2009年 03月 10日
「横手焼きそば」を食いに横手へ行ってきた。
今週は月曜日から木曜日まで山形。
月曜日、仕事が終わった夕方、翌日が1日オフになるので、
「横手やきそばを食いに行こう!」と思い立って、
7時過ぎに大学を出て、13号線を北上する。
途中、東根温泉に寄る。
公衆浴場「オオタ湯」へ到着。
d0067378_1924419.jpg

まだ建物も新しく、木の香がして気持ちいい。
大人350円。普通の銭湯と比べても小さい方だけど、少し茶色がかったお湯は
掛け流しの天然温泉。熱すぎることもない湯はわずかに硫黄の臭いがした。
体の芯まですっかり温まって、玄関わきで涼みながら一服。うふふのひととき。
d0067378_1952913.jpg

「オオタ湯」っていう名前もきっぱりしていていいね。
ロゴにあつらえてあるサクランボがお茶目だ。

再び13号線を北上。新庄、金山と過ぎて秋田県に入る。
峠もあまり積雪はなく1.5mくらいか。
湯沢を過ぎて、横手の手前にある「道の駅十文字」で車中泊。
今朝は7時間以上爆睡して、のんびり道の駅で時間をつぶす。
9時過ぎに横手に到着。
駅前周辺を歩いていると、そこかしこに「横手焼きそば」の黄色いのぼりを挙げた店がある。
ネットにでていた「まいど屋」や「出端屋」、「焼きそばふじわら」を確認。
まだ開店までには時間があるので、横手市役所横にある「かまくら館」へ。
去年、かまくら祭り(2月15・16日)の前日、横手へ行ってかまくらを見てきた。
市役所にかまくらが作ってあったけど、3月の今はねずみ色になって、半分潰れていた。
かまくら館のかまくら展示室は、そのまま冷凍庫になっていて、
室温はマイナス10℃。実物大のかまくらとミニかまくらが2つ。
中には神棚があつらえてあって、水神様がまつられている。
ござが敷かれた上に火鉢と焼き餅があった。
ビデオで横手のお勉強をしている間に11時。
併設されている物産コーナーで「いぶりがっこ」を買う。1本850円。
今日の目的地は、横手から山形方向へ少しばかり戻ったところにある、「元祖神谷焼きそば」だ。
元は駅前近くの田中町にあった店が、今の大屋新町に引っ越してきた。
d0067378_191418100.jpg

この店が「横手焼きそば」のルーツと言われている。
店に入るとかなり年配のご夫婦できりもりしている。
横手焼きそばはちぢれ蒸し麺ではなく、ストレートで角のあるゆで麺を使う。
ソースも出汁が効いた、少し汁気の多い仕上がり。
紅ショウガの代わりに福新漬けが添えられている。
店にもよるけど、焼きそばの上に目玉焼きが乗ってくる場合が多い。
今回は「ホルモン焼きそばW」900円を注文。豚肉の代わりにホルモンが入る。
このメニューは目玉焼きはつかない。「W」は具も麺も2人前の意味らしい。
やわらかなソースの味と、ホルモンがいいバランス。
2人前をペロリ。
他の店のも食べてみたかったけど、焼きそばのはしごをする訳にも行かず、次回に。

帰りに再び東根温泉の「オオタ湯」に寄って、明るい時間から温泉に浸かる。
じいさんばっかりの湯船に浸かって、極楽気分になる。
夕方5時に大学着。
[PR]

by goldenmaple | 2009-03-10 19:21 | 山形便り


<< THE LAST KING O...      フリーダム・ライターズ >>