2010年 08月 11日
山形→東京(太平洋岸)ツーリング | その1
8月5日 旅の前夜

しばらくブログの更新が滞っていました。
7月の26日夜に自宅を出て山形に向かってから、
一昨日の夜、2週間ぶりに帰宅しました。

7月の最終週は「補講期間」。
7月31日、8月1日と「オープンキャンパス」があって、
2日〜5日までの4日間は夏季集中演習でした。
で、ようやく夏休みに入った8月6日から9日までの4日間、
一昨年もやった山形→東京の「帰宅自転車ツーリングの旅」に
出てきたのでした。

一昨年前のコースは、通勤路(笑)の国道4号線をメインコースに
日本列島の真ん中を通ってくるというものでした。
また同じではつまらないので、今回のコースは、
山形から山越えして国見→福島市→(再び峠越えで)伊達郡川俣町→
(もう一度峠越えして)浪江町→(あとはひたすら海沿いを走って)
楢葉町→いわき市→日立市→東海村→ひたちなか市→
小美玉市→かすみがうら市→土浦市→取手市→柏市→松戸市→都内
という基本国道6号線というコースです。

日本列島真ん中コースはおよそ400km弱。
今回の太平洋岸コースは440kmほど。
少し距離が長くなりました。
d0067378_22122458.jpg
上の写真が着替えと少しの非常食をのぞいた全装備です。
今回はテントを使っての「やどかりツーリング」です。
できるだけコンパクトにしたつもりが、
多分、20kg近い荷物になってしまいました。

ツーリング途中の様子をTwitterにつぶやいたり、
宿泊場所をネット検索したり、
Mapで現在位置から目的地までの距離を測ったりで
iPadと充電用のキットを持つなど、
前回のツーリングにには無かった装備も増えています。

装備は時計回りに…
インナーシュラフ、シュラフカバー、テント&ポール、銀マット、予備のパラコード
サーマレスト、携帯、iPad、パワーフィルム(太陽発電シート)、バッテリーパック
ハンディナビ、ビデオカメラ、キャリーバッグカバー、救急ボックス、予備グローブ
パンク修理キットとCO2ボンベ、予備チューブ、予備タイヤ、シャラカップ、メタ
ガスカートリッジ、ガスストーブ、コッヘル、タオル、洗面具、雨具
写真には写っていませんが、カメラ、予備バッテリー、ヘッドライトなどがあります。

夏季集中が終わった5日の夜、わくわくしながら装備を用意して
興奮でほとんど眠れないまま、
3時近くになってようやくうとうとしてきました。

院生が餞別にとスポーツドリンクのパウダーと
エナジーバーを差し入れてくれました。

さぁ、4泊5日の旅はどうなるか。
[PR]

by goldenmaple | 2010-08-11 21:56 | サイクリング


<< 山形→東京(太平洋岸)ツーリン...      明日、天気になあれ >>