでこぼこだけに注意を払いながら走ります。
途中、ぱらぱらと雨が降って来ましたが
たいしたこともなく、
7号線に出てからは後ろから迫ってくるトラックに怯えながら
五十川駅に2時半に無事、戻ってきました。

温海温泉を越えたころから雨が本格的に降り出してきましたが
レインウエアの上だけ着て、たいして濡れることもなく
たどり着けました。
d0067378_2292081.jpg

帰りはただ暗闇の中を走って来ただけのツーリングだったけど
まぁ、無事戻って来られた事を良しとします。
d0067378_2211161.jpg
▲ガムテでヘッドライトを固定したヘルメット。

●今回の走行距離 133.82km ●走行時間 7時間52分
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-18 22:13 | サイクリング
2009年 11月 17日
鮭の町村上ツーリング | その5
今日の山形は1日中雨降りの天気です。

さて、だらだらと続いている「村上ツーリングの話」ですが、
そろそろまとめないといけません。
「かごめ弁当」の鮭弁当を食べ終わってから小一時間で三面川を通過。
14時過ぎに村上市街に入りました。
9時半に五十川駅を出てきたので、ここまでで4時間半。

かっては村上藩の城下町として栄えた村上は
市内に武家屋敷や古い「商人町」の店が残っています。
d0067378_2128877.jpg
▲これは木工芸のお店。
商人町を走っていると…
d0067378_2129977.jpg
店の軒先にやっぱり村上名物の「塩引鮭」がぞろりと下がっていました。
近づいて見ると…
d0067378_21301069.jpg
いい感じになっています。
うまそうだなぁ。
帰ってからネットで調べてみたら5kgほどのもので1万ちょっと。
なかなかのお値段がします。

市内を一巡した後、スーパーで今晩の食材を購入。
冷凍の讃岐うどんと野菜のかきあげ。
日本酒の1合瓶につまみのげそ唐揚げ。
念のためにミネラルウォーターを500mlなど。
d0067378_2134561.jpg
「石舟神社」に寄った後、瀬波温泉横の海浜公園に到着。ちょうど15時過ぎでした。
暗くなる前にタープを張って今夜の寝床を作ります。
d0067378_21363175.jpg
ちょうどいい感じの東屋があったので、この横に決めました。
mont•bellのミニタープを張ります。
d0067378_21374494.jpg
寒いといやなのでスリーピングバッグは
mont•bellのSSバロウバッグ#1を持ってきましたが
なんだかとっても温かく(多分14℃ぐらい)
もっとコンパクトなもので良かったようです。
寝床を作り終えて16時過ぎ。そろそろ陽が傾いてきました。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-17 21:40 | サイクリング
2009年 11月 16日
鮭の町村上ツーリング | その4
d0067378_13295825.jpg

「笹川流れ」の奇岩がならぶ風景を横目で眺めながら走っていたら
こんな洞穴に出会いました。
これは345号線からも良く見える洞穴で
きっとここから沈む夕日を見たら最高でしょうね。
d0067378_13315459.jpg
遙か遠くに目的地である村上市の瀬波温泉街が見えてきました。
d0067378_13332920.jpg
かすんで見えていた粟島もずいぶんと大きく見えています。
d0067378_13341543.jpg
途中、「かごめ弁当」と看板が上がっていた弁当屋さんで「鮭弁当」を買いました。
なんだか映画の「かごめ食堂」みたいで思わず寄って見たのです。
可愛げなおばさんが二人でやっていました。
風よけに近くのあぜ道に座って食べます。

