2013年 05月 12日
道の真ん中を走ると気持ちいい。
d0067378_19102724.jpg

昨日、雨の中受付を済ませゼッケンを貰って来た
2013仙台国際ハーフマラソン。
今朝、6時過ぎに起きたホテルの部屋には朝日が差し込んでいた。
8時過ぎに仙台陸上競技場に到着する。
着替えを済ませて荷物を預けたら
もうすることが無くなってしまった。

今年のハーフマラソンエントリー数は1万1800人だそうな。
回を重ねる毎に増えていき、今年は最多参加数という。
10時5分のスタートに合わせて
三々五々集まってきたランナー。
スタート20分前にはもう人、人、人。
スタートの号砲が鳴っても
スタートラインを越えるまでには4分ほどかかる。

去年は暑かったが、今年はやや寒いくらいでスタート時は13℃。
ほどよい感じで5kmほど走った頃から汗が流れてきた。
東北新幹線を越えてコースは常禅寺通で折り返し。
ここでおよそ8km。
次に青葉通りを抜ける。
ここが一番好きなコースだ。
いろいろなグループがそれぞれの趣向で励ましてくれる。

コースは再び競技場へ戻ってくるけれど
ここで14km。まだ7km以上残っている。
ここからが辛い。
今年はタイムよりも完走を目指そうということで
とにかく辛くても歩かず、ゆっくりと走っていくことにする。
2時間と少しでスタジアムが見えてきた。
d0067378_19103260.jpg

競技場に入って1周すると待望のゴール。
途中、Qちゃんが一人一人のランナーとハイタッチをしてくれる。
Qちゃん、スタジアムで見ると不思議に可愛い。
一昨年のさくらんぼマラソンでも思った。
d0067378_19103552.jpg


無事、完走できて何よりだ。
招待選手の埼玉県庁職員の川内選手が、一人一人に握手していた。
半分のタイムで走りきって、その後こうして仕事が残っている。
d0067378_19104385.jpg

大変だなぁと思う。画像仙台国際ハーフマラソンの完走賞はバスタオル。
毎年、デザインは同じで年号だけ変わるぐらいだが
ゴールして競技場から出てくると、お疲れ様!って
バスタオルをかけてくれるのだ。
これはなかなかの演出で、いい気持ちにさせてくれる。
かけてくれるのはボランティアのおばさんだけど。
d0067378_19104943.jpg

還りは山形へ戻る途中にある作並温泉で疲れを癒す。
仙台国際ハーフマラソンは1万1800人の参加者の内、
半数以上が県外からのエントリーらしい。
受付は前日なので、この県外組のほとんどは
市内に宿泊するのだろう。
駅周辺の店で使える500円の商品券や、クーポンがつく。
参加者もいい思いをして、地元も潤う。
参加者は年々増えて、マラソンレースとしては成功していると思う。
[PR]

by goldenmaple | 2013-05-12 23:13 | エキササイズ


<< 夕日とブラインドと観葉植物。      連休最後はフレッシュマン・ハイ... >>