2012年 09月 29日
東北ツーリング 5日目・9月29日(金)
d0067378_9533279.jpg

9月25日に大学を出てきてから、今日で5日目。いよいよ今日は最終日となった。
今日は青森県西津軽郡深浦町の椿山から
東北新幹線の発着駅、「新青森」までの100kmちょっと。
d0067378_9535444.jpg

昨日までの良い天気は、台風の影響か今日は曇り空。
天気予報では曇り時々雨。
夕方まではどうにか持ちそうな気配もする。
8時前に宿を出て101号線をメインにできるだけ海沿いコースを走る。
日本海も北へ上がってくると随分と視界は開けてきて
水平線の「丸み」が見て取れる。
丸い地球の水平線に〜と歌いながら走る。
d0067378_9534991.jpg

「五能線」が101号線よりも海側を平行して走っている。
本数が少ないからほとんど電車を見ることはできないけれど
乗ってみたくなる電車だ。

奇岩群の「千畳敷」を越えると、101号線は進む方向を
北から次第に東へと傾ける。
1時間弱で「鰺ヶ沢」。
鰺ヶ沢からは内陸部に向かって進む。
道の駅「もりた」で昼食。
林檎ジュースがうまい。
d0067378_9534356.jpg

この方角から見上げる「岩木山」は頭がとんがっていて格好いい。
今日はその頭に雲を載せていた。


101号線は五所川原市へ向かうのだけど
国道ばかり走っていても気疲れするので
県道に折れ鶴に縁のある「鶴田町」へ向かう。

次第に林檎の果樹園が景色の中に増えてくる。
まだ陽にあたる量が足りないのか色づきは今ひとつだけど
むっちりと重量感のある実がたわわになる様を見ると
それだけでちょっと豊かな気持ちになってくる。

自転車のツーリングだと、途中でいい温泉を見つけても
一風呂浴びるというのはなかなか難しい。
その後でペダルを踏めば、また汗を流すことになるからだ。
だからゴール間近でなければ立ち寄ることはできない。
d0067378_9534045.jpg

新青森駅まで残り8kmほどの所
「鶴ヶ坂」にひなびた温泉「たらポッキ」がある。
この不思議な名前は隣にある「三幸食品」のおつまみ商品である
「たらポッキ」(チーズたら)から由来している。
三幸食品が工場用にボーリングしたら
熱いお湯がわき出たということらしい。
お湯はしょっぱいナトリュウム塩泉。
ほとんどが地元のおじさん、おばさんで
のんびりつかるには最適のお湯だった。
d0067378_954043.jpg

16時に新青森駅に到着。
予定している東京行きの新幹線は17時33分発なので
時間はたっぷりある。のんびりと自転車をばらす。
d0067378_954132.jpg

マウントしていたGarminのGPSの記録では積算距離は468kmとなっていた。
真面目に頑張ると三泊四日で走れるのかもしれない。
まぁ、おじさんにはこんなペースがちょうどいい。
17時33分、輪行バッグに自転車を入れ、ビールと駅弁を買って乗り込んだ。

仙台から仙山線に乗り換え山形駅に20時58分着。
帰りはわずか4時間弱。新幹線は速い。
d0067378_9541049.jpg

駅を出て再び自転車を組み立て大学前の坂道で
最後の汗を流す。
ここまで怪我もなく、たいしたトラブルもなく
無事帰ってこれたことを感謝して自転車を降りる。
[PR]

by goldenmaple | 2012-09-29 23:52 | サイクリング


<< MANFUTA•Collect...      東北ツーリング 4日目・9月2... >>