2010年 08月 17日
山形→東京(太平洋岸)ツーリング | その5
第4日目 8月9日
ひたちなか市勝田〜世田谷・自宅


テント泊まりと違ってビジネスホテルで
すっかり緊張感が無くなったのか
目が覚めたら7時半。
11時頃には寝ていたはずなのに、こんな時間。
朝食はバイキング。
チェックアウトの準備を済ませて、9時前に出発。

出発してすぐに小雨が降ってきた。
d0067378_23125129.jpg
那珂川に架かる勝田橋の上で。
後輪のキャリアとディパックにレインカバーを付けて雨対策。
すぐに水戸市に入って、以降は国道6号線を走る。
今日の目的地は「自宅」。
本来の計画では銚子の方へ回って、
利根川沿いを上ってくる予定だったのだけど
連日の疲れが溜まってきたこともあって
里心がついてきた。
ただし自宅までは130km弱。ちょっと遠い。
したがって寄り道せずにひたすら6号線を走ることにする。

10時過ぎに茨木町小美玉通過。今日のスタートから40km地点。
12時過ぎにかすみがうら市に入る。
ファミレスで昼食。次の目的地は「牛久」。
3時前に牛久に到着。
だいぶ疲れが出てきた。
20kmごとの休憩は小休止では満足できず、ファミレス休息になる。
世田谷の自宅まで残り65kmとなった。
このころからお尻が痛くなってくる。
汗で濡れたところがこすれたようだ。
お尻をずらしながらどうにか進む。
d0067378_2312553.jpg
牛久沼が見えて来た。
のんびりした風景はこの辺りまで。
だんだん都会の景色に変わってきた。
d0067378_2313069.jpg
取手市で「小浮気」という地名発見。
「こうわき」ではなく、「こぶけ」と読む。
d0067378_2313330.jpg
日清のカップ麺工場の煙突はカップヌードルだった!
取手を過ぎ、我孫子市に入る。
この辺りの6号線は車道にほとんど余裕がない。
自転車の50cmほど横を車が通りすぎていく。
大型トラックが通過すると生きた心地がしない。
疲れよりもそっちのストレスの方が大きくなってきた。
d0067378_2313685.jpg
6時半。江戸川通過。
ここでスタートしてからほぼ100km。
我が家までは残り28km。
夕焼けに見とれる暇もなく、6号線を浅草方面へ走る。

すっかり夜になって8時に二重橋前で休憩。
残り10kmほど。
自宅に電話を入れる。

21時に自宅到着。
お尻が痛くて歩くのもしんどい。
暑くて疲れた4日間の旅が無事終了。
20kgの荷物だと、1日80kmほどが
自分にとってのベストな走行距離だと分かった。
100kmを越えてくると、翌日に疲れが残ってくる。
秋や春ならもう少し走れそうだけど。
これで真ん中コースと太平洋岸コースはクリアした。
残るは日本海岸コース。
これは三国峠を越える難所がある。

●本日の走行距離:133km 本日の走行時間:7時間半 
●大学からの積算走行距離:443.11km 積算走行時間:27時間21分
 総上昇量:2,003m 水分摂取量:1日平均5L
[PR]

by goldenmaple | 2010-08-17 23:44 | サイクリング


<< 久しぶりに多摩川CRへ      山形→東京(太平洋岸)ツーリン... >>