カテゴリ:サイクリング( 101 )

2013年 06月 03日
ツール・ド・さくらんぼ2013。寒河江の人は暖かい。その2
d0067378_18461586.jpg

月山湖の第三エイドを出発して、次に向かうのは大井沢の伝承館。
ここが78km地点の第四エイド「大井沢エイド」。
普段は通れない管理用道路がコースになっている。
車も通らない気持ちのいい道だけど、ところどころにやっぱり「登り坂」(笑)。

「大井沢エイド」ではバナナ、スポーツドリンク、ドライフルーツなどを頂く。
だんだん疲れが溜まってきたようで、つい腰を下ろす場所を探している自分が情けない。
あんまり休んでいると動くのがいやになりそうで、10分ほどして次に向けて走り出す。

第五エイドの「柳川エイド」へ至る途中には「大頭森山」がひかえている。
寒河江川と分かれて根子沢沿いに道は登っていく。
この辺りは数年前までフライフィッシングで良くお世話になった沢だ。
再びただならぬ量の汗と鼻水(なぜか出てくる)を垂らしながら
どうにか大井沢トンネルに辿り着いた。
ここで地獄の登りは終了。
トンネルの中はひんやりして風が気持ちいい。
d0067378_18463972.jpg

大井沢トンネルを抜けると今度は急斜面の下りが待っている。
葉山からの下りよりも道幅が狭く、対向車も時折登ってくるので怖い。
いつでもコントロールできる範囲のスピードになるように気をつける。
体よりも気持ちの方が疲れてきた頃に第五エイドの「柳川エイド」(93km)に到着。
d0067378_18471778.jpg

ここでは「柳川温泉」で作った温泉卵
(ボランティアのおじちゃんはパワーエッグ!と言っていた)をご馳走になった。
他にラ・フランスのゼリーやチョコレートなど。
時間的に3時のおやつの時間なので、甘いお菓子がメイン。
優しい心遣いを感じてうれしくなる。
さぁ、これから先は下りがメイン。
頑張って行こう。
d0067378_18481354.jpg

第六エイドは「朝日ワイン城」(112km)。
ここが最後のエイドとなる。
ここはワインセラーだけにブドウジュースで出迎えてくれる。
バナナや地元名産の「凍み餅」も。
芝生に寝転んでしばし休憩。
もう長かったコースも残り11km。
制限時間までには1時間残っているから、ゆっくり走っても完走できそうだ。
d0067378_18484656.jpg

残り11kmはゆっくり走った。
沿道の応援にもだんだん手を振って応えられるようになってきた。
最小はかなり恥ずかしく、頭をぺこりと下げるだけで済ませていた。
それにしても交差点や曲がり角に配置されたボランティアの人数は相当なものだ。
みんなが暖かい声援を送ってくれる。
d0067378_18493140.jpg

16時半に再び「最上川ふるさと総合公園」に戻ってきた。
朝、9時過ぎにスタートしてから7時間半。
サイクルメーターでは6時間半の走行時間。
ゴールした時のみんなの暖かな出迎えには、ちょっと感動してしまった。
尻は痛いし、ふくらはぎはぱんぱんに張ってしまっているけれど
怪我もせず無事、帰ってこれてなによりだった。
d0067378_1849585.jpg

ゴール後、参加賞と完走賞をもらっていたら、声をかけられた。
なんと日頃、そのパワフルぶりに憧れ、勝手に「師匠」呼ばわりさせてもらっている
「かさね師匠」が妹さん(こっちは大学の教え子)と一緒に居たのだ。
知らなかったが、師匠には早くも30km手前の葉山の登りで抜かれていたらしい。
一番、情けない状態で抜かれていたことになる。
まぁ、これからも修行を積んで師匠に恥ずかしくない弟子にならねばと思う。
でも、師匠は弟子よりも30歳以上若いので、永久に師匠は前を進んでいく…。
d0067378_18502598.jpg

ゲスト参加していた安田大サーカスの安田団長がTV局のインタビューを受けていた。
d0067378_18505061.jpg

参加賞に佐藤錦のパックと卯月製麺の「冷たい肉そば2人前」。
完走賞として「ツール・ド・さくらんぼ2013」のロゴが入ったフェイスタオルを貰う。
500人のサイクリストが参加した「ツール・ド・さくらんぼ2013」はいい大会だった。
何よりもボランティアの暖かいもてなし、沿道の人の応援の暖かさが伝わってきた。
来年も続いていってもらえたらうれしい。

その前にもっと体を鍛えるべきだな。
しみじみ思いながら温泉へ向かうのだった。

●本日の走行距離: 123km
[PR]

by goldenmaple | 2013-06-03 18:45 | サイクリング
2013年 06月 02日
ツール・ド・さくらんぼ2013。寒河江の人は暖かい。その1
d0067378_18403884.jpg

6月1日、土曜の朝はいい天気で幕が開けた。
今日は「ツール・ドさくらんぼ2013」。
最上川ふるさと総合公園から慈恩寺、葉山、寒河江ダム、月岡
柳川、朝日ワイン城と巡る全長123km、獲得標高1800mを
制限時間8時間で走る、自転車乗りのお祭りだ。

7時にスタート会場の「最上川ふるさと総合公園」に到着。
受付を済ませて「344」のゼッケン、ヘルメットシール、バイクシールをもらう。
開会式の後、9時にスタート。
d0067378_18415056.jpg

スタートは15人ずつのウェーブスタートだ。
脚力に自信のない僕は2番目のグループに潜り込む。
遠くに月山が見える。
d0067378_18421316.jpg

まずは寒河江市内を静かに走る。
郊外へ抜けるまでは「追い越し禁止区間」だ。
たくさんの人が応援してくれるが、なぜか照れくさい。
第1エイドの「慈恩寺エイド」までは13km。
ここまではたいした登りもなく、緊張しながらも快適。
d0067378_18424476.jpg

慈恩寺エイドでは「ところてん」。
つるつるとのどを滑るところてんが気持ちいい。
ここで道中の安全を願って「御守り」を渡される。
さぁ、ここから先が最大の難所、葉山への700m近い山岳コースだ。
もともとメタボな体型だから、坂道はきらいだ。
次から次へと抜かれ続け、ふらふらしながら最後の力を出すも
とうとう歩くより遅くなり、観念して500mほど歩く。
この登りの15kmほどを通常の倍ほど、1時間半かけてクリアする。

もう、心底、死ぬかと思った。
ここでアスリートの「かさね師匠」に静かに抜かれていたが、気がつかず。
d0067378_18432267.jpg

第2エイドの「葉山エイド」では、お昼も近いので
つや姫のおにぎりと、たけのこ汁、ソーセージ、漬け物が出た。
いづれも地元の食材だ。
最大の難所を乗り切っただけに、足は重いけれど
心は軽く、晴れやか。めしがうまい!
この後はせっかく登ったのに、一気に下る。
あんなに汗と鼻水を流しながら登ったのに…。
降りたくない!
と、思うがそれでは先に進めないので、仕方なく出発。

びびり屋の僕は登りも嫌いだが、下りはもっと嫌いだ。
小刻みにブレーキをかけながら、スピードが45km/h以上に
ならないように気をつける。
握力が無くなってきた頃にどうにか傾斜が緩やかになる。
登った貯金はあとわずかになった。

この先は寒河江川に沿って寒河江ダムの月山湖へ。
ここから先も長い長い登り坂が続く。画像水ヶ瀞滝を越える辺りからまた、傾斜が急になってくる。
d0067378_18442183.jpg

木々の間から寒河江ダムの放水路が見えてきた。
最後の急坂を抜けるともう、寒河江ダムまではあとわずか。
たくさんの人が応援してくれる中
ようやく午前中の最後の第3エイド「月山湖エイド」に着いた。
d0067378_1844466.jpg

「月山湖エイド」では、スポーツドリンク、バナナ、くるみ羊羹、
それに西川町の山菜がたっぷり入った「山菜そば」。
うまい。
ここまで63km。
まだ、半分を過ぎたばかりだけれど、体力は2/3は使い果たした感じがする。

足はすっかり重くなったし、汗はこれでもかとかいた。
でも、なんだかうまいものをたらふく食べて、結構お腹もいっぱい。
のんびり昼寝でもしたい気分になってきた。

さぁ、また走るぞ。
[PR]

by goldenmaple | 2013-06-02 18:39 | サイクリング
2013年 05月 25日
いじわるな向かい風。白鷹は遠いなぁ。
d0067378_957632.png

オフになった金曜日。
いい天気に誘われてサイクリングに出かける。
目的地は以前も行ったことがある白鷹やな公園。
前回はその後、寒河江を回って帰ってきた。
d0067378_958753.jpg

9時過ぎに出発するもずっと強い向かい風。
なんだかペダルをぐるぐる回すも前に進まずとういう感じだ。
空には白い雲が浮かび、水を張った田に風が波紋を作る。
遠くに飯豊の山々が真っ白に雪をかぶって見える。
が、いじわるな向かい風で遅々として進まぬ。
お昼過ぎにようやく長井市を通過。
後、白鷹やな公園までは10kmほど。
d0067378_9582073.jpg

でもね、ここですっかり気力が無くなってしまう。
最上川の土手に登って「桜づつみ」の公園でしばし昼寝。
のどかな時間にこのままここに居たいと思う。

おにぎりを食べて少し元気が出てきたので
白鷹やな公園を数キロ手前にして引き返すことにする。
三浦さんが80歳でエベレストピークに立ったのに
こっちは情けないことに「風」にさえ負けている。

帰りはあれだけいじわるだった向かい風が
どんな心変わりか、やさしく、時にたくましく
背中を押して、「さぁ、走れ。どんどん走れ!」と
耳元でつぶやく。
それに気を良くしてペダルを回す、回す。
d0067378_9582625.jpg

最上川は山形県を逆「し」の字に流れているから
いろいろな所で見ることができる。
酒田の最上川も、米沢のそれも良いけれど
長井で見る最上川もなかなか良い。
d0067378_9584233.jpg

黄金の稲穂をたたえた田んぼもいい景色だけれど
水を張った光る田んぼもいい眺めだ。
何か豊穣な大地の香りが漂ってきそうな気がする。
d0067378_9585037.jpg

帰り道、上山市中山地区の「白髭神社」へお参りする。
ここの鳥居はりっぱな石造りで、いつも見上げてしまう。
上山を過ぎればもうゴールは近い。
最後のだらだら坂を登り切れば、見慣れた大学の
おにぎり屋根だ。

この後、飲むビールを楽しみに、お疲れさん。

●本日の走行距離: 107km
[PR]

by goldenmaple | 2013-05-25 09:59 | サイクリング
2013年 03月 29日
多摩川サイクリングロードへ。
d0067378_197830.jpg

暖かい南風に誘われて数ヶ月ぶりに多摩川サイクリングロードへ。
桜も今日明日が最後のようで、風に花を散らせている。
生憎の曇り空だけれど、風もなく半袖で十分な暖かさだった。
平日なこともあって満開の桜の下では
お母さんや子供達がのんびりと花見をしていた。
こうして多摩川沿いを走っていると
やはり日本人は桜が好きなのだなと思う。
花が目立つからなのだろうが
そこかしこに桜がある
町中、桜だらけだと言ってもおかしくないくらい。
d0067378_1971276.jpg

府中四谷の土手道横にあるセブンイレブンで折り返し。
d0067378_1971566.jpg

隣にあるY’s Roadで700Cのスペアチューブと
今まで使っていたサイコンがだめになっていたので
CATEYEのサイコンを買う。

帰り道は少し風にいじめられながら帰宅。
やっぱりロードバイクは気持ちがいい。

●本日の走行距離:およそ45km
[PR]

by goldenmaple | 2013-03-29 19:08 | サイクリング
2012年 10月 08日
リハビリ・サイクリング。
d0067378_952282.png

昨日は松島ハーフマラソンだった。今朝、いつものように体中の筋肉と筋が固まったように硬い。
前日、長い距離を走ったり、歩いたりした翌朝は
こうして体が固まってしまい、ロボットのようになってしまう。

こうなったら一番良く効くのが
とにかく少しずつ体を動かすことだ。
歩いてもいい。
ただ、目的もなく歩いているとすぐに厭きてしまうのと
ロボットのようにぎこちなく歩いていくのが恥ずかしい。
一番楽で簡単なことは、自転車に乗ることだ。
自転車は全身運動なので、堅く固まった体をうまい具合に
ほぐしてくれる。
今日は天気も良く、朝方から空が高い。先々週には東北ツーリングで北の方へ行ったので
今日は楢下宿の方へ向かう。
昔の羽州街道だ。
d0067378_952891.jpg

数年前にバイパスができてから
車でもめっきり通らなくなってしまったけれど
古い宿場町の趣がそのまま残り、いい町だ。
楢下宿を過ぎて道はアップダウンを繰り返し坂がけわしくなってくると「柏木峠」だ。
標高420mほどか。
d0067378_952571.jpg

峠のトンネルを過ぎると「二井宿」の集落になる。
d0067378_9521220.jpg

すっかり実をつけた蕎麦畑が拡がる。
道は七ヶ宿街道の113号線と合流して、高畠へ向かう。道の駅「たかはた」へ寄るが、イベントで人が多く、すぐに逃げ出す。

帰りは13号と羽州街道を使いながら上山へ。
ポタリングのつもりで出かけてきたのに、つい遠出になった。

●本日の走行距離:75.3km
[PR]

by goldenmaple | 2012-10-08 23:50 | サイクリング
2012年 09月 29日
東北ツーリング 5日目・9月29日(金)
d0067378_9533279.jpg

9月25日に大学を出てきてから、今日で5日目。いよいよ今日は最終日となった。
今日は青森県西津軽郡深浦町の椿山から
東北新幹線の発着駅、「新青森」までの100kmちょっと。
d0067378_9535444.jpg

昨日までの良い天気は、台風の影響か今日は曇り空。
天気予報では曇り時々雨。
夕方まではどうにか持ちそうな気配もする。
8時前に宿を出て101号線をメインにできるだけ海沿いコースを走る。
日本海も北へ上がってくると随分と視界は開けてきて
水平線の「丸み」が見て取れる。
丸い地球の水平線に〜と歌いながら走る。
d0067378_9534991.jpg

「五能線」が101号線よりも海側を平行して走っている。
本数が少ないからほとんど電車を見ることはできないけれど
乗ってみたくなる電車だ。

奇岩群の「千畳敷」を越えると、101号線は進む方向を
北から次第に東へと傾ける。
1時間弱で「鰺ヶ沢」。
鰺ヶ沢からは内陸部に向かって進む。
道の駅「もりた」で昼食。
林檎ジュースがうまい。
d0067378_9534356.jpg

この方角から見上げる「岩木山」は頭がとんがっていて格好いい。
今日はその頭に雲を載せていた。


101号線は五所川原市へ向かうのだけど
国道ばかり走っていても気疲れするので
県道に折れ鶴に縁のある「鶴田町」へ向かう。

次第に林檎の果樹園が景色の中に増えてくる。
まだ陽にあたる量が足りないのか色づきは今ひとつだけど
むっちりと重量感のある実がたわわになる様を見ると
それだけでちょっと豊かな気持ちになってくる。

自転車のツーリングだと、途中でいい温泉を見つけても
一風呂浴びるというのはなかなか難しい。
その後でペダルを踏めば、また汗を流すことになるからだ。
だからゴール間近でなければ立ち寄ることはできない。
d0067378_9534045.jpg

新青森駅まで残り8kmほどの所
「鶴ヶ坂」にひなびた温泉「たらポッキ」がある。
この不思議な名前は隣にある「三幸食品」のおつまみ商品である
「たらポッキ」(チーズたら)から由来している。
三幸食品が工場用にボーリングしたら
熱いお湯がわき出たということらしい。
お湯はしょっぱいナトリュウム塩泉。
ほとんどが地元のおじさん、おばさんで
のんびりつかるには最適のお湯だった。
d0067378_954043.jpg

16時に新青森駅に到着。
予定している東京行きの新幹線は17時33分発なので
時間はたっぷりある。のんびりと自転車をばらす。
d0067378_954132.jpg

マウントしていたGarminのGPSの記録では積算距離は468kmとなっていた。
真面目に頑張ると三泊四日で走れるのかもしれない。
まぁ、おじさんにはこんなペースがちょうどいい。
17時33分、輪行バッグに自転車を入れ、ビールと駅弁を買って乗り込んだ。

仙台から仙山線に乗り換え山形駅に20時58分着。
帰りはわずか4時間弱。新幹線は速い。
d0067378_9541049.jpg

駅を出て再び自転車を組み立て大学前の坂道で
最後の汗を流す。
ここまで怪我もなく、たいしたトラブルもなく
無事帰ってこれたことを感謝して自転車を降りる。
[PR]

by goldenmaple | 2012-09-29 23:52 | サイクリング
2012年 09月 28日
東北ツーリング 4日目・9月28日(金)その2
d0067378_9455763.jpg

今日の宿に14時には着いてしまった。
チェックインにはまだまだ時間がある。
それで数キロ先の黄金崎にある「不老不死温泉」へ行くことにした。
今日の宿の「ウェスパ椿山」も温泉があるけれど
なんと言っても「不老不死」だ。
一風呂浴びない手はない。
この温泉の売りは波打ち際にある混浴露天風呂だ。
波が高ければ温泉に浸かりながら波をかぶりそうな風呂だ。
しかも露天風呂の前に「混浴」まで付いてくる。
内風呂で体を洗ってからというルールに従ってまずは汗を洗い流す。
その間にも露天風呂へと続く通路を若い女性たちが歩いていく。
d0067378_9454688.jpg

頭の中には若い女の子がびっしり詰まった露天風呂の風景が拡がる。
そんな中におじさんは何気ない顔で入っていけるのか?
目のやり場に困ってはしまわないのか?
湯船から出られないような肉体の変化が生じたらどうするのか?
いろいろな妄想が拡がっていく。

ドキドキしながら露天風呂へと歩いていくと
「混浴」という表示の隣になぜか、「女湯」とある。


えっ?

一瞬、理解できずに立ち止まる。
男湯も女湯もないから、「混浴」なのではないか?
「混浴」と「女湯」は同列に並ぶ言葉なのか?
いったい何を根拠に「混浴」と言い張るのか?

おじさんは、ふーっとため息を吐く。
案の定、「混浴」の表示がある方を覗いたら、誰一人居なかった。

露天風呂へ向かって行ったたくさんの若い女の子は
一人残らず「女湯」へお入りになったようだ。

おじさんはがっかりしながら、同時にほっと安堵もして
一人静かにお湯に沈んだ。
風呂上がりに休息所で横になって、目をつぶっていたら
いつの間にか眠ってしまったらしく17時。
再び戻って宿にチェックインする。
d0067378_946103.jpg

おじさんの一人旅には全然似合わない
かわいい造りのコテージだった。

おじさんの寂しさが、また一層つのる。
明日は鰺ヶ沢を経由して再び内陸部へ。
新青森駅までのおよそ100km。
17時過ぎには東北新幹線の人となる。

4泊5日で走り抜けた東北ツーリングが
帰りはわずか4時間の電車の旅となる。
ともかく僕の夏休みはこれで終了だ。
d0067378_9462198.jpg

空が青くて高い。
[PR]

by goldenmaple | 2012-09-28 23:59 | サイクリング
2012年 09月 28日
東北ツーリング 4日目・9月28日(金)その1
d0067378_12474956.jpg

25日からスタートした「東北ツーリング」も4日目となった。
いい大人が仕事もしないでと言われそうだけど、しょうがない。
やれる時にやっとかないと。
50歳を過ぎてからいろんな事に対して、そう思うようになった。
いつあの世から「おいで…」と言われるかわからないのだ。

8時前に手作り感満載の民宿での朝食を終えて出発。
今日のコースこそ、ずっと憧れていた秋田から青森へ抜ける
日本海コースなのだ。
能代を過ぎると青森県と接している「八峰町」に入る。
道は内陸部へ向かう国道7号から海沿いを走る
「能代街道(101号)」に変わる。
天気予報では「晴れ後曇り」と出ていたけれど
走るにつれ、空の青はどんどん拡がっていった。
日本列島を時計回りで走れば、左側通行の自転車は
ずっと海側を走ることができる。
多少のアップダウンなど全く気にならないほどに
テンションが上がってくる。
d0067378_12485581.jpg

時折、「ひょーっ」とか「うひゃー」などの奇声を上げて走る。
ただただ風を受けて、いい景色の中を走るだけのことに
アドレナリンが吹きまくる。
「能代街道」は東八森で「大間越街道」に変わる。
d0067378_1249895.jpg

海辺の集落が箱庭のように見える。
101号線は時にバイパスのように標高を上げて
集落を避けるように走るけれど
GPSを参考にできるだけ海辺に沿って走る。
くねくねと蛇行する昔ながらの道を走っていると
ふと時が止まってしまったような気がしてくる。
d0067378_12492767.jpg

道の駅「はちもり」で休憩。
ここを過ぎると青森県だ。
今日の宿は当初の計画では100km先の鰺ヶ沢に取る予定だった。
でも、前日になっての予約では空きが見つからず
どうにか予約が取れた深浦町までの60kmちょっとに変更した。
したがって、今日は今までの行程の中でも一番、距離が短い。
のんびり、いろんな所に道草を食っても時間的な余裕がある。
白神岳登山口を過ぎると途中、「十二湖」の標識。
火山活動でせき止められて出来上がった
湖が大小併せて十二あるらしい。
101号から折れ、150mほど昇ると湖が見えてくる。
d0067378_12494432.jpg

全ての湖を廻る元気はなく、最初の湖を見て引き返す。
まだお昼頃だけど、あと2時間もしないうちに今日のゴールだ。

< その2へ続く >
[PR]

by goldenmaple | 2012-09-28 23:46 | サイクリング
2012年 09月 27日
東北ツーリング 3日目・9月27日(木)
d0067378_20384549.jpg

大曲のホテルでもしっかり6時半には目が覚めた。
7時までに荷物をまとめて、チェックアウトして朝食。
d0067378_20384720.png

7時半に出発。今日は秋田市を経由して能代までの110kmほど。
8時前に出ると特にアクシデントがなければ
陽が落ちる前にはその日の宿に着く。
これはとても大事な事で、山を縦走する時もそうだけど
陽がある内に1日の行動を終えるというのが鉄則だ。

大曲を出てしばらくすると13号線は山の中に入る。
それほど昇らされるわけではないけど
頻繁にアップダウンを繰り返す。
汗を流しながら真面目に昇る。
d0067378_20393488.jpg

今日は昨日にも増していい天気だ。朝方は気温16℃ぐらい。
見上げる空の雲は、もう秋のもので空の広さを感じる。
お昼前に秋田市街に入る。ここで昼食。
ここで大学を出てからずっと走ってきた国道13号から7号へ。
d0067378_20402180.jpg

秋田港が見えてきた。
空にそびえているのはポートタワーセリオン。
d0067378_20404344.jpg

ここから30分も走ると潟上市に入り八郎潟調整池に着く。
八郎潟の周りに残った調整池と水路は
八郎潟そのものではないのにすでに相当なスケールだ。
d0067378_20411244.jpg

まっすぐな道を走ると、多分、途中で厭きてしまうにちがいない。
水路に沿って走る。車はほとんど通らない。
西日に光る水路を眺めながらひたすら走るうちに三種町に入る。
ここから今日の宿、能代の民宿までは1時間ほどでついた。
d0067378_20415389.jpg

民宿の若旦那が話し好きで夕食の間、ずっと話しかけてくる。
昨日も一昨日も一人で夕食を摂ったので
久しぶりの会話は愉しいのだけれど
若旦那の秋田弁が良く聞き取れない。
適当に相づちを打つが、飯を味わうどころか
かなり緊張したリスニングだった。

卵をかかえたハタハタの煮付けが出たが、秋田だなぁと思う。
冬、海沿いを走った時は砂浜にこぶし大の卵がごろごろ転がっていた。

ビールも飲んで気持ち良く横になったら、そのまま寝てしまった。
明日は能代からいよいよ青森県、深浦までの65km。
[PR]

by goldenmaple | 2012-09-27 23:37 | サイクリング
2012年 09月 26日
東北ツーリング 2日目・9月26日(水)
d0067378_2032068.jpg

東北ツーリング、二日目。遊んでいる時はアドレナリンが出ているのか
きっちり朝早く目が覚める。
6時に起きて7時には朝食の席についた。
d0067378_2032411.png

今日は新庄を出て秋田県へ。
大仙市大曲までの約100km。
途中、真室川と秋田県湯沢市の院内の県境で峠を越える。
朝方は新庄の街全体が霧の中で、静かな1日のスタートだった。
金山町の坂道を汗を流しながら昇る頃には太陽も出てきた。
d0067378_2033514.jpg

この辺りの民家は黒い板壁に白い壁の組み合わせが多い。
特に金山町に入ってからは、そんな民家が増えてくる。
白と黒のコントラストが美しい。とてもモダンな印象だ。
国道13号(羽州街道)に平行して自動車専用道路(主寝坂道路)があり
無料のため車はみんなこっちを走っている。
トンネルは普段、恐怖以外何者でもないが
13号は車も通らず、500m近いトンネルは他に通るものはなかった。
d0067378_20335226.jpg
d0067378_20341720.jpg

峠のトンネルを抜けると秋田県。湯沢市雄勝となる。
途中、道の駅でソフトクリームをなめたり
横手手前の道の駅「十文字」ではB級グルメの「横手やきそば」も食べる。
d0067378_20345473.jpg

「横手やきそば」の特徴は太めの麺と上に載った目玉焼き。付け合わせに福神漬けが付く。
横手の街中には「横手やきそば暖簾会」の幟が立った店が目に付く。
横手を過ぎた辺りから平野が目立つようになってくる。ずっと先まで大豆畑が拡がっている。
東北へ向かうと午後はずっと太陽の陽を背中に浴びることになる。
首筋に日焼け止めを塗らないと、日焼けで痛くなってくる。
d0067378_20352689.jpg

d0067378_2036141.jpg

午後4時過ぎ、100km弱走って秋田県大仙市大曲へ到着。
駅前近くのビジネスホテルへチェックインする。
d0067378_20362051.jpg

傾いた陽の光で雄物川が光っている。
明日、3日目は大曲から再び山を越え秋田市内、八郎潟を経て能代市まで。
[PR]

by goldenmaple | 2012-09-26 23:30 | サイクリング