2011年 03月 13日
母、逝く。
11日に入院している母を見舞った。
経口食をちゃんととらなくなってしまい
日に日に栄養状態が悪くなるので「胃瘻」の
処置を取るか否かを、主治医と相談した。

やはり胃瘻をしましょうと結論を出して
翌日の朝、東京へ向かった。
夕方に帰宅。
夜10時過ぎに姉から電話。
病院から連絡で母が心肺停止状態だと。
姉が母のもとに駆けつけた時には既に逝った後だった。
急遽、家族と共に再び福井へ。
網走に居る娘も飛行機と新幹線で後を追う。

9年前の3月11日に父が亡くなった。
そして昨日の12日に母が逝った。
父の時も見舞った翌日の朝だった。
何か不思議なものを感じてしまう。

明日、通夜。明後日に葬儀。

Twitterで続々と学生達の安否確認が進められる。
数人を残して全学年の安否確認が終わった。
宮城の避難所に居る学生にはTwitter経由で
有用な情報が届けられている。

ゼミの学生の無事と現在位置が分かってホッとする。
山形はライフラインもほぼ復旧したようだ。
が、交通機関、ガソリンなど移動手段は殆ど絶たれている。
暖かくして気を楽にしていてくれればとせつに思う。
[PR]

by goldenmaple | 2011-03-13 22:40 | ひとり言


<< 母を送る。      長い1日 >>