2010年 05月 16日
桧原湖&猪苗代湖一周ツーリング | その1
15日の土曜日に「保護者懇談会」があったので
2週間、山形に滞在です。
で、懇談会が終了した後、一服してから米沢方面へ。

車の屋根にクロスバイクを積んで
「桧原湖」と「猪苗代湖」の1周ツーリングをやってこようと。
日曜日の16日は天気も良いようだし
表・裏磐梯を一度に味わってこようと思い立ったわけです。

13号線を使って米沢。
米沢市内から2号線「米沢・裏磐梯線」で福島県へ。
途中、米沢市内の「平安の湯」で風呂に。
源泉掛け流しの温泉で大人お一人300円とリーズナブル。

真っ暗な2号線を走っていくと白布温泉です。
そこを過ぎるとすぐに福島県との県境。
白布峠付近で標高1,400m。気温1.8℃。
まだ斜面には残雪がありました。
一気に山道を下るとそこは「裏磐梯」。
すぐに「桧原湖」にぶつかって、後は湖畔に沿って走れば
喜多方への分岐そばにある「道の駅 裏磐梯」に到着。
午後10時すぎ。今日はここで車中泊とします。
d0067378_11375423.jpg
青丸が「道の駅 裏磐梯」黄色丸が「早稲沢浜キャンプ場」
d0067378_10212979.jpg
16日、朝7時半に目が覚めて、まずはコーヒーを淹れ
準備をして8時半に「桧原湖1周」に出発。
左側通行なので反時計回りで走れば、常に湖を視界に入れて走れます。
いきなり100mほどの登り。
半分、寝ぼけた体にはきついのですが
高原の風が気持ちよくなんとか登り切れます。
桧原湖畔の標高はおおよそ850〜900m。
桧原湖の東岸は道の駅のあった西岸と比べると開けていて
ホテル、ペンション、レストランなどリゾートという言葉が似合います。
d0067378_10243544.jpg
写真は「裏磐梯猫魔ホテル」。
このホテルの正面には赤煉瓦作りの「裏磐梯高原ホテル」。
d0067378_10324882.jpg
ペンション村を通り過ぎると「裏磐梯噴火記念館」。
ここから磐梯山の「山体崩壊の跡」が良く見えます。
この崩壊によって盆地の河川がせき止められ
猪苗代湖ができあがったそうです。
d0067378_10323839.jpg
途中、「土石流注意」の看板がいつくも立っていました。
小磐梯の山体崩壊で発生した岩屑なだれで
477人の死者を出したのは122年前の明治21年。
磐梯山は現役の活火山だったのを思い出しました。
道はこの先、米沢へ通じる2号線となります。
d0067378_10394060.jpg
走っているとキャンプ場の看板がいくつもありました。
写真は桧原湖の北岸にある「早稲沢浜キャンプ場」。
テントサイト大人お一人1,500円。駐車料金1,000円。
d0067378_10421781.jpg
桜が満開です。
d0067378_10462216.jpg
水芭蕉がかわいい花を咲かせています。
d0067378_10465580.jpg
31kmほど走るとぐるりと一周。
2時間弱のお手軽なサイクリングでした。
再び道の駅に戻ると観光客で一杯。
さぁ、これから喜多方ラーメンを食べに行きます。
[PR]

by goldenmaple | 2010-05-16 23:59 | サイクリング


<< 西蔵王公園キャンプ場で一人BBQ      桧原湖&猪苗代湖一周ツーリング... >>