2008年 07月 29日
山形〜世田谷、430kmの旅。| その2
d0067378_0335820.jpg

▲第1日目のコース。山形市内から郡山まで。
2日目の朝、8時半頃には目が覚めるが、体が重くうだうだやっている内に9時なってしまう。慌ててバスルームに干してあったウエアをディパックにしまう。朝食に無料サービスのおにぎり2個とコーヒーを胃袋に放り込んで9時40分、ホテルを出るとまた雨。スタートから雨とは戦意喪失だけど、日曜日中には東京へ戻らねばならず、レインウエアを着込んで雨の中を飛び出す。今日も基本的には国道4号線をひたすら宇都宮目指して走る。ただトラックが怖いので、飛ばすわけにもいかず、20km/h程度がせいぜい。時々、路肩にたまった雨水をトラックがはね飛ばし、頭からかぶる。泣きたい気分になるが、おじさん、忍耐だけは自信がある。
d0067378_0172933.jpg

▲須賀川を抜けた辺りで。ようやく雨が上がった。ウェアはすぐに乾くがシューズはずぶ濡れ。
黙々と走る。須賀川、矢吹と超え、白河着。ここで昼食の予定だったが、どうも食欲がない。スポーツドリンクとお茶の飲み過ぎか。コンビにで小さな練羊羹を買ってかじる。
d0067378_0174447.jpg

▲那須塩原手前の「蛇尾川(いびがわ)」の上で。
雨はあがったり降ったりで暑いがレインウエアを脱ぐこともできない。すぐ脇をものすごいスピードで通り過ぎるトラックに怯えながら、那須のアップダウンを超える。矢板あたりから雨が上がって18時に宇都宮着。ここまでで247.2 km。
d0067378_0513525.jpg

▲2日目のコース。ひたすら国道4号線を走る。トラックが多く、緊張の連続。
宇都宮駅近くのスパ「南大門
d0067378_0175951.jpg

▲宇都宮市内を流れる田川のほとりで。
24H営業のスパ&サウナ。昨日の郡山ではシャワーだけだったので、大浴場でのんびりお湯に浸かっていると、ただただ幸せを感じる。風呂上がりに生ビール。幸せの頂点。腹が減っているはずなのに、あまり受け付けず。11時に就寝。明日は晴れるか。

●本日の走行距離 120km 積算距離 247.2km
[PR]

by goldenmaple | 2008-07-29 00:52 | サイクリング


<< 山形〜世田谷、430kmの旅 ...      山形〜世田谷、430kmの旅。... >>