2012年 05月 12日
仙台国際ハーフマラソン前夜。
d0067378_9403575.jpg

明日の仙台国際ハーフマラソンの受付をするために、
お昼過ぎに山形から仙台へ。三越横のTICビルへ。
4階のフロアへ行き受付を済ませる。
ゼッケンと記念品の引換券をもらって、すぐ近くの公園へ行く。
d0067378_9401981.jpg

すでに前日の金曜日からイベントがスタートしていて
会場はかなり盛り上がっていた。
d0067378_9402424.jpg

見上げると午前中、空を覆っていた雲も流れ去って
明日はいい天気になりそうだ。
予約していた仙台駅東口のビジネスホテルへ。

すでに22回目(去年は震災のため中止)を迎える
仙台国際ハーフマラソンはなかなか運営がうまい。
まず、受付が前日である(前々日からスタート)。
前日に受付が完了していれば、当日は割とゆっくりできる。
会場の混雑もある程度緩和できるというものだ。
それに宮城以外の参加者はどうしても前日泊になるから
仙台市内のホテルはお客でいっぱいということになる。

もう一つは「おもてなしクーポン」。

中心街の飲食店30店舗分のクーポンが
1冊のブックレットになっている。
サービスの内容はいろいろで
ドリンクが一杯サービスされたり
5%お勘定からオフになったりなど。
それにこれらの店舗で使える500円の商品券もついてた。
駅ビルに入っているお店のクーポンも。

で、さっそく東口にある居酒屋へ。
d0067378_9414235.jpg

だんだんいい気持ちになってきたけど
明日に響かぬよう、適度なところで引き上げる。

ホテルに戻って、後は寝るだけだぁ。
[PR]

by goldenmaple | 2012-05-12 23:38 | 山形便り


<< 杜の都を1万人が走る。      図書館は素敵だ。 >>