2008年 08月 01日
山形〜世田谷、430kmの旅 | その3
ぐっすり眠ったので、だいぶ疲労回復しただろうと期待していたが、どんよりと体は重くさすが歳をとると、疲れは溜まるばかりだと実感する。
d0067378_23543326.jpg

日曜の朝、8時半に出発。宇都宮市内は車も少なく、郊外にでると霞がかかってメガネが濡れて困った。すぐに国道4号線に出てしまうのも興ざめなので、しばらく農道を走る。
d0067378_028437.jpg

▲のどかな田圃の中を走る。
上三川を過ぎた辺りで4号線へ。ここは路肩も広く高速走行ができて調子良く進む。時々陽も差してきて、3日間の中では一番いい天気か。しかし湿度が高くコンビニで買ったペットボトルがたちまち空になる。
d0067378_0295349.jpg

▲山形から300km地点。ここまでの走行時間は17時間。
お昼過ぎに境を越え、利根川に出る。ここから利根川土手のサイクリングロードを北上する。
d0067378_0305982.jpg

▲利根川サイクリングロードで。この頃が一番暑かった。数人のローダーとすれ違う。
旧4号線の橋を越え、古河へ出て利根川を渡り大利根の道の駅で休息。昼飯を食べるつもりだったが、食欲がわかず20分ほど休んで、再び走り出す。加須市に入ってから東北道沿いに走ろうと思ったのが間違いだった。加須で道に迷う。この辺りの地理が頭に入って居なくて、久喜を目指したいのだが、ぐるぐる回って同じ所にでてしまう。疲れも出てきて頭もぼーっとしてくる。ここで無駄に20kmばかり走ってしまう。
どうにか久喜市に到着。ファミレスで遅い昼食を食べ、4時過ぎに岩槻目指して出発。東北道沿いに走っているので、岩槻までは難なく着いた。が、その後、再び道に迷う。
西方向へ向かっていたつもりが、南下していたようだ。東川口に着いた時には6時頃になっていた。ここで土砂降りの雨、雷。30分ほどものすごい風と雨でコンビニの軒先に避難してやり過ごす。
小降りになったので、再び走り出したら、しばらくして4号線バイパスに出てしまった。なんのことはない。境からそのまま4号線沿いに走ってきたのと同じ結果になってしまった。同じでないのは走った距離。40kmほど無駄に走った計算になる。が〜ん。雨の中、黙々と走る。夕方には自宅に到着の予定だったのに、この時点で7時過ぎ。4号線から環七に入り、自宅へ。21時着。すっかり疲れ切った。最後の詰めが甘かったなぁ。しかし、初めて2泊3日を走り続けて楽しかった。案外、山形〜東京は近かったとも思える。こんどはいいコースを選んで、またやってみたいものだ。

●本日の走行距離 181km 積算距離 428 km
[PR]

by goldenmaple | 2008-08-01 23:52 | サイクリング


<< もう秋だす!      山形〜世田谷、430kmの旅。... >>