2010年 08月 11日
山形→東京(太平洋岸)ツーリング | その2
8月6日(第1日目)
山形市→道の駅「川俣」(福島県伊達郡川俣町)


朝6時半に大学を出発。
20kgほどの荷物の重さに慣れず
クロスバイクのコントロールに手間取りながら、
最初の難所、金山峠を越える。
d0067378_22344979.jpg

峠の標高は650m。約350mほどの上りになる。
これからの長い道のりを考えて、
途中からは無理をせず、押して登る。
8時過ぎに気温はすでに30℃を越しているみたい。
d0067378_2235221.jpg

自転車の後ろにはソーラパネルをセットする。
走りながら太陽光で充電。
単3エネループ2本を6時間ほどでフル充電する。
d0067378_22351535.jpg
金山峠を越えると宮城県に入る。
峠を越えてすぐに白石川の源流がある。
わき出てくる清水で顔を洗い、のどを潤す。

ここまで登ってくると七が宿ダム辺りまで爽快な下りが続く。
七が宿街道を一気に下っていく。
10時ちょうどに七が宿ダムの道の駅に到着。
ここで休憩しながら、iPadからTwitter。
ダム湖の湖面は熱気のせいか少しもやっている。
d0067378_22564874.jpg

七が宿ダムを過ぎると、七が宿街道は再び上り坂になる。
小坂峠だ。ここを越えると福島県に入る。
標高550mを越えるころには、体温が急上昇。
左足ふくらはぎがつり始める。
頭もぼーっとしてきて、多分、熱中症の初期症状だ。
風通しの良さそうな木陰に入って横になる。
水分をとって20分ほど寝る。
走り始めて4時間ほどだけどすでに2L近く水分を摂っている。

お昼前だけど気温はすでに35℃近い。
走っていても熱風としか感じない。
コンビニに寄って冷凍ペットとアイスで体を冷やす。

1時過ぎに福島市のファミレスで昼食。
食欲はほとんどなく、刺身定食を1時間半かけて食べる。
ドリンクバーは5杯以上。
とにかく2時間ほど居て、体温を下げた。
福島市から115号線(中村街道)へ。
今日はこれから山を登り、川俣町まで行く予定。
少なくても100kmほど走っておかないと翌日からが辛い。

延々と続く登り坂をもくもくと登る。
500mlのペットボトル3本に水を詰めて行く。
途中にコンビニがあるかどうか分からないので
とにかく水だけは十分に持たないと不安だ。

5時半ごろ115号線に入ってから初めてのコンビニ。
ここでガリガリ君梨味をかじりながらTwitter。
ついでに今夜のねぐらを探す。
あと、10kmも行けば道の駅「川俣」がある。
今夜はそこにテントを張ることにする。

6時過ぎに道の駅「川俣」着。
d0067378_22573615.jpg
本当はテント禁止なんだろうが、すみっこに張らしてもらう。
気温が高いのと、雨の心配はないようなので
フライは付けず、本体のみで張る。
近くに水道があったので、上半身を洗いシャツとグローブを水洗いする。

本日の走行距離:100km 走行時間:7時間 総上昇量:753m
[PR]

by goldenmaple | 2010-08-11 23:59 | サイクリング


<< 山形→東京(太平洋岸)ツーリン...      山形→東京(太平洋岸)ツーリン... >>