村上市街まではあと数キロ。
14時過ぎには到着しそうです。
向かい風が強い。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-16 13:37 | サイクリング
2009年 11月 15日
鮭の町村上ツーリング | その3
d0067378_21103695.jpg
ますますいい天気になってきました。
抜けるような青空と青い海。
30km以上、海沿いの道が続いています。
d0067378_2113279.jpg
一枚だけセルフで記念写真。
d0067378_21133432.jpg
浜の砂が明るい色のせいか、海の色も緑がかって見えます。
どこまでも走っていけそうな気分になってきました。
d0067378_2115129.jpg
しばらく走っていると民家の隣に鮭がぶら下がっていました。
村上名物の「塩引鮭」です。
遡上してきた雄鮭に塩をすり込んでから
村上の寒風にさらされていく中で
鮭は自己の消化酵素によってアミノ酸発酵をするそうです。
いかつい雄鮭の顔が風にさらされることで
いっそう渋い表情になって、
顔を眺めているだけでもおもしろい。
d0067378_2120321.jpg
さぁ、この辺りから天然記念物の「笹川流れ」の景勝地が始まります。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-15 21:20 | サイクリング
2009年 11月 14日
鮭の町村上ツーリング | その2
翌金曜日、朝8時に起床。
空は青く、思ったよりいい天気です。
コーヒーを入れて、村上目指して日本海沿いを南下です。
d0067378_20523082.jpg
▲駅近くの五十川バス停前で記念写真。
d0067378_20533385.jpg
▲風も無く、青空が広がって気持ちのいい朝になりました。
d0067378_20544422.jpg
▲10数キロ進んだところの道の駅「しゃりん」で一休み。
遠くに「粟島」が見えます。
d0067378_20573729.jpg
去年、酒田までサイクリングした時は
この「しゃりん」からスタートしました。
d0067378_20592442.jpg
▲「鼠ヶ崎」を過ぎると新潟県に入ります。
小さな川。
透き通る水と川岸のすすき。
見ているだけでなんだかなごんでくる景色です。

d0067378_2134220.jpg

▲粟島がだいぶ大きくなってきました。
勝木から内陸部へと向かう7号線と分かれて、海沿いを走る345号線へ。
越後寒川を過ぎて景勝地の「笹川流れ」と呼ばれる地域に入ります。
d0067378_2173550.jpg

▲途中の小さな川で「鮭漁」をしている漁協のおじさん達に遭遇。
網を張って、竹の棒で水面をたたきながら
遡上してくる鮭を捕っています。
橋の上から見ていると1匹、2匹と
体高ほどの水深の川を遡ってくるのが見えました。
d0067378_2116796.jpg
▲軽トラックの荷台には婚姻色の出た雄鮭がいます。
うまそう!
さて、まだまだ村上までは30数キロ。
先を急ぎます。
[PR]

by goldenmaple | 2009-11-14 21:01 | サイクリング
2009年 11月 14日
鮭の町村上ツーリング | その1
木曜日、夕方ツーリングの準備を終えて
6時過ぎに車のキャリアにクロスバイクを乗せ
一路鶴岡目指して出発!です。

天気予報は「曇り一時雨」から「曇り」に昇格。
ちょっと期待が持てそうな気配です。
当初のスタートは鶴岡市郊外の
月山道路情報ターミナル」と考えていましたが、
土曜日が1日雨降りの予報ということもあって
距離を少し短くすることに決定。
軟弱者だもの。

帰路、エスケープに羽越本線を利用することも考えて
温海温泉手前の五十川(いらかわ)駅の駐車場まで
車で行くことにします。
d0067378_1852592.jpg
五十川から目的地の村上までは片道65kmほど。
最初の計画よりは40kmほど短くなりますが
初めてのツーリングにはちょうどいいかなと、言い訳。
d0067378_18553376.jpg

途中、藤沢周平でおなじみの「湯田川温泉」に寄ります。
この温泉街の中程にある公衆温泉「正面の湯」で
一風呂浴びて行こうというわけです。
大人200円。隣の旅館のおばさんにお金を払ってドアをあけてもらいます。
湯温は40℃ちょっと。のんびり浸かるにはちょうどいい温度です。
すっかり暖まって、五十川駅に22時前に到着。

晩ご飯にラーメンを作って、コーヒー飲んで
明日のために早目に就寝。
空には満天の星。
d0067378_18555410.jpg

[PR]

by goldenmaple | 2009-11-14 18:56 | サイクリング