2011年 03月 15日
母を送る。
昨日の通夜、そして今日の葬儀と
ばたばたした毎日だったが無事、母を送り終わった。
年に三度しか顔を出さない不肖の息子であるから
いろいろ世話を焼いていただいた町内の人々や
母を任せっぱなしにしていた姉の助けを借りて
どうにか終わった。

大学院に進学する息子や
3年生になる網走娘の学費で青息吐息の我が家には
降って湧いたような急な出費は痛いが
帰るべき懐かしい家に
もう誰も迎えてくれる人が居なくなったのは寂しい限りだ。

東農大オホーツクキャンパスで17日にある
卒業式で吹奏楽部として演奏しなければならない娘のため
奥さん、息子の3人は一足先に東京へ向かった。
葬儀関係の清算が残っているので
明日一杯は福井に1人で居る。

学科の全学生の安否確認が完了した。
ゼミの卒業生もみんな無事だった。
なによりだ。

後期入試に続いて21日に予定されていた卒業式が
延期と決定された。
移動手段が確保されていない事を考えると
致し方ない。

早く皆が落ち着いて明日を考えられる日が来るといいね。
[PR]

by goldenmaple | 2011-03-15 19:24 | ひとり言


<< 少しずつできることを。      母、逝く。 >>