2012年 05月 13日
杜の都を1万人が走る。
d0067378_9441797.jpg

5月13日(日)、朝5時半に起床。
まず熱いシャワーで目を覚ます。
ハーフは10時5分にスタートなので
まだまだ時間はたっぷりある。
昨日もらってきたバッグをあけてゼッケンを取り出す。
安全ピンでシャツに留める。
写真の黒いのは記念品のライトバッグ。協賛のASICS製。

ホテルから会場の宮城野原陸上競技場まで約2.5km。
8時半に歩いて会場へ向かう。
d0067378_944247.jpg

雲一つ無い快晴。今日は暑くなりそうだ。
2kmほど歩くと榴岡公園(つつじがおか)に到着。
会場は多分、ランナーで溢れているだろうから
ここのグラウンドで軽くウォーミングアップに走る。

1.5km走って汗が出てきたので、会場へ。
会場は人で溢れている。
2km、5kmも含めて約1万人のランナーが集まっている。
ちょっとこの人数が集まっているというだけで
アドレナリンが吹き出てきそうな感じ。9時40分に指定されたブロックに並ぶ。
ランナーの海のはるか向こうにスタートのライン。
今回は招待選手の中には、藤原 新と川内優輝がいる。
オリンピックへ行く選手と同じコースを
同じ時間に一緒に走れると思うと興奮する。
10時5分に予定通りスタート。
d0067378_9444441.jpg

が、最後尾のFブロックはスタートラインに辿り着くまでに4分かかった。
スタートラインではQちゃんが大声で声援を送ってくれる。
割とゆっくりとしたペースで走る。
仙台国際ハーフは各関門の制限時間が割とゆるい。
なのでジョギングスピードで走っていればまず大丈夫だ。

コースは一端、仙台駅を抜けて県庁方面へ。
木漏れ日を受けて走る。
でも15kmを過ぎた辺りからだんだん足が痛くなってきた。
あと5km、あと4kmとひとりカウントダウンをする。
最後は陸上競技場のトラックに入って300mほど走るとゴール!
d0067378_9444071.jpg
d0067378_9443747.jpg

ゴールして競技場を出ると、記念品のバスタオルで迎えてくれる。
これはなかなかうまい演出だ。
T-シャツを記念品にする大会は多いけど
このゴール後のバスタオルはちょっとうれしい。
ランナーがこれを拡げてそこかしこで記念撮影をしていた。
そういう使い方もあるんだね。

1週間後に大会サイトで個人名の入った
「完走証」がダウンロードできる。
これも上手いやり方だな。

さて、今回の記録はどうだったか。
完走できたからそれで十分だな。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-13 23:43 | 山形便り


<< Ya•Ne•Sen      仙台国際ハーフマラソン前夜。 >>