2009年 03月 23日
旅立ちの日。
22日の日曜日は卒業式の日でした。
大学としては14回目の卒業式。
僕としては12回目の卒業式。
学生にとっては最後の卒業式。
でも、何度目でも卒業式はちょっと緊張します。
体育館での式典が終わり、午後からは講義室へ場所を移して、
コースごとに学位記授与の時間です。
袴やスーツ姿の学生達はいつもと全然違って、
なんだかとても大人びて見えて、
ちゃんと顔を見るのが照れるような、寂しいような。
教員一人一人が卒業生に向かって話をします。
前夜、教員のお疲れ様の飲み会で飲み過ぎたせいか、
すっかり頭の中がふっとんで、覚えていたものがきれいに消えました。

3時からは場所を市内のホールに移して「謝恩会」
始まって最初の1時間ほどは
ダークスーツに身を包んだ男子学生と教員ばかり。
女子学生は「お色直し」に時間がかかるのだとか。

夕方からは居酒屋でコースの「さよなら飲み会」
最初はいつもの飲み会とさほど変わらないのですが、
時間がたって一人去り、二人去りとなってくると、
さすがに「さよなら飲み会」です。
大泣きして抱き合う女子学生とか、酔いもまわって
大変な騒ぎになっていました。
僕もどさくさに紛れて女子学生と「ハグ」したり。
あはは。

最後は残り13人になって2次会へ。
居酒屋の小さな部屋で、半分くらい酔いつぶれた飲み会は
「恋バナ」の告白会で盛り上がりつつ、2時過ぎにお開き。
深夜の山形の町を歩いて宿舎へ戻りました。
[PR]

by goldenmaple | 2009-03-23 22:48 | 山形便り


<< さらば『フォーカス』! アンカ...      解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯 >